読書ノート アーカイブ

「読書ノート」カテゴリ内の記事一覧。新着順。

「僕のヒーローアカデミア」アニメ(発目明がいい!)とか押切蓮介「狭い世界のアイデンティー」とか。

土日に読んだもの、視聴したもの。土曜日に見たアニメのうち「進撃の巨人」は前回書い...

Posted at 17/04/24

読んだ本。捨てない片づけとか女装男子アイドルとか。

時間がないので手短に。って、いつも時間がないのだけど。17日に買った本。横浜の相...

Posted at 17/04/22

四月に読んだ本、続き。吉本隆明論とかヴィレヴァンとか。

4月に読んだ本続き。4月13日までに読んだ本については前回書いたので、その続きを...

Posted at 17/04/17

四月になってこれまでに読んだ本

なかなかまともにまとまった文章を書く時間がなくて、毎日ブログを書こうと思っている...

Posted at 17/04/15

読みかけの本の読書メモ

昨日は出掛けにいきなりの土砂降りに見舞われ、マンションの玄関からバス停までのほん...

Posted at 16/08/03

松井優征さん、佐藤オオキさんの対談本、「ひらめき教室 「弱者」のための仕事論」を読みました。『暗殺教室』の渚のキャラの秘密が少し分かった気がしました。

松井優征さん、佐藤オオキさんの対談本、「ひらめき教室 「弱者」のための仕事論」を...

Posted at 16/03/22

私と「史記」と「キングダム」と

この文章は、昨日書いた「キングダム全41巻を三日で読んだ」の続き、あるいは蛇足で...

Posted at 16/02/09

ここのところ読んでいる本

ここのところ読んでいる本。 鈴木邦男・内田樹「慨世の遠吠え」(鹿砦社、2015)...

Posted at 15/06/09

『嫌われる勇気』を読んでいる。「自己啓発の源流」アドラー心理学のわかりやすい解説。

嫌われる勇気岸見一郎・古賀史健ダイヤモンド社 アドラー心理学をわかりやすく解説し...

Posted at 14/12/06

理性信仰と本質へ至る道/現代の魔女

古田博司『ヨーロッパ思想を読み解く』と海野弘『魔女の世界史』を読了。両方とも面白...

Posted at 14/09/11

正統と異端の権力関係/日本人と抽象思考

正統と異端の権力関係/日本人と抽象思考 少し沈み気味と言うこともあり、アウトプッ...

Posted at 14/09/09

あの書泉グランデ2階にコミックフロアが!これは事件です!

Spirit of Wonder (KCデラックス モーニング)鶴田謙二講談社 ...

Posted at 14/08/13

ネルケ無方さんの『日本人に「宗教」はいらない』(ベスト新書、2014)を読んだ。

日本人に「宗教」は要らない (ベスト新書)(2014/02/08)ネルケ無方商品...

Posted at 14/07/23

E・T・A・ホフマン(上田真而子訳)『くるみわりとネズミの王さま』(岩波少年文庫、2000)を読んだ。

クルミわりとネズミの王さま (岩波少年文庫)(2000/11/17)E.T.A....

Posted at 14/07/19

『One Piece』の尾田栄一郎さんと宮崎アニメと『くるみ割り人形』。

『One Piece』の尾田栄一郎さんと宮崎アニメと『くるみ割り人形』。 三鷹の...

Posted at 14/07/15

渋谷の街の雰囲気を思い出す。

なんだかんだと忙しく、なかなかこちらのブログを更新できない。 金・土と職場のある...

Posted at 14/07/08

矢萩多聞『偶然の装丁家』を読んだ。自分の生き方を自然なうちに少し変えてしまったような本だった。

偶然の装丁家 (就職しないで生きるには)矢萩多聞晶文社 矢萩多聞『偶然の装丁家』...

Posted at 14/05/23

4月・5月に読んだ本とマンガ

このところマンガのことばかり書いているので、4月以来どんな本を買ったか読んだか、...

Posted at 14/05/22

夢と希望と活力が湧いて来そうな三冊を買った

【夢と希望と活力が湧いて来そうな三冊を買った】 One piece (巻15) ...

Posted at 14/05/07

作品を見ていいなあと思うことがいかに大事か/ふみふみこさんのサイン本の『ぼくらのへんたい』1巻を買った

【作品を見ていいなあと思うことがいかに大事か】 【Amazon.co.jp限定】...

Posted at 14/05/06

町山智浩『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』を読んだ。

アメリカのめっちゃスゴい女性たち(2014/03/31)町山 智浩商品詳細を見る...

Posted at 14/05/03

4月のまんがブログと少し考えたこと。

今日はまだ雨が残る予報だったのだけど、朝からよく晴れている。今朝は実家の方にいて...

Posted at 14/05/01

このところ読んだ本。御厨貴『知の格闘』町山智弘『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』など。

【このところ読んだ本。御厨貴『知の格闘』町山智弘『アメリカのめっちゃスゴい女性た...

Posted at 14/04/22

はるか昔の野田内閣/新しいアニメに触れている

昨日帰郷の際に東京駅の丸善で本を何冊か買った。まんが3冊と新書1冊。 マンガはさ...

Posted at 14/04/16

徹底的にやることで深さが出てくるようだ/アクセスカウントの金鉱はどこに/書き続けることで世界が広がってきた/進撃やまど☆マギの凄さを改めて感じる

【徹底的にやることで深さが出てくるようだ】 このところずっと忙しくて更新できなか...

Posted at 14/04/15

昨日は『進撃の巨人』祭りだった/まんがブログのアクセスが一日2000を超えた

【昨日は『進撃の巨人』祭りだった】 別冊 少年マガジン 2014年 05月号 [...

Posted at 14/04/10

マンガの感想を書き続けるということ

今日はどうも体調が今一つ。一昨日上京して、昨日は昼ごろ丸の内の方へは行ったのだけ...

Posted at 14/04/07

近藤ようこ『五色の舟』にマインドを侵食される/侵食されてから客観性を持つまでの間に得るもの

【近藤ようこ『五色の舟』にマインドを侵食される/侵食されてから客観性を持つまでの...

Posted at 14/04/01

大河原遁『王様の仕立て屋 サルトリア・ナポレターナ』6巻を読んだ

王様の仕立て屋 6 ~サルトリア・ナポレターナ~ (ヤングジャンプコミックス)大...

Posted at 14/03/24

ふみふみこ「金色の飴 星の煙」とか

【ふみふみこ「金色の飴 星の煙」とか】 シガレットアンソロジー (ビッグガンガン...

Posted at 14/03/21

あれやこれやと/野村進『コリアン世界の旅』を読んでいる

【あれやこれやと】 進撃の巨人 9 [初回特典:特典DISC「進撃の巨人」Rea...

Posted at 14/03/20

黒川祐次『物語ウクライナの歴史』を読了した。思ったよりずっと壮大な歴史だった。

物語 ウクライナの歴史―ヨーロッパ最後の大国 (中公新書)黒川祐次中央公論新社 ...

Posted at 14/03/19

浦久俊彦『フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか』は19世紀音楽史を知るのに大変良い一冊だった。

フランツ・リストはなぜ女たちを失神させたのか (新潮新書)浦久俊彦新潮社 浦久俊...

Posted at 14/03/16

ブログを書く方針を考える/異なる成果を手にするためには、異なることをしなければならない。

【ブログを書く方針を考える】 どうもなかなか、取り組みが上手く回っていない感じが...

Posted at 14/03/14

今日はリセットの日/会計帳簿/iPhone機種変更/文芸マンガとリストの伝記/余裕のない東京と贅沢な東京/強欲は悪ではないが吝嗇は悪である

【今日はリセットの日】 今日はどうもいろいろなことのリセット日だったらしい。 い...

Posted at 14/03/10

気分が晴れないと思ったら疲れていたのだった/「陰謀論」の「楽しさ、面白さ」と、「何が陰謀論で、何が陰謀論でないか」について

【気分が晴れないと思ったら疲れていたのだった】 今朝はマイナス8度まで冷え込んだ...

Posted at 14/03/07

エコバッグとかGoogleDriveとかウクライナの本とか

【エコバッグとかGoogleDriveとかウクライナの本とか】 朝のうちは元気だ...

Posted at 14/03/03

書くことによって見えてくるもの/関係を切るときに自分の存在を重く感じさせること/きれいな世界で生きていたい

【書くことによって見えてくるもの】 昨日はいくつも読むものがあって、いろいろと書...

Posted at 14/03/01

肥谷圭介『ギャングース』3巻と、「モーニング」13号掲載の45話を読んだ。 どうしようもなく酷い世界なのに、なぜか泣かされた。

ギャングース(3) (モーニングKC)肥谷圭介講談社 肥谷圭介『ギャングース』3...

Posted at 14/03/01

この一年の『ピアノの森』を読み返しながら、自分の『好き』について考える

今日は雨。とは言っても、降っているのかいないのか分からないくらいの小雨。ここのと...

Posted at 14/02/27

私がしたいのは、私の「好き」を広げること。

恋につきもの (リュウコミックス)ふみふみこ徳間書店 今読んでる本。ふみふみこ『...

Posted at 14/02/26

お稲荷さんの初午とか備前焼の本とか

昨日は初午。近所のうちからお稲荷さんの祠まで行き、そこでお神酒と油揚げと目刺しを...

Posted at 14/02/24

徳山詳直さんの「縄文ー弥生ー近代を結ぶ」日本復興構想の熱さ

昨夜は早めに寝たのだが、寝てしまってからSleepCycleをセットしてないこと...

Posted at 14/02/23

【『草子ブックガイド』3巻:幸福な終わりかたをした幸福な作品】

【『草子ブックガイド』3巻:幸福な終わりかたをした幸福な作品】 何を書くか考え始...

Posted at 14/02/21

大雪被害/一つのことにしぼる重要性/「修羅場」について考えたり/羽生結弦選手の金メダルへの道

【大雪被害の解消と被害の大きさの判明】 今朝の時点で新宿方面に向かう中央本線は、...

Posted at 14/02/18

大雪/『東京カウンセラー』:競技経験者が、引退するときに一番怖いこと

【大雪/『東京カウンセラー』:競技経験者が、引退するときに一番怖いこと】 今朝起...

Posted at 14/02/14

大雪の一日と都知事選投票/「片づけなければいけない宿題」と『進撃の巨人』あれこれ/『あぶさん』最終回

【大雪の一日と都知事選投票】 昨日帰京。昨日は帰京中にこのブログとアメブロの『個...

Posted at 14/02/10

休むときには休むべし/戦慄の『進撃の巨人公式ガイドブック』

【休むときには休むべし】 6時半起床。モーニングページを書いて、職場のごみを捨て...

Posted at 14/02/07

インターホン設置工事/『人生はニャンとかなる!』を買った:「小声なら愚痴。叫べばロック。」ほか/マキヒロチ『旅する缶コーヒー+』を買った

【インターホン取り換え工事】 昨日。午前中はローザンヌ国際バレエコンクールの表彰...

Posted at 14/02/04

YouTubeで土方巽の舞踏を見た/代官山蔦屋書店は、TAUTAYAが本気を出したらどういう書店になるかということがよくわかる店舗だった/『リトグラフ 200年の歴史と技法』を買った

【YouTubeで土方巽の舞踏を見た】 昨日帰京。特急の中でiPad Airで土...

Posted at 14/02/02

漫画の感想等ざっと:「Landreaall」130話は海の底のような星空が砂漠の大地に広がっていた、というお話/片付けていくことで前に進んでいく

【漫画の感想等ざっと:「Landreaall」130話は海の底のような星空が砂漠...

Posted at 14/01/29

みなもと太郎『松吉伝』は、日露戦争から朝鮮統治、満洲国建国への時代に生きた無名の男のとんでもない生涯をちら見する作品だった。

風雲児外外伝 松吉伝みなもと太郎復刊ドットコム みなもと太郎『風雲児外外伝 松吉...

Posted at 14/01/28

凍った諏訪湖/エントリの書き方を考える/週刊漫画Times感想

【何度も寝落ち/凍った諏訪湖】 諏訪湖 昨日もいろいろ用事が立て込んで、何度も寝...

Posted at 14/01/24

寒い朝がかわった/五十嵐大介の絵本『人魚のうたがきこえる』海と自由を描いた絵本だった

人魚のうたがきこえる (こどもプレス)五十嵐大介イースト・プレス 今日は寒い朝。...

Posted at 14/01/23

ブログエントリを日に10本書く/『聲の形』第2巻読了。当たり前のことを表現することの大変さ

【ブログのエントリを日に10本、短くても言いたいことがいえる文章を心がける】 目...

Posted at 14/01/21

寒さゆえの水道と体調のトラブル/纏向遺跡は豪族連合政権のヤマトだったのか/エドガーの戴冠/昨年読んだマンガで面白かったものをいろいろな視点から

【寒さゆえの水道と体調のトラブル】 今朝は6時ごろ目が覚めて寝床の中でいろいろな...

Posted at 14/01/15

過去との接続/得られるものは、自ら求めたもの/心の裏側系ブログ/金縛りを防ぐ

【過去との接続】 このエントリは、丸善日本橋店のカフェで、初めてMacBook ...

Posted at 14/01/14

MacBook Airを買って大瀧詠一を歌った/音楽・映像的にはなんといっても『進撃の巨人』アニメの年だった/今年読んで面白かった本は、ぶっちぎりで

【MacBook Airを買って大瀧詠一を歌った】 昨日。午前中排水管清掃が来て...

Posted at 14/01/13

時間待ち/水野敬也『夢をかなえるゾウ』読了

【時間待ち】 昨日帰京。郷里の方はずっと寒くて、いつも寒さに追われている感じがす...

Posted at 14/01/12

マイナス9.8度の朝/2013年に読んだ小説でよかったもの/2013年に買った「美術書」でよかったもの

【マイナス9.8度の朝】 昨日はWiMAXを導入したので、自室でもネットに接続で...

Posted at 14/01/11

自分の過去に接続する/漫画アニメ単行本雑誌6本感想総まくり/WiMAXを導入した

【自分の過去に接続する】 最近、「自分の過去に接続する」ということを意識的にいろ...

Posted at 14/01/10

雪かき/水野敬也『夢をかなえるゾウ』はとてもKindle向きの本だと思った/「成功者のイメージ」と「観察者かプレイヤーか」/「キーワード」の重要性と自己啓発本の「価値」

【雪かき】 昨日は職場にいるうちに雨が雪に変わっていたのに気づかず、帰るときに1...

Posted at 14/01/09

水底/名作劇場みたいな『進撃の巨人』/イギリス史知識のブラッシュアップ/歴史学と歴史もの

【水底】 深い海の中に沈んでいくような感触。水底から泡が一列に立ち上っていく。人...

Posted at 14/01/06

ブログ作りのこれから/分断された過去との接続/それでもやはり

【ブログつくりのこれから】 今週は忙しかった。年賀状も含めて、手書きのコメントを...

Posted at 13/12/28

【『進撃の巨人』BD6巻ビジュアルノベル「ぬばたまの夜の森に」と「Wall Sena, Good-bye」/吉岡徳仁「クリスタライズ」展を見た/プロレス雑誌『Kaminoge』でジブリの鈴木プロデューサーがヤンチャな悪がきの顔を見せた

【『進撃の巨人』BD6巻ビジュアルノベル「ぬばたまの夜の森」と「Wall Sen...

Posted at 13/12/23

冬至:一陽来復/『進撃の巨人』BD6巻特典『悔いなき選択』/ぶっつけ本番が好きらしい

【冬至:一陽来復】 昨日帰京。ずっと忙しく、自分の体調をちゃんと調整できないまま...

Posted at 13/12/22

『進撃の巨人』BD6巻の特典ビジュアルノベルがとても充実している/年の瀬の仕事

【『進撃の巨人』BD6巻の特典ビジュアルノベルがとても充実している】 進撃の巨人...

Posted at 13/12/20

秋から冬へ、草刈りから雪かきへ/抑えられている自分と抑えている自分/「ぼくらのへんたい」と「恋につきもの」

【秋から冬へ、草刈りから雪かきへ】 昨日の夕方から雪が降り始め、職場から帰る頃に...

Posted at 13/12/19

トラブルなど/さいとうちほ『とりかえ・ばや』3巻読了

【トラブルなど/さいとうちほ『とりかえ・ばや』3巻読了】 昨日帰郷。特急はいつも...

Posted at 13/12/18

どんなコンテンツを提供できるか/コンテンツサイト運営に必要な四つの力/篠原ウミハル『図書館の主』7巻読了:どんな道を選んでも不安は付きまとう

【どんなコンテンツを提供できるか】 いろいろなことを考えながら考えているうちに時...

Posted at 13/12/17

歴史的なものの見方の使い方/スタジオジブリ広報誌『熱風』特集「かぐや姫の物語」を読んだ:「かぐや姫の神話的な読み解き」と「あのすばらしい音楽がつくられたわけ」

【「歴史的なものの見方」の使い方】 今日もごちゃごちゃといろいろやっている間に時...

Posted at 13/12/16

『聲の形』:いじめのエスカレートしていく背徳のドライブ感と乾いた哀しみ/『とりかえ・ばや』:スリリングな男女入れ替え劇/葉山でロシア・アヴァンギャルドのポスターを見る

【『聲の形』:いじめのエスカレートしていく背徳のドライブ感と乾いた哀しみ】 聲の...

Posted at 13/12/15

私と歴史との因縁は、まだ自分で整理しきれてないことに気づく/オスマン帝国の歴史書を巡る日本の気鋭の学者とトルコの西欧化した知識人の評価の落差/修道院という視点から西洋中世史に一本筋を通すこと

【私と歴史との因縁は、まだ自分で整理しきれてないことに気づく】 考えてみると私は...

Posted at 13/12/14

雪降る中で草刈り/可愛くハードな『ぼくらのへんたい』と少女マンガの王道のパターンを踏む『海月姫』

【雪降る中で草刈り】 今日は朝起きるのが遅くなったので、支度をしてから先に畑の草...

Posted at 13/12/13

『アニメージュ』1月号:「かぐや姫の物語」特集と「進撃の巨人」編集・川窪さんインタビュー/小雪の中の草刈りと『ピアノの森』のクライマックス

【『アニメージュ』1月号:「かぐや姫の物語」特集と「進撃の巨人」編集・川窪さんイ...

Posted at 13/12/12

『「Chikirinの日記」の育て方』は、ネットに関わらず何かを表現していきたい人にとってはとても参考になる本だと思った/「一人歩きする言葉の怖さ」とそれが持つ可能性/「うまいこという」言葉より「えーっ?」と思わせる言葉を

【『「Chikirinの日記」の育て方』は、ネットに関わらず何かを表現していきた...

Posted at 13/12/11

ふみふみこ『めめんと森』は闇の中まで続く愛の底知れぬ深さの一端を表現した作品だった/ちきりん『「Chikirin日記」の育て方』の柔軟な考え方に強い刺激を受けた

知らないうちにすごい勢いで本を読んでいる。自分としてはそんなつもりはなかったのだ...

Posted at 13/12/10

2013年12月9日は『進撃の巨人』の出版ラッシュだった/人は何を読みたいか/きっと面白い本/心の隙間とトラウマになる読書/読者とはだれか/何をどう書くべきか

土日は更新をお休みさせていただいた。おかげでしっかり休養が取れた。 【2013年...

Posted at 13/12/09

糸井重里『インターネット的』と糸井さんの「落語的世界観」/諌山創さんインタビュー:「マスゴミ的世界観」と「財産としてのトラウマ」

【糸井重里『インターネット的』:糸井さんの「落語的世界観」】 忙しい、体調が悪い...

Posted at 13/12/06

私にとってのセゾン文化とその後の私/二項対立の虜:自己定義をやめること/前を向くか内を向くか/囚われるもののない感覚でつかんだものを、フィルターのかからない言葉で書く

【私にとってのセゾン文化とその後の私】 堤清二さんの死をきっかけに自分が20代の...

Posted at 13/12/05

鶴田謙二『續 さすらいエマノン』読了/永江朗『セゾン文化は何を夢見た』読了:80年代の夢・一企業が一国の文化にどれだけのことが出来たか

昨日帰郷。いくつも並行して本を読んでいる。永江朗『セゾン文化は何を夢見た』、鶴田...

Posted at 13/12/04

この国の「正義」/自分を休めるために強制的に自分を状況から引きはがす

【この国の「正義」】 昨日。午前中いっぱいかかって『かぐや姫の物語』の感想をブロ...

Posted at 13/12/03

「教養=生き方としての学問」と「専門=飯の種としての学問」:「塩野七生はなぜ叩かれるのか」再論

【「教養=生き方としての学問」と「専門=飯の種としての学問」:「塩野七生はなぜ叩...

Posted at 13/11/18

池袋西武ギャラリー『諸星大二郎原画展』:諸星大二郎の初期作品を見て私が『進撃の巨人』を好きな理由がよくわかった/『ピアノのムシ』複製原画を入手した

【『ピアノのムシ』複製原画を入手した】 ピアノのムシ 2 (芳文社コミックス)荒...

Posted at 13/11/17

段々畑が冬枯れて/「一流、二流、三流」と「ネットがフラットにした世界」

【段々畑が冬枯れて】 火曜日に帰郷してから、諏訪にいる。諏訪は毎日最低気温が氷点...

Posted at 13/11/14

木枯らし/「まど☆マギ」と「進撃の巨人」をなんとなく比べてみる/教養の持つ本当の意味の一つは、階級転落に対する下方硬直性にあるのではないか

【木枯らし/「まど☆マギ」と「進撃の巨人」をなんとなく比べてみる】 今日も不順な...

Posted at 13/11/11

自分の考えたことについての文章と何かのコンテンツを取り上げた文章と/時代感覚と世代感覚と、コンテンツを作り続けるということ

【自分の考えたことについての文章と何かのコンテンツを取り上げた文章と】 自分の考...

Posted at 13/11/08

「理想」と「使命」と「正しさ」と:いかがわしかったり不細工だったりする言葉たちを見直し、自分の思想を立て直してみる

【「理想」と「使命」と「正しさ」と:いかがわしかったり不細工だったりする言葉たち...

Posted at 13/11/07

堀江貴文『ゼロ』読了:人の人生をなぞる必要はない/岩田健太郎『主体性は教えられるか』:褒めることのむずかしさ/佐々木紀彦『5年後、メディアは稼げるか』:ウェブでコンテンツをマネタイズするということ/理想がなくなると「一獲千金」を言い出すタイプ

【堀江貴文『ゼロ』読了:人の人生をなぞる必要はない】 ゼロ―――なにもない自分に...

Posted at 13/11/06

森尾正博『これからコンバット』:人間がパワーを手にするとどう変わるか

【森尾正博『これからコンバット』:人間がパワーを手にするとどう変わるか】 時間が...

Posted at 13/11/05

堀江貴文『ゼロ』を読んでいる:「今ココ」から脱出する手段としての受験勉強と「ゼロをイチにすること」/犬も歩けば棒にあたる:書泉ブックマートで複製原画をゲットした

【堀江貴文『ゼロ』を読んでいる:「今ココ」から脱出する手段としての受験勉強と「ゼ...

Posted at 13/11/04

小林よしのりの時代

【小林よしのりの時代】 今日は自分とマンガとの関わりを書こうと思って書き始めた。...

Posted at 13/11/01

コンテンツはどう受け取られるか/進路を決めるということ:四つの目標/私がものを書くわけ/村上春樹は世界で売れているのになぜノーベル賞を取れないか

【コンテンツはどう受け取られるか】 コンテンツ、というものはいろいろあるが、たと...

Posted at 13/10/31

松本ハウス『統合失調症がやってきた』を読んだ:現代の絶望とお笑い芸人

【松本ハウス『統合失調症がやってきた』を読んだ:現代の絶望とお笑い芸人】 統合失...

Posted at 13/10/30

川上量生『ルールを変える思考法』:コンテンツとは何か、という問いに対する目の覚めるような答え

【川上量生『ルールを変える思考法』:コンテンツとは何か、という問いに対する目の覚...

Posted at 13/10/24

ブログの書き方を考えてみる/川上量生『ルールを変える思考法』など

【ブログの書き方を考えてみる】 ブログの書き方を、どうしようかなと。 いままで、...

Posted at 13/10/23

ほしくないものが高くて悔しい

【欲しくないものが高くて悔しい】 銀座に出た。歩いていたら何度も足を踏み外して、...

Posted at 13/10/21

急速に気温が下がって/毎日のペース/自分の宇宙を補修し、拡大する

【急速に気温が下がって】 昨日帰京。諏訪も東京もかなり急速に気温が下がってきた。...

Posted at 13/10/13

宇宙論と生命論:アリストテレスのプシュケー/『キレイゴトぬきの農業論』読了:「有機の人は要らない」

【宇宙論と生命論:アリストテレスのプシュケー】 神秘主義の源にある生命論と宇宙論...

Posted at 13/10/12

サブカル的神秘主義論/宇宙論と生命論

【サブカル的神秘主義論】 昨日書いた神秘主義についてもう少し考えてみる。 私は、...

Posted at 13/10/11

感情が昂じ過ぎ/有機農業の「美しさ」

【感情が昂じ過ぎ】 別冊 少年マガジン 2013年 11月号 [雑誌]講談社 今...

Posted at 13/10/09

昨日の夕方/吾妻ひでお『失踪日記2 アル中病棟』/高度成長期の夕陽:荒野を宝の山に変えるということ

【昨日の夕方】 昨日は夕方出かけて、地元の文教堂で本を物色した後、東京駅丸の内口...

Posted at 13/10/08

苛立ちと創造:表現者タイプと賢人タイプ/「これじゃない!こうなんだ!」:「苛立ち」に対する自己否定感を克服すること/行動メモ

【苛立ちと創造:表現者タイプと賢人タイプ】 このところものを書くのが遅い時間にな...

Posted at 13/10/07

秋の深まり/ツイッターとブログをどう連動させていくか/荒野を宝の山に変える/日本の強みとは何か

【秋の深まり】 朝母に頼まれて母を乗せて知人のところへ栗ご飯をもらいに行く。作っ...

Posted at 13/10/03

『キレイゴトぬきの農業論』:美味しい野菜を食べるために

【『キレイゴトぬきの農業論』:美味しい野菜を食べるために】 台風が近いからなのか...

Posted at 13/10/02

目標とか方法とか/アニメ『進撃の巨人』最終回と「俺たちの戦いはこれからだ!」/『キレイゴト抜きの農業論』ほかを買った

【目標とか方法とか】 日曜月曜はいろいろと忙しく、腹を立てたり失敗したり寝不足に...

Posted at 13/10/01

中島武『成功者は端っこにいる』を読んだ

【中島武『成功者は端っこにいる』を読んだ】 水曜日に『ビックコミック』を買い、木...

Posted at 13/09/28

「読書ノート」と「方法」/finalvent『考える生き方』を読んだ/インタナショナルな大学とドメスティックな大学/「学問は英語でやった方がいい」という主張について/意味の記号性と神話性とか

【「読書ノート」と「方法」】 昨日帰郷。お彼岸も今日で6日目、「暑さ寒さも彼岸ま...

Posted at 13/09/25

『進撃の巨人』アニメもあと一回/折口信夫を買った

【『進撃の巨人』アニメもあと一回】 進撃の巨人 3 [初回特典:Blu-ray ...

Posted at 13/09/23

本質を見るか、構造と機能を見るか/自分との距離を測りながら読む本

【本質を見るか、構造と機能を見るか】 このところ日曜日には更新できていない。それ...

Posted at 13/09/22

お彼岸の土曜日/HIKAKIN『僕の仕事はYouTube』読了

【お彼岸の土曜日】 昨日は右上の畑の草刈りを人に頼んであって、終わったときいて見...

Posted at 13/09/21

俳句の詠み方と小説の書き方/藤野可織『爪と目』を読んだ

【俳句の詠み方と小説の書き方】 やたらと忙しく疲れていた。昨夜は持ち越しにしてあ...

Posted at 13/09/20

長野回りで帰郷/模倣の天才としてのモーツァルト/孤独をめぐる希望と絶望/栗の木を植えたのは

【長野回りで帰郷】 昨日。台風も過ぎて、こともないだろうと思いつつ、体調など少し...

Posted at 13/09/18

台風とその後

【台風とその後】 16日は休日だったが、台風で家の中に足止めになっていた。いろい...

Posted at 13/09/16

ラピュタのような卵/人の心を豊かにするものを作ること

【ラピュタのような卵】 毎朝体調の波がかなり激しいのだが、今日はわりと穏やかな目...

Posted at 13/09/14

コスモスと林檎ミントと胡桃の実/南場智子『不格好経営』:自分の人生の経営者であるということ

【コスモスと林檎ミントと胡桃の実】 また夏が帰って来たような暑さ。でもコスモスは...

Posted at 13/09/13

栗を拾う/なぜ物語を書くのか/自分の好きな部屋の作り方

【栗を拾う】 夏の終わりなのか秋の初めなのか、両方が重なっているのを感じる季節だ...

Posted at 13/09/12

まだ山は夏/『銀のうでのオットー』都物語が生きのびるということ/ホリエモンのお勧め本/『進撃の巨人』とテレビの力

【まだ山は夏】 だいぶ秋めいては来たけれども、まだまだ夏の名残りが残っている。今...

Posted at 13/09/11

ウェブ日記の延長線上で/フラワーフェアリーズクロック/サハラ・サヘルの遊牧民トゥアレグをめぐる問題/「ピューリタン革命」の見直し

【ウェブ日記の延長線上で】 忙しくてなかなか日常生活に手が回らず、田舎に戻る火曜...

Posted at 13/09/10

『進撃の巨人』:アニメ22回「敗者達」原作49話「突撃」ガイドブック「連載第1回幻のネーム」/ネットのカリスマは刑務所で何を読んだか/ハワード=バイル『銀のうでのオットー』

【『進撃の巨人』:アニメ22回「敗者達」原作49話「突撃」ガイドブック「連載第1...

Posted at 13/09/09

アザミのまわりには蜂が多い/ブラック企業であるかどうかのグレーゾーンはない/「テレビを見ている人たち」に向けられた本の雑誌

【アザミのまわりには蜂が多い】 バランスを取りながらいろいろやっている。7時過ぎ...

Posted at 13/09/06

南場智子『不格好経営』:たかがビジネス、いのちを取られるわけじゃない

【南場智子『不格好経営』:たかがビジネス、いのちを取られるわけじゃない】 不格好...

Posted at 13/09/05

自分がこういう人間だということくらいははっきり言えるように/寺山修司『戦後詩 ユリシーズの不在』と用いられるべき表現/アニメ『進撃の巨人』21回「鉄槌」/宮崎駿の「引退」と『風立ちぬ』の1年半かけて作られた4秒間のシーン/太古の森を絶滅させた人間の業を描いた『もののけ姫』と美しい兵器をつくるという生き方の意味を解き明かそうとした『風立ちぬ』

【自分がこういう人間だということくらいははっきり言えるように】 東京にいる。いろ...

Posted at 13/09/02

いろいろ考えている/「週刊漫画Times」と「モーニング」/『美味しんぼ』110巻・「福島の真実」と「物語への復帰」/『ギャングース』と『進撃の巨人』/「コミックナタリー」と「コンテンツで食うということ」/「通」と「自分の人生に責任を持つこと」

【いろいろ考えている】 いろいろなことを考えていて何から書き始めていいか分からな...

Posted at 13/08/30

草刈りと蜂/メッテルニヒの保守的なたましいに共感する/マンガを読む:『ギャングース』とか/再び草刈り

【草刈りと蜂】 夏がだんだん終わって行く。必ずつけなければいられなかった冷房も、...

Posted at 13/08/29

ベラスケスの謎と小人の誇り/シュペルリ:肉体美を見せるバレエ芸術/バカな怠けものと『メッテルニヒの回想録』

【ベラスケスの謎と小人の誇り】 ベラスケスの十字の謎カンシーノ徳間書店 エリアセ...

Posted at 13/08/28

神秘体験の二つの方法:脱魂と憑依/人間にとって必要なもの:導き手・相談相手・癒し/人生の案内者/チェロ曲とかコンテンポラリ・バレエとかベラスケスの謎とか

【神秘体験の二つの方法:脱魂と憑依】 ベラスケスの十字の謎カンシーノ徳間書店 銀...

Posted at 13/08/26

「正しさ」とは何か/人間性の本質と「運」というもの

【「正しさ」とは何か】 精神文化についての文章を書くことを思い立って、一口に精神...

Posted at 13/08/23

生き方とか、社会の行くべき方向とか/『図書館の主』6巻と「ぼくらのへんたい」17話/トマティス・メソッド

【生き方とか、社会の行くべき方向とか】 忙しくてなかなかブログの更新ができない。...

Posted at 13/08/20

靖国神社参拝/適切さについて

【靖国神社参拝】 きょうは68回目の終戦記念日。いつからだったか、毎年靖国神社に...

Posted at 13/08/15

誕生日に本をもらう/何をどう書くべきかを考えながら

【誕生日に本をもらう】 LIFE WITH THE BEATLES辰巳出版 誕生...

Posted at 13/08/14

51回目/和辻哲郎『日本倫理思想史』を読み始めた

【51回目/和辻哲郎『日本倫理思想史』を読み始めた】 51回目の誕生日。知らない...

Posted at 13/08/13

アイデンティティについて書けないわけについて書いてみる

【アイデンティティについて書けないわけについて書いてみる】 数日前からアイデンテ...

Posted at 13/08/06

「今、何をすべきか」/ウィンスロゥ『アーティストのための美術解剖学』/自分を知ることの怖さ:『アイデンティティの心理学』

【「今、何をすべきか」】 夕方になって、神保町に出かけた。シャワーを浴びてから、...

Posted at 13/08/05

池上英洋『神のごときミケランジェロ』など

【池上英洋『神のごときミケランジェロ』など】 今日は午後、散髪に出かけ、そのあと...

Posted at 13/08/04

諌山創さんの『風立ちぬ』感想を読んで

【諌山創さんの『風立ちぬ』感想を読んで】 火曜日に帰郷の際、丸の内の丸善で『風立...

Posted at 13/08/01

『進撃の巨人』と「壁の外」の風景

【『進撃の巨人』と「壁の外」の風景】 いろいろなことが起こる。昨日は夕方散歩に出...

Posted at 13/07/29

『もののけ姫』の「生きろ」と『風立ちぬ』の「生きねば」

【『もののけ姫』の「生きろ」と『風立ちぬ』の「生きねば」】 豪雨の中、東京に帰っ...

Posted at 13/07/28

『風立ちぬ』をめぐって:「薄情もの」と「好きな人にいいところだけ見せたい」

【『風立ちぬ』をめぐって:「薄情もの」と「好きな人にいいところだけ見せたい」】 ...

Posted at 13/07/27

堀越二郎『零戦』を読んでいる:昭和12年の日本と宮崎駿の「戦前」/「生きねば」というメッセージをどう考えるか:個人が生きることと日本が生きること

【堀越二郎『零戦』を読んでいる:昭和12年の日本と宮崎駿の「戦前」】 アニメージ...

Posted at 13/07/26

宮崎駿と小林よしのり/『風立ちぬ』とダーク・ツーリズム

【宮崎駿と小林よしのり】 『風立ちぬ』についていろいろ書きたい、という感じがすご...

Posted at 13/07/25

星空にあこがれた少年のころ/フラムスティード『天球図譜』と科学者たちの権力闘争

【星空に憧れた少年のころ】 子どもの頃好きだった本に、草下英明『星と星座』(保育...

Posted at 13/07/23

ジェーン・バーキン/服を身につける喜びと天分を発揮して生きる幸福

【ジェーン・バーキン】 Love!Jane Birkin―perfect sty...

Posted at 13/07/21

いろいろ考えていて

【いろいろ考えていて】 武術と医術 人を活かすメソッド (集英社新書)甲野善紀・...

Posted at 13/07/17

銀座に出てみる/尾崎放哉 全句集:絵のように描くことと文化的伝統/ポール・マッカートニー:なぜ好きかはわからないが、聞くと幸せになる/ジェーン・バーキン:押しつけがましさがないのに、私はこうよと言っている

【銀座に出てみる】 昨日の夕立は、一度上がったかと思ったらまた強く降りだした。で...

Posted at 13/07/15

たましいのホームポジション/「行ってらっしゃい、エレン」

【たましいのホームポジション】 金曜日あたりになると毎週疲れが溜まっていて、今朝...

Posted at 13/07/12

『ジブリの教科書3 となりのトトロ』/好きなことと自然なこと/「ある」というだけで生きる力が湧いてくる、ということの意味/『オトメディア』諌山創インタビューと「物語の終わらせ方」

【『ジブリの教科書3 となりのトトロ』】 昨日はどうも疲れたらしく、今日は午前中...

Posted at 13/07/11

今更だが『進撃の巨人』に沈潜している/『ジブリの教科書3 となりのトトロ』

【今更だが『進撃の巨人』に沈潜している】 別冊 少年マガジン 2013年 08月...

Posted at 13/07/10

夏のはじめ/村上春樹「小説家の役目はテキストをパブリックに提供すること」

【夏のはじめ/村上春樹「小説家の役目はテキストをパブリックに提供すること」】 暑...

Posted at 13/07/08

『天空の城ラピュタ』が公開されたころ

【『天空の城ラピュタ』が公開されたころ】 『ジブリの教科書 天空の城ラピュタ』(...

Posted at 13/07/06

小池滋『もうひとつのイギリス史』/ピーター・バラカン『ラジオのこちら側で』/この本を読んだことで自分の何が変わったか

【小池滋『もうひとつのイギリス史』】 少しずつ読んでいた二冊の本を読了。 もう...

Posted at 13/07/05

身体の中の虚空/taffy:意識が絡め取られるサウンド/Trickster Age : センスのいい雑誌は新しい才能の活動の結節点になる/ふみふみこインタビュー:周りに合わせる自分への嫌悪

【身体の中の虚空】 「快楽」は体にいい: 50歳からの免疫力向上作戦 (新潮文庫...

Posted at 13/07/03

『ランドリオール』22巻/物語のテーマ

【『ランドリオール』22巻/物語のテーマ】 病という感じはだいぶなくなったのだが...

Posted at 13/06/29

体調と心理/2013都議選/妄想と「今、ここ」の感覚/『テルマエ・ロマエ』最終巻

【体調と心理】 体調が悪い状態が続き、上京しても日曜と月曜の間、ほとんど家から出...

Posted at 13/06/25

語りかけるような本棚

【語りかけるような本棚】 語りかけるような本棚がある。そういう意味で私が今まで一...

Posted at 13/06/22

梅雨と不調/「ぼくらのへんたい」15話 モテ期/『進撃の巨人』と男の子の普遍的な物語

【梅雨と不調】 毎日雨が続く。梅雨らしい梅雨になってきた。今日は夏至。しかし気温...

Posted at 13/06/21

ハーバート・リード『芸術の意味』/イギリスで話題の日本人バンド:Taffy

【ハーバート・リード『芸術の意味』】 芸術の意味ハーバート・リードみすず書房 昨...

Posted at 13/06/18

平原演劇祭2013第三部『烏江』ほか

【平原演劇祭第三部『烏江』ほか】 朝起きてカーテンを開けると、路面は濡れていた。...

Posted at 13/06/16

ティム・ボウラー『川の少年』/「出来ないことが出来るようになるということ」をめぐるいくつかの問題/能力と幸福

【ティム・ボウラー『川の少年』】 午前中は雨は降っていなかったのだが、午後になっ...

Posted at 13/06/15

逃れられないテーマ

【逃れられないテーマ】 梅雨らしく雨が降ったり上がったりしている。外に出てから降...

Posted at 13/06/14

ふみふみこ『ぼくらのへんたい』第3巻

【ふみふみこ『ぼくらのへんたい』第3巻】 今週は仕事が忙しく、時間中はかなりフル...

Posted at 13/06/13

ティム・ボウラー『川の少年』/『十五少年漂流記』と『進撃の巨人』/「少年」をこじらせ続けて数十年:『ランドリオール』『ぼくらのへんたい』『来世であいましょう』

【ティム・ボウラー『川の少年』】 川の少年 (ハリネズミの本箱)ティム・ボウラー...

Posted at 13/06/12

激しい雨/『進撃の巨人』:謎は深まるばかり

【激しい雨】 松本からの帰り道、郊外ショッピングセンターの書店に立ち寄って別冊少...

Posted at 13/06/07

梅雨時の身体の使い方/憧れるものと好きなもの/マンガ雑誌の保存/貞本義行『新世紀エヴァンゲリオン』13巻

【梅雨時の身体の使い方】 5月の末に梅雨に入っても、まだあまり雨が降っていないの...

Posted at 13/06/06

『進撃の巨人Before the fall』/貞本義行『新世紀エヴァンゲリオン』コミック版最終回

【『進撃の巨人Before the fall』】 進撃の巨人 Before th...

Posted at 13/06/05

『進撃の巨人 Before the fall』第1巻/角川いつか『成功する男は、みな非情である』

【『進撃の巨人 Before the fall』第1巻】 進撃の巨人 Befor...

Posted at 13/06/04

「進撃の巨人」二次制作動画ととんでもなく非常識な情熱/『進撃の巨人』と『魔法少女まどか☆マギカ』/『進撃の巨人』ノベライズ/『ティム・ガンのワードローブレッスン』

【「進撃の巨人」二次制作動画ととんでもなく非常識な情熱】 自分の書きたいもの、自...

Posted at 13/06/03

マンガの歴史とがんばれ雑誌/いいと思ったことを書く/「小説の毒」と「書きたいこと」/光野桃『おしゃれのベーシック』

【マンガの歴史とがんばれ雑誌】 梅雨に入ったが、ここ数日は晴れの日が続いている。...

Posted at 13/06/01

『進撃の巨人』:アニメの魅力/東村アキコ『かくかくしかじか』/安冨歩『合理的な神秘主義』/『コミックゼロサム』

【『進撃の巨人』アニメの魅力】 進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進...

Posted at 13/05/29

『犬神もっこす』『夜明けの図書館』『後鳥羽院』『かくかくしかじか』など

【『犬神もっこす』『夜明けの図書館』『後鳥羽院』『かくかくしかじか』など】 犬神...

Posted at 13/05/28

進撃の巨人、日曜美術館、ソマリランド/木暮太一さん、『茶柱倶楽部』、曽野綾子さん

【進撃の巨人、日曜美術館、ソマリランド】 今日は雨の一日。雨が降って気圧が低く、...

Posted at 13/05/20

携帯電話の故障/買った本・読んだ本:『ずっと「安月給」の人の思考法』

【携帯電話の故障】 昨夜遅く、気がついたら二つ折り携帯電話(N703iDのネイビ...

Posted at 13/05/17

山岸凉子『言霊』/ホメロス『イリアス』/ラマナ・マハルシ『あるがままに』

【山岸凉子『言霊』】 言霊山岸凉子講談社 山岸凉子はバレエマンガかでなければ怪奇...

Posted at 13/05/15

『進撃の巨人』と食われる若者たち

【『進撃の巨人』と食われる若者たち】 進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)諌山...

Posted at 13/05/14

身体の調子と体力の関係/読書記録/「世のため人のため」という言葉と「権力」の関係/旅人としての私/ジブリの教科書/ホメロス『イリアス』/ラマナ・マハルシ:「それは私ではない」

【身体の調子と体力の関係】 ブログを更新しないまま6日間経過。インターネットに日...

Posted at 13/05/13

池上彰『聞かないマスコミ 答えない政治家』読了/安田登『異界を旅する能』読書中

【池上彰『聞かないマスコミ 答えない政治家』読了】 聞かないマスコミ 答えない政...

Posted at 13/05/07

人というものの生きにくさ/自分の過去をひっくり返す/異様な過剰さ/カンの世界の豊かさ

【人というものの生きにくさ】 『萩尾望都対談集 物語るあなた絵描く私』読了。第6...

Posted at 13/05/02

『進撃の巨人』アニメとか/とり・みき『冷食捜査官』/萩尾望都の対談集/楽を選ばない

【『進撃の巨人』アニメとか】 【ニコニコ動画】進撃の巨人 第1話「二千年後の君へ...

Posted at 13/04/29

ぴったりとくるもの/今週買った本

【ぴったりとくるもの】 昨日も今日も天気がいい。ここのところずっと大事ないろいろ...

Posted at 13/04/27

四月は残酷な月/ジャイキリ27/『謎の独立国家ソマリランド』/自己啓発本を読んで感じたこと:ものを教えることのむずかしさ/本当の幸福/自我と執着

【四月は残酷な月】 今日は雨。ここのところ、天気が良かったり降ったりをくりかえし...

Posted at 13/04/24

「いいわけ」の使用法/「進撃の巨人」公式ガイドブック/ギャグかホラーかラブコメか

【「いいわけ」の使用法】 昨日は一昨日に比べれば比較的暖かかったのだが、それでも...

Posted at 13/04/23

自我について考えながら/「謎の独立国家ソマリランド」の面白さ

【自我について考えながら】 二千年紀の社会と思想 (atプラス叢書01)見田宗介...

Posted at 13/04/20

「苦しみ」は「ある」:逆目の時には逆手を打つ/久々の海外辺境地域ルポルタージュもの

【「苦しみ」は「ある」:逆目の時には逆手を打つ】 朝起きてなんだか心とか身体とか...

Posted at 13/04/18

身体とかバドミントンとか児童書とかソマリランドとか

【身体とかバドミントンとか児童書とかソマリランドとか】 昨日帰郷。帰郷の際、丸善...

Posted at 13/04/17

つかもうとするのではなく、そっと触れるという感覚

【つかもうとするのではなく、そっと触れるという感覚】 少し低迷していたのだが、だ...

Posted at 13/04/16

村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』:「未決のひきだし」に向き合うということ

【村上春樹『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』:「未決のひきだし」に向き...

Posted at 13/04/14

杉本圭司「契りのストラディヴァリウス」/根本祐二『「豊かな地域」はどこが違うか』

【杉本圭司「契りのストラディヴァリウス」】 考える人 2013年 05月号 [雑...

Posted at 13/04/12

人は何歳まで作家デビューできるか/感情の泥流/小林秀雄とヴァイオリン

【人は何歳まで作家デビューできるか】 何となくうつうつといろいろなことを考える。...

Posted at 13/04/11

自分らしく生きるということ/アルコール依存症という病気/『進撃の巨人』とか『考える人』とか

【自分らしく生きるということ】 怒涛のような数日が過ぎ、とりあえずひと段落したか...

Posted at 13/04/10

ロシアの人形、『実録!あるこーる白書』、グレイトフル・デッド

【ロシアの人形、『実録!あるこーる白書』、グレイトフル・デッド】 一昨日夜帰京。...

Posted at 13/04/08

『壊れた仏像直しマス』/『解体屋ゲン』

【『壊れた仏像直しマス』/『解体屋ゲン』】 忙しくてなかなか更新できないのだが、...

Posted at 13/04/06

「気流の鳴る音」を読み終える/ヘシオドス『神統記』

【「気流の鳴る音」を読み終える】 気流の鳴る音―交響するコミューン (ちくま学芸...

Posted at 13/04/02

真木悠介『気流の鳴る音』:「正しい生き方」は存在しない

【真木悠介『気流の鳴る音』:「正しい生き方」は存在しない】 気流の鳴る音―交響す...

Posted at 13/03/30

大塚英志『サブカルチャー文学論』と真木悠介『気流の鳴る音』

【大塚英志『サブカルチャー文学論』と真木悠介『気流の鳴る音』】 今日は朝からいろ...

Posted at 13/03/29

ふみふみこ『ぼくらのへんたい』と世界文学または現代アート:逃れられない三つのもの、「死」と「セックス」と「国家」/『さきくさの咲く頃』『そらいろのカニ』:愛の不可能性より愛の可能性

【ふみふみこ『ぼくらのへんたい』と世界文学または現代アート:逃れられない三つのも...

Posted at 13/03/26

個々のアイテムが内包しているストーリー/カント『視霊者の夢』など

今日の午前中は、新しい作品のプランをいろいろと考えていた。アイデアはいろいろ出る...

Posted at 13/03/22

自分自身を問い直させられる本:「表現する幸福」と「自分」というもの

【自分自身を問い直させられる本:「表現する幸福」と「自分」というもの】 物語論で...

Posted at 13/03/21

守られている感とか美味くてやばいとか/黒人、フランス語、ジャズの三題噺/ふみふみこ「ぼくらのへんたい」の魅力

【守られている感とか美味くてやばいとか】 昨日。出かける前に東陽町駅で刃物振り回...

Posted at 13/03/20

背筋を伸ばす/大塚英志『物語論で読む村上春樹と宮崎駿』

【背すじを伸ばす】 昨日。調子の感じを見ながら神保町に出かける。なぜか背中にとき...

Posted at 13/03/19

マンガを読んだり絵を見たり

【マンガを読んだり絵を見たり】 なつゆらぎ (リュウコミックス)山坂健徳間書店 ...

Posted at 13/03/18

『美男へのレッスン』と『海月姫』

【『美男へのレッスン』と『海月姫』】 美男へのレッスン 上巻 (中公文庫)橋本治...

Posted at 13/03/13

自分を大切にするとはどういうことか:共感の記憶と本質的な達成

【自分を大切にするとはどういうことか:共感の記憶と本質的な達成】 愛の矢車草―橋...

Posted at 13/03/12

美しい男とはどういうものか:橋本治『美男へのレッスン』を読み始める

【美しい男とはどういうものか:橋本治『美男へのレッスン』を読み始める】 美男への...

Posted at 13/03/11

『魔女の宅急便』とか『石森章太郎の漫画家入門』とか

【『魔女の宅急便』とか『石森章太郎の漫画家入門』とか】 スタジオジブリの広報誌『...

Posted at 13/03/10

なんだかんだいってやっぱりいろいろ考えてしまうのだが

【なんだかんだいってやっぱりいろいろ考えてしまうのだが】 「みだりに思うなかれ」...

Posted at 13/03/08

みだりに思うなかれ/モーニング新連載・肥谷圭介「ギャングース」/男の社会性・女の個人性・河合隼雄物語賞

【みだりに思うなかれ】 昨日。一月ぶりに松本へ操法を受けに行く。ぎっくり腰とその...

Posted at 13/03/07

ふみふみこ「ぼくらのへんたい」を読む

【ふみふみこ「ぼくらのへんたい」を読む】 ぼくらのへんたい 2 (リュウコミック...

Posted at 13/03/05

体調回復の兆し/今週のモーニング/内田樹・岡田斗司夫『評価と贈与の経済学』/生きるということは

【体調回復の兆し】 昨日は一日ずっと食を減らして、朝は温めた牛乳のみ。昼も夜もこ...

Posted at 13/02/28

本を探す勘が戻ってきた気がする

昨日の日曜日は郷里の方で実家の属する組中のお稲荷さんの初午の行事があり、上京が午...

Posted at 13/02/25

空海の言葉/玉川重機『草子ブックガイド』2巻

【空海の言葉】 大きい言葉を読みたい、と思った時に、まず最初にそういう言葉は宗教...

Posted at 13/02/22

結局私の「哲学」は「生きることは楽しい」ということなのだ

【結局私の「哲学」は「生きることは楽しい」ということなのだ】 日曜日に腰を痛めた...

Posted at 13/02/21

『霊界物語』/『犬神もっこす』/『コミックリュウ』

昨日。出かける際に東京駅の丸の内丸善で出口王仁三郎『霊界物語』第一輯(八幡書店、...

Posted at 13/02/20

西餅『犬神もっこす』を読む

【西餅『犬神もっこす』を読む】 昨日は皇居東御苑から竹橋の方へ抜け、毎日新聞社の...

Posted at 13/02/18

またまた大雪/近況と最近読んだ本:『統計学が最強の学問である』『犬神もっこす』など

【またまた大雪】 諏訪は今日もまた大雪。今日は日中の雪なので大丈夫かと思ったが、...

Posted at 13/02/15

ここ数日に買った本、読んだ本と千駄木の往来堂書店

ここ数日。日曜日に横浜の街を歩き、午後帰ってきた。ルイーズ・L・ヘイ『ライフヒー...

Posted at 13/02/12

アーティストとして強靭であるということ

【アーティストとして強靭であるということ】 ショパンを弾く 名演奏家たちの足跡青...

Posted at 13/02/08

精神と身体の立て直し/創作の練習/シチュエーション

【精神と身体の立て直し】 私自身にとってどうも変わり目の時期らしく、いろいろなこ...

Posted at 13/02/07

そうしない自由とそうする自由

いろいろやることがあったり、精神的な余裕が不足していたりして、ブログをなかなか書...

Posted at 13/02/05

夜明け前が一番暗い/『半分立ち腐れた棒杭の姿に見とれる」

【夜明け前が一番暗い】 地上の記憶 (アクションコミックス)白山宣之双葉社 バタ...

Posted at 13/01/26

ツイッターというゲーム/ポジティブシンキングフリー

【ツイッターというゲーム】 今週はずっとブログを更新した。一週間毎日更新したのは...

Posted at 13/01/19

諏訪湖とか諏訪大社とか/江口寿史とかブルースとか

【諏訪湖とか諏訪大社とか】 昨日は朝6時前に起床したのだが、今日の起床は6時20...

Posted at 13/01/18

作品を書き終えた後、次の作品に取り掛かるのに必要なこと

【作品を書き終えた後、次の作品に取り掛かるのに必要なこと】 今日もとりあえず買っ...

Posted at 13/01/17

秩序を作り上げながら捨てる

【秩序を作り上げながら捨てる】 昨日帰京。久しぶりに仕事上の懸案を残さないで上京...

Posted at 13/01/13

本当に読みたい本をもっと読んだ方がいいかもしれない:栗山英樹『覚悟』

【本当に読みたい本をもっと読んだ方がいいかもしれない:栗山英樹『覚悟』】 いろい...

Posted at 13/01/12

何も考えていないときが一番いい/シミュレーションは役に立たない/『荒天の武学』とマンガとカエターノ・ヴェローゾ:さまざまなシンクロニシティ

【何も考えていないときが一番いい】 呪文のように聞こえる話だと思うが、ある種のフ...

Posted at 13/01/11

内田樹・光岡英稔『荒天の武学』:異界への行きかた

【内田樹・光岡英稔『荒天の武学』:異界への行きかた】 昨日帰郷。車中、内田樹・光...

Posted at 13/01/09

花のような民族/「ふみふみこ三か月連続刊行キャンペーン」など

【花のような民族】 一昨日。久しぶりに木場周辺を散歩。バスで木場駅に出、洲崎神社...

Posted at 13/01/08

幸田真希『梅酒』/細部が全体を決定する

【幸田真希『梅酒』】 昨日は最終の特急で帰郷。車中、買った本をいくつか並行して読...

Posted at 13/01/04

本屋に探しに行くもの

【本屋に探しに行くもの】 人は本屋に、何を探しに行くのだろう。読みたい本が決まっ...

Posted at 13/01/03

自分自身を見直す/こんなものを書きたい

【自分自身を見直す/こんなものを書きたい】 あけましておめでとうございます。今年...

Posted at 13/01/02

何とかかんとか

【何とかかんとか】 Landreaall 21巻 限定版 (ZERO-SUMコミ...

Posted at 12/12/27

ペースを取り戻すこと/占いの使い方:4種のタロットカード/定点としての神保町/福の神と貧乏神

【ペースを取り戻すこと】 昨夜は10時に寝た。だいぶ疲れが蓄積していたらしく、朝...

Posted at 12/12/25

谷川俊太郎の創作ノート/Amazonで『本の木の森』と『ガール』を公開しました/「自分にできる小さな創造活動」を味方にする

【谷川俊太郎の創作ノート】 昨日から忙しく、あまり余裕がない。考えていることをモ...

Posted at 12/12/19

民主党大敗北/「内面への旅」から「外面への旅」へ

【民主党大敗北】 忙しくて、昨夜帰ってきたのが10時ごろになっていたのだが、選挙...

Posted at 12/12/17

小説を書き出す/『図書館の主』と『映画道楽』

【小説を書き出す】 小説というものには、ある日ふと書きだしてみたら書けてしまった...

Posted at 12/12/14

新しい小説を書くためのアプローチいくつか:自分の奥底にある井戸に表現というアクセス方法を持つこと/『ずっとやりたかったことを、やりなさい2』がでた/今週の『モーニング』:正月進行前の突き抜けた作品群

【新しい小説を書くためのアプローチいくつか:自分の奥底にある井戸に表現というアク...

Posted at 12/12/13

Kindleストアで自分の作品を販売できるようになった/自分にとっての豊かさのイメージ/『このマンガがすごい2013』とか

【Kindleストアで自分の作品を販売できるようになった】 今日は朝から頗る快調...

Posted at 12/12/10

雪の朝/どんな自分でありたいか/「下流でもホリエモンでもなく」

【雪の朝】 今朝目が覚めたとき、あたりの音がやたらとしーんとしていて、静かな朝だ...

Posted at 12/12/08

眼精疲労/利益第一主義と思想の自由/スポーツビジネスの可能性/ツッコミは漫才における司令塔

【眼精疲労】 更新頻度が落ちている。忙しいのと疲れているのが重なっているかな。小...

Posted at 12/12/06

本当に書きたいこと/風雲児たち幕末編・桜田門外の変/北海道日本ハムファイターズはなぜ強いのか/古市憲寿『僕たちの前途』を買った/「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」を買った/戦って勝つのでなく、勝ってから戦えば百戦百勝

【本当に書きたいこと】 本当に書きたいことを書くためにはとても準備がいるんだなあ...

Posted at 12/12/04

小説書きなおし/「茶の文化史」の困難性/体系を成り立たせるということ

【小説書きなおし】 どうも最近忙しかったせいか、今日は何となく落ち込み気味で、疲...

Posted at 12/11/30

橋本治『その未来はどうなの?』/キンドルのレザーカバー/感謝することの意味

【橋本治『その未来はどうなの?』】 今日は朝職場のごみを捨てに出た以外は仕事に出...

Posted at 12/11/23

方向性より決意が自分を動かす/ライアン・マッギンレー/日本に足りないもの

【方向性より決意が自分を動かす】 昨日は6部作の小説作品の第6部までの第一稿を上...

Posted at 12/11/22

座標軸の出現

【座標軸の出現】 昨日今日となんだかずっと突っ走っている感じがあって何をどう書い...

Posted at 12/11/21

すべては世界に近づくためにやっている/生きようとする力と禁欲:生と知/楽しさというファクターの重要性/「抜け感」がすべてを決める

【すべては世界に近づくためにやっている】 今日は旧暦10月1日。旧暦では通例10...

Posted at 12/11/14

ヤンキー再論:否定ワードとしての「ヤンキー」と日本人の素朴な熱いハート

【ヤンキー再論:否定ワードとしての「ヤンキー」と日本人の素朴な熱いハート】 昨日...

Posted at 12/11/13

散歩一回目/「特集・ヤンキー」/子どもの夢は自立/顔を描くときに脳みその中も描く/ノリと気合/散歩二回目

【散歩一回目】 今日は昼ごろ東京駅に出かけ、ユニクロで少し服を買った。モバイル会...

Posted at 12/11/12

読んでいる本とかマンガとか/キャンセル待ちの思想/解放から表現へ/共振する身体性・精神性

【読んでいる本とかマンガとか】 昨日今日と読んでいるのが羽生善治『直感力』と茂木...

Posted at 12/11/09

「思ったよりずっといい」主義/サブカルチャーとハイカルチャー/感想いくつか

【思ったよりずっといい主義】 今日は立冬。「冬来たりなば、春遠からじ」と小松薬局...

Posted at 12/11/07

『ジョン・レノン 家族生活』/伊藤みろ『フォトグラファーズ・バイブル』

【『ジョン・レノン 家族生活』】 日曜日は午前中は何とか書きかけの小説の6部中第...

Posted at 12/11/06

Do the right thing?

【Do the right thing?】 ここ数日気分がぱっと晴れやかになるこ...

Posted at 12/11/01

近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法2』など

【近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法2』など】 やることや考えることや読む本...

Posted at 12/10/31

愛とはどんなものか:アンドレ・ブルトン『狂気の愛』

【愛とはどんなものか:アンドレ・ブルトン『狂気の愛』】 昨日。気分転換に岡谷の書...

Posted at 12/10/27

プリンシプル

【プリンシプル】 昨日から気持ちが落ち込んでいて、というかここのところのどこかし...

Posted at 12/10/25

羽生善治『直感力』を読んでいる/「キンドル・ペーパーホワイト3G」を予約した

【羽生善治『直感力』を読んでいる】 直感力 (PHP新書)羽生善治PHP研究所 ...

Posted at 12/10/24

一瞬を積み重ねる/死後に何を残すか/「世界で唯一の自分」をどう見せるか

【一瞬を積み重ねる】 村上隆『創造力なき日本』読了。第3章~第5章で印象に残った...

Posted at 12/10/20

村上隆『創造力なき日本』:たましいの最下層に降りて行く覚悟

【村上隆『創造力なき日本』:たましいの最下層に降りて行く覚悟】 創造力なき日本 ...

Posted at 12/10/19

電池交換/サークルKのコーヒー/ドワンゴの川上量生さん/現代美術の世界で生きること/既存のシステムに乗るか、自分でシステムをつくるか

【電池交換】 しばらく止まったままになっていた腕時計を時計屋さんに持って行って電...

Posted at 12/10/18

身体の共振性/電子書籍はどうなっていくか/読みかけの本

【身体の共振性】 先日東京に帰った時に芝居をやっていた時の友人から手紙が届いて、...

Posted at 12/10/17 Comment(1)»

ジブリの広報誌『熱風』の電子書籍特集/才谷ウメタロウ『ガズリング』はなぜ面白いか/小林よしのり『ゴーマニズム宣言スペシャル 大東亜論』/アーチスト・デート

【ジブリの広報誌『熱風』の電子書籍特集】 やることがたくさんあるのだが、その一つ...

Posted at 12/10/16

『ローカリゼーションの胎動と私たちの実践』を読んだ

10日水曜日に私の諏訪の実家の方を訪問してくれた鎌田陽司君から頂いたいくつかの資...

Posted at 12/10/13

村上春樹の占いと人生相談

【村上春樹の占いと人生相談】 村上春樹のエッセイを読んでいるとこのブログの記事も...

Posted at 12/10/10

ハードなところ

昨日。母が怪我をしたという電話があり、大したことはなさそうなのでどうしようかと思...

Posted at 12/10/09

深く長い息をすること/自分の作品について考える/村上春樹『サラダ好きのライオン』/山

【深く長い息をすること】 昨日からどうも疲れているなあと思っていたのだけど、朝起...

Posted at 12/10/04

今週読んだマンガ:私が旅立ってしまったら、お前は泣かないというけれど

【今週読んだマンガ:私が旅立ってしまったら、お前は泣かないというけれど】 諸事情...

Posted at 12/09/29

心に芯を入れる/小川剛生『足利義満』/読書とインスピレーション

【心に芯を入れる】 火曜日の帰郷の際、特急の中が寒かったせいかどうも呼吸器系の調...

Posted at 12/09/21

日本文化のあり方/『海月姫』10巻/短編集『往還』と小説作品サイト「スタジオみなみ」

【日本文化の在り方を考える】 中国と 茶碗と 日本と彭丹小学館 昨日帰京。車中で...

Posted at 12/09/16

小説を書く気分転換に小説を書く/目利きの力/自然美と人工美の微妙な出し入れ

【小説を書く気分転換に別の小説を書く】 5日に書き始めた新しい短編、いちおう昨日...

Posted at 12/09/14

今週のモーニング/養老孟司『日本のリアル』

【今週のモーニング】 なんかぽけーっとしている。いかんいかん。 火曜日に帰郷し、...

Posted at 12/09/13

「今ここにいる自分」と「ものを書く自分」

【「今ここにいる自」分と「物を書く自分」】 今週はなかなか先週までの疲れが取れな...

Posted at 12/08/23

忙中閑あり

【忙中閑あり】 amazonで注文してあった松井光瑶他『大都会に作られた森 明治...

Posted at 12/08/22

ふみふみこ『ぼくらのへんたい』:誰もが通る道とその人以外には決して通らない道

【ふみふみこ『ぼくらのへんたい』:誰もが通る道とその人以外には決して通らない道】...

Posted at 12/08/21

大都会に造られた森

『森のバイブル』を読んで、『明治神宮御境内林苑計画』という文書の存在を知った。こ...

Posted at 12/08/17

150年後に構想通りになる森をつくるということ

【150年後に構想通りになる森をつくるということ】 Tree(ツリー) (アニメ...

Posted at 12/08/16

放心状態/ロンドンオリンピック/本郷和人『天皇はなぜ生き残ったか』と新しい歴史観への期待

【放心状態】 夜になってようやく、ものを書こうという気が起きてきた。昨日まで本当...

Posted at 12/08/12

立秋の翌日

【立秋の翌日】 昨日は仕事が立て込んで一日中忙しく、ツイートなどもしている暇がな...

Posted at 12/08/09

本を作る

【本をつくる】 今日はいろいろと周りの様々なことに振り回されて過ぎてしまった一日...

Posted at 12/08/05

書くということ/小説を書くことの秘密と「理知的な感動」/集中力/理想の死に方

【書くということ】 このところ仕事時間が長くてまとまったブログを書く時間が取れな...

Posted at 12/08/04

詩一篇:八月/帰郷/バルガス=リョサ『若い小説家に宛てた手紙』第一の手紙

【詩一篇:八月】  八月 強い風が吹いて扉が開いた。 風は去って行く 夏服の女た...

Posted at 12/08/01

冷房対策とシーンづくり/五十嵐大介『海獣の子供』5巻と画集/「自信がない自分」の見方を変える

【冷房対策とシーンづくり】 昨日はいろいろやることが多く(最近毎日そうだが)横浜...

Posted at 12/07/31

『もののけ姫』をもう一度見直してみる/いじめが凄惨になったわけ

【『もののけ姫』をもう一度見直してみる】 少しずつ新しい物語のアイデアが出てきて...

Posted at 12/07/27

夏の朝/『もののけ姫』再考:病のオーラと生きるという選択

【夏の朝】 明け方はまだ昨日の暑さが残っていたのだけど、7時過ぎの今は少し涼しい...

Posted at 12/07/25

鹿島田真希『冥土めぐり』読了:六道輪廻と愚者による救い

【鹿島田真希『冥土めぐり』読了:六道輪廻と愚者による救い】 昨日はずっと体調が悪...

Posted at 12/07/22 Comment(4)» Trackback(1)»

倉部史記『看板学部と看板倒れ学部』読了

【倉部史記『看板学部と看板倒れ学部』読了】 昨日は忙しくて、今日は体調が悪い。昨...

Posted at 12/07/21

橘玲『(日本人)』:さまざまな思考が一つに束ねられて行く/いま読んでいて面白い本など/やはりこれが自分なのか

【橘玲『(日本人)』:さまざまな思考が一つに束ねられて行く】 (日本人)橘玲幻冬...

Posted at 12/07/19

スタジオジブリの広報紙「熱風」/私にとっての「宇宙戦艦ヤマト」

【スタジオジブリの広報紙「熱風」/私にとっての『宇宙戦艦ヤマト』】 スタジオジブ...

Posted at 12/07/18

『(日本人)』から受けた衝撃/久々の往来堂書店/崇徳院とか貧困問題とか

【『(日本人)』から受けた衝撃】 風を通すと涼しいのだが、どうも涼しすぎるようで...

Posted at 12/07/17

何かを守るということ

【何かを守るということ】 橘玲『(日本人)』を読了してからブログを書こうと思って...

Posted at 12/07/16

鉱脈に近づく/大学の経営戦略の成否と功罪:倉部史記『看板学部と看板倒れ学部』

【鉱脈に近づく】 また新しい作品を書き始めた。このところ書いては中断、書いては中...

Posted at 12/07/14

本当に書きたいもの/橘玲『(日本人)』を読み始めた

【本当に書きたいもの】 しばらく小説を書いていたのだが、どうもこの作品が自分が書...

Posted at 12/07/13

八ヶ岳の麓でサルを見た/砂糖を取らないことの意義/出会った自分はさてなにものか

【八ヶ岳の麓でサルを見た】 先ほどまでかなり雨が降っていたのだが、今は上がってい...

Posted at 12/07/06

アスペルガー症候群と私/脱原発運動と日本のデモクラシーの未来への新しい可能性:コンサマトリーとインストゥルメンタル

【アスペルガー症候群と私】 昨日も書いたけど、友人に譲ってもらったテーブルが届き...

Posted at 12/07/03

人生初IKEA/『わが父 パードレ・ヌエストロ』

【人生初IKEA】 7月になった。と言っても今日はもう2日だが。昨日はそうでもな...

Posted at 12/07/02 Comment(2)»

土曜の通夜と日曜の本棚

昨日朝帰京。一昨日は親戚の小母さんが亡くなって、お通夜に出たために帰京しなかった...

Posted at 12/06/25

モーニングページとアーチストデートの成果

【モーニングページとアーチストデートの成果】 昨日の朝モーニングページを書きなが...

Posted at 12/06/22

『羣青』下巻読了:愛について語るのは難しい/院政というバブル:本郷恵子『蕩尽する中世』を読み始めた

【『羣青』下巻読了:愛について語るのは難しい】 今日は朝から体調が今一つ。疲れが...

Posted at 12/06/18

愛と自由と/デフレも悪くない、のかも

【愛と自由と】 物を書いていて、いま愛とか自由とかについて書こうとしているのだけ...

Posted at 12/06/16

卯月妙子『人間仮免中』読了

卯月妙子『人間仮免中』(イーストプレス、2012)読了。大変面白く、かつしみじみ...

Posted at 12/06/13

世界は楽天から変わる/三つの面から自分の回復を図る/1にこの世にあること、2に快くこの世にあること。/前を向いて歩きだすための一冊

【世界は楽天から変わる】 今ものを書いている。最初はなかなか集中が高まらなかった...

Posted at 12/06/12

嫌いなものが自分の立ち位置をはっきりさせる/大きなまとまりを見出すためには

【嫌いなものが自分の立ち位置をはっきりさせる】 嫌いなものが多いというのはあんま...

Posted at 12/06/07

幸田露伴『五重塔』感想/人間のデモーニッシュな部分に正面から取り組み描写すること/平清盛・勝利の代償を見た

【幸田露伴『五重塔』感想】 五重塔 (岩波文庫)幸田露伴岩波書店 幸田露伴『五重...

Posted at 12/06/06

アドレナリン酔い/居心地とセンスと自分らしさ

【アドレナリン酔い】 昨日自分の中でかなりのコペルニクス的転回があって、肉体も精...

Posted at 12/05/29

セ・ラ・ヴィ/週刊漫画タイムズ/名ピアニスト・ランキング

【セ・ラ・ヴィ】 昨日は午前中は郷里の方で休養し、昼ごろの特急で上京した。一昨日...

Posted at 12/05/28

美しさというものはこんなにも多様なものか

【美しさというものはこんなにも多様なものか】 美しいものについて考える。今年、一...

Posted at 12/05/25

信じるという行為は確かさの感覚に支えられている

【信じるという行為はたしかさの感覚に支えられている】 いろいろとやることが多くて...

Posted at 12/05/24

成功哲学の文化的背景/砂糖の過剰摂取の害

【成功哲学の文化的背景】 少し更新。本のこと。昨日買ったのがアンソニー・ロビンズ...

Posted at 12/05/22

池田貴将『動きたくて眠くなくなる。』など

ブログが全然更新できていない。どうも何となく調子が悪いのと、忙しいのと、書く気に...

Posted at 12/05/19

梅雨のような天気/『大人のラジオ体操』/中国人と小泉首相/ゾラ『制作』

今朝は5時前に起きた。昨夜は疲れていて10時には寝てしまったので、4時半くらいで...

Posted at 12/05/15

裏切り

【裏切り】 神曲 地獄篇 (河出文庫 タ 2-1)ダンテ河出書房新社 裏切りとい...

Posted at 12/05/13

ナウシカを見た/河合隼雄『こころの処方箋』

【ナウシカを見た】 昨日は松本に出かけて、だいぶ久しぶりに操法を受けた。どんな調...

Posted at 12/05/12

『いやらしさは美しさ』/淡々と年を積み重ねる/松田聖子の老け役

この連休は4日金曜日の夜に上京し、5、6、7と久しぶりにゆっくりと東京にいる。父...

Posted at 12/05/07

「神聖なこと」を書こうとしている/人生の見直し方/芸術の歴史におけるそれぞれの役割

【「神聖なこと」を書こうとしている】 まとまった文章を書こうとしているので、なか...

Posted at 12/05/04

『柳井正の希望を持とう』読了

『柳井正の希望を持とう』(朝日新書、2011)読了。面白かった。何点か。 柳井正...

Posted at 12/05/01 Comment(1)»

連休中/桜田門外前夜/モノを売る人間が陰気でどうする

なかなかブログを更新できないので、ちょっとだけ書いておこう。土曜日は仕事の後、弟...

Posted at 12/04/30

お茶という特別の飲みもの/何をどう見ればいいか/人間の成長

【お茶という特別の飲みもの】 青木幸子『茶柱倶楽部』2巻(芳文社、2011)。1...

Posted at 12/04/24

青木幸子『茶柱倶楽部』:眠っていた日本茶への感性が呼び覚まされる/自分の文章を百パーセント読み切る手ごわい読者

【青木幸子『茶柱倶楽部』:眠っていた日本茶への感性が呼び覚まされる】 昨日。夕方...

Posted at 12/04/23

力が湧かないモード/成果が上げにくい時代における現代の花形

【力が湧かないモード】 木曜日、ずっと懸案になっていたことが思いがけない形で簡単...

Posted at 12/04/21

ネガティブなことを書かなければならないというバイアス:モーニングページの書き方を見直す

【ネガティブなことを書かなければならないというバイアス:生活の根幹であるモーニン...

Posted at 12/04/18

絶対的な不足と過剰/知性とはひるまないこと/材料になるものとでっかいもの/根っことつばさ

【絶対的な不足と過剰】 昨日は本当に体調が悪かった。夕方日本橋に出かけて本を見た...

Posted at 12/04/17

中国はネットの検閲と削除を民間企業に委託しているらしい/「アイデンティティという弱点」と「忘れるという能力」

【中国はネットの検閲と削除を民間企業に委託しているらしい】 動員の革命 - ソー...

Posted at 12/04/16

『長嶋有漫画化計画』読了

今日は昨日と違って天気はいいのだけど、どうも体調がいまいちすぐれなくてこれという...

Posted at 12/04/15

再び『進撃の巨人』について

【再び『進撃の巨人』について】 進撃の巨人(7)限定版 (プレミアムKC)諌山創...

Posted at 12/04/14

この世は残酷だ。そして、とても美しい:『進撃の巨人』7巻/マンガの前衛性

【この世は残酷だ。そして、とても美しい:『進撃の巨人』7巻/マンガの前衛性】 昨...

Posted at 12/04/11

精神的ダメージをお金に換算してみる/二年ぶりの春/田中靖三『マグネシウムは宇宙の旅人』

【精神的ダメージをお金に換算してみる】 考えることがたくさんあって、書くことがま...

Posted at 12/04/09

やってみなければわからない/より深い人生の喜び/『聞く力』読了

久々に小説を書いているのだけど、今回はファンタジーではなくて自分の人生の中で経験...

Posted at 12/04/06

阿川佐和子『聞く力』

気がつくと二、三日更新が滞っている。毎日更新していたころは忘れても一日だったけど...

Posted at 12/04/05

好きな作品について書くということは、自分がどんな人間かを書くということだ

【好きな作品について書くということは、自分がどんな人間かを書くということだ】 ピ...

Posted at 12/04/01

ゆるい文章/告知・パブーでエッセイ『自由が怖い』を公開しました

ブログを書くつもりだったけど、エッセイを書いてしまったので、これはブログでなくパ...

Posted at 12/03/29

人間の仕事/日本の4、50代の男はなぜかっこよく見えないか/甘い生活/理性七段階/生きる力

【人間の仕事】 人間には、聖なる事業と俗なる事業があるのではないか、と思った。ど...

Posted at 12/03/26

フェリーニと生態系的世界

【フェリーニと生態系的世界】 最近自分がやりたかったことは全部やったという感じが...

Posted at 12/03/25

一生本から離れて生きていくことはできないだろう/田舎の弱点/日本人と日記/意識のチカラ

【一生本から離れて生きていくことはできないだろう】 父の本の出版関係の仕事が続く...

Posted at 12/03/23

告知・パブーでエッセイ『私のバイブル:高野文子『絶対安全剃刀』』を公開しました

20代前半の私のバイブルだった本。何度も繰り返し読みました。そのころのことも振...

Posted at 12/03/20

シュッツとクープランを買う/自然体でいることがかっこよく見えること/ナルニア世界のボーイ・ミーツ・ガール

今日は春分の日。東の窓から日差しが入ってきている。今朝は少し冷え込んだけど、暖か...

Posted at 12/03/20

自分が最も影響を与えてもらうべき本

パブ―でエッセイコンテストが企画され、『私に影響を与えた一冊』というお題が上がっ...

Posted at 12/03/17

傷つくことと体と心が開くこと

【傷つくこととからだとこころが開くこと】 今日はいろいろあっていろいろなことに前...

Posted at 12/03/16

天才ってこういう人のことか/同じ悲しみを共有することで癒されること

【天才ってこういう人のことか】 昨日帰郷。帰りがけに東京駅の丸善で名越康文が紹介...

Posted at 12/03/14

実にごちゃごちゃした自分の心/片づけ進行中/私の思想の系譜

昨日。昼過ぎに横浜に出かけた。久しぶりの元町。少し肌寒かったが、元町通りを歩いて...

Posted at 12/03/12

感覚経験を超えるということ/感覚世界を広げるということ

【感覚経験を超えるということ/感覚世界を広げるということ】 昨日から降り出した雪...

Posted at 12/03/10

ある訃報/名越康文『毎日トクしている人の秘密』/意志から智へ/死の側から自分を見る/運命とは物語のことだったんだ

【ある訃報】 私が信頼している人は何人かいるけれども、その中でトップクラスという...

Posted at 12/03/09 Comment(2)»

PDFをめぐる個人的な騒動/青い巨人が通過する/『動物化するポストモダン』読了

【PDFをめぐる個人的な騒動】 昨日。午前中は雨だったが出かけるときにはほぼ上が...

Posted at 12/03/07

まるで人生というものは/告知・『大聖堂のある街で』第9話「青い便箋に青いインクで」を公開しました

【まるで人生というものは/告知・『大聖堂のある街で』第9話「青い便箋に青いインク...

Posted at 12/03/06

ぼくらはだから常に未来に目を向けるのだ

【ぼくらはだから常に未来に目を向けるのだ】 今日は一日本棚の整理。だいぶ形になっ...

Posted at 12/03/04

ものを売るための工夫/夢を売るという仕事/前向き族

今日は久しぶりにのんびりして、朝から『ランドリオール』や『ジャイアントキリング』...

Posted at 12/03/01

ここ数日

【ここ数日】 日曜は品川でケーキを食べたりシャンパーニュを飲んだりしたあと横浜に...

Posted at 12/02/28

ネットカフェ初体験/「自分は何をやってきた人間なのか」を雄弁に語るもの/自分の中のヨーロッパ回帰

【ネットカフェ初体験】 忙しい忙しいと書くのもなんだかはばかられるくらい忙しいの...

Posted at 12/02/26

図書閲覧室と土蔵の中の江戸時代/トランストロンメル『悲しみのゴンドラ』と「つよい詩」/タブッキ『遠い水平線』を少しだけ

【図書閲覧室と土蔵の中の江戸時代】 2月は何かと忙しいのだが、昨日もいくつかの理...

Posted at 12/02/24

初めて一人で電車に乗ったとき/日常性に隠された「本当のこと」を掘り起こす

【初めて一人で電車に乗ったとき】 初めて一人で電車に乗ったのはいつだっただろう。...

Posted at 12/02/23

部屋を片付けることで見えてくるもの:自分の欲望、いまの自分の欲しい望み

【部屋を片付けることで見えてくるもの:自分の欲望、いまの自分の欲しい望み】 昨日...

Posted at 12/02/21

伊東乾『日本にノーベル賞が来る理由』:世界をよくするために日本が期待されていること

【伊東乾『日本にノーベル賞が来る理由』:世界をよくするために日本が期待されている...

Posted at 12/02/20

努力を肯定するということ

【努力を肯定するということ】 風の帰る場所―ナウシカから千尋までの軌跡宮崎駿ロッ...

Posted at 12/02/16

成長ということ/売るということ/宮崎駿が無敵なわけ/『大聖堂のある街で』第3話公開しました

【成長ということ:尊敬から感謝へ】 ルヴァンの天然酵母パン甲田幹夫柴田書店 私は...

Posted at 12/02/15

体調の理由/お金がたまる財布/「トトロと火垂るのために泣きました」/湯川秀樹と原爆

【体調の理由】 昨日おとといがすごく忙しかったので、というか土曜日もそういえばず...

Posted at 12/02/14

芥川賞受賞作・田中慎弥「共喰い」と円城塔「道化師の蝶」を読んだ。

文藝春秋3月号、芥川賞受賞作二作全文掲載号で、いま二本とも読み終わった。疲労困憊...

Posted at 12/02/13

ニーチェ『悲劇の誕生』を読みながら「自分にしか書けないこと」について考える

どんな人間でも弱いところやいやなところはある。若い頃はそのことを気にし過ぎるのだ...

Posted at 12/02/10

iPhoneで聴けるスピーカー/ドヌーヴとバーキン/男の子はスポイルされている?/岡本太郎『自分の中に毒を持て』感想(2)/昨日気づいたこと

【iPhoneで聴けるスピーカー/ドヌーヴとバーキン/男の子はスポイルされている...

Posted at 12/02/06

立春/岡本太郎『自分の中に毒を持て』読了(1)

今日は立春。朝の最低気温はマイナス8度。昨日よりは暖かい。「袖ひぢて結べる水のこ...

Posted at 12/02/04

わからなかったことが分かり、読めなかったものが読める/「自信なんてものは、どうでもいいじゃないか」

私が今感じていることを文章にするのは難しい。というかこのことについて書くのはまだ...

Posted at 12/02/02

人が物語を好むのは、人が心の中に闇を抱えて生きているからだ

【人が物語を好むのは、人が心の中に闇を抱えて生きているからだ】 C・S・ルイスの...

Posted at 12/02/01

小澤征爾『ボクの音楽武者修行』ほか

【小澤征爾『ボクの音楽武者修行』】 ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)小澤 征爾新...

Posted at 12/01/31

告知・『本の木の森』PC版の表紙を変えました/生き方とか人のたましいとか/部屋に名前をつけてみる

【告知・『本の木の森』PC版の表紙を変えました】 『本の木の森』のPC版の表紙を...

Posted at 12/01/30

『スティーブ・ジョブズ』ⅠⅡ読了

『スティーブ・ジョブズ』ⅠⅡ読了。面白かった。結局あとから読み始めた『あんぽん ...

Posted at 12/01/28

『スティーブ・ジョブズ』の読書を再開する/普遍的な美は存在するか/わたしは悲しまない/告知・『本の木の森』iPhone版『第二部 飛ぶ少女』只今無料公開中

【『スティーブ・ジョブズ』の読書を再開する/普遍的な美は存在するか】 今日は朝か...

Posted at 12/01/20

佐野眞一『あんぽん』を読んで孫正義にシンパシーを覚える

孫正義の伝記、佐野眞一『あんぽん』(小学館、2012)読了。いろいろな意味で大変...

Posted at 12/01/18

告知・『本の木の森』『ガール』をパブーで公開しています/小説をプロモートするということ/買い物メモ

【告知・『本の木の森』『ガール』をパブーで公開しています】 『本の木の森』『ガー...

Posted at 12/01/16

ものを書くときの読者との距離感/村上春樹の意志はどこにあるのか

【ものを書くときの読者との距離感】 創作を公開するときは実名で書こうと思っていた...

Posted at 12/01/10

短編が読みたいとき/長い長い集中/人間の物理的な部分

【短編が読みたいとき】 どんなときがそうだと断言するのは難しいのだけど、短編が読...

Posted at 12/01/07

スタンバイの思想―いつでも動ける状態の美しさ:『人生がときめく片づけの魔法』

ベストセラーになった近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版、2...

Posted at 12/01/05

年賀状で試行錯誤/招かれると楽しい部屋

ようやく年賀状に手をつけているのだが、図案を決めるのにすごく手間取り、いろいろ試...

Posted at 11/12/28

自分との約束を守る

ここのところの毎回の例のように、月曜日の最終の特急で帰郷した。『獣の奏者外伝・刹...

Posted at 11/12/27

『坂の上の雲』のことなど/フィクションと生きることの本質/『獣の奏者』と「知ること」の意味

【『坂の上の雲』のことなど】 今朝はマイナス7.5度まで冷え込んだ。今シーズン初...

Posted at 11/12/24

親はいつまでたっても親だなあ

昨日。夜10時まで仕事をして帰宅。買ってあったビーフシチューのレトルトをアルミの...

Posted at 11/12/23

闇の中での努力

昨夜はすごく星がきれいだったので今朝は相当冷え込むだろうと思っていたが、そうでも...

Posted at 11/12/21

闇の中での努力

昨夜はすごく星がきれいだったので今朝は相当冷え込むだろうと思っていたが、そうでも...

Posted at 11/12/21

いつの間にか大掃除の季節/桜井章一『運を超えた本当の強さ』を読む/物語の世界を呼吸する

【いつの間にか大掃除の季節】 最近は月曜の遅い時間、8時か9時に新宿を出る特急に...

Posted at 11/12/20

カーペンターズの美しさ/金正日死去/最高の桜井章一本/読んでいると家を建てたくなる本

【カーペンターズの美しさ】 昨日は二日分のブログを書くのに遅くまでかかり、その後...

Posted at 11/12/19

聖と俗の間の不思議な坂道

昨日。朝は寝坊してしまったが、さっぱりした目覚めだった。金曜日の夜はセブンイレブ...

Posted at 11/12/18

パラレルワールド/「手塚が描くと言ってるんだ!黙って待ってろ!」/ライフワーク

【パラレルワールド】 昨日。朝は信州。起きてからモーニングページを書き、しばらく...

Posted at 11/12/12

ダークエネルギー

遅くなったし眠いので一つだけ。 宇宙のダークエネルギー 「未知なる力」の謎を解く...

Posted at 11/12/11

今年の読書を振り返りながら上橋菜穂子『獣の奏者』の感想を書く

【今年の読書を振り返りながら上橋菜穂子『獣の奏者』の感想を書く】 上橋菜穂子『獣...

Posted at 11/12/08 Comment(4)»

落ち込んでいるときは今までのことを総括したりしない方がいい

昨日帰京。昨日は横浜に出かけて、深夜に帰宅。上京の日に人に会うのは、会うこと自体...

Posted at 11/12/05

上橋菜穂子『獣の奏者』を読む

【上橋菜穂子『獣の奏者』を読む】 自分のしていることが何であるのか知っているとい...

Posted at 11/12/02

内面を書くかキャラクターを書くか

【内面を書くかキャラクターを書くか】 11月も今日で終わり。朝からいろいろ仕事を...

Posted at 11/11/30

Cannonのプリンタを買う/ビームスの出してる雑誌「In The City」

なんかだいぶましになってきた。今朝起きたときにはすごく死んでたのだけど。昨日はま...

Posted at 11/11/27

忙しい時のカレー/日常生活の中にいる妖精さんを見つける/人間の不完全さをどう書くか/イメージファイル

【忙しいときのカレー】 なんだか忙しい。昨日母が転院して今日はその手続きなどもあ...

Posted at 11/11/26

葛城ミサトというキャラクター/小説を書くときの引き出し

【葛城ミサトというキャラクター】 忙しい。今日は起きるのが遅れて7時ごろ、母から...

Posted at 11/11/16

ボタンがうまくはまらない/志水アキ『ニート女と小学2年生』

【ボタンがうまくはまらない】 NEON GENESIS EVANGELION v...

Posted at 11/11/15

まどマギからエヴァンゲリオンへ/暗黒時代から楽園時代へ/青木俊直「くるみのき!」とか

【まどマギからエヴァンゲリオンへ/暗黒時代から楽園時代へ】 11月14日。昨日は...

Posted at 11/11/14

ジョブズと私は似ている。身勝手な部分は。

2011年というのはいろいろな意味ですごい年になってしまった。いろいろな人との出...

Posted at 11/11/09

ドラッグカルチャーとかスピリチュアリズムとか

日曜日に母が入院し、昨日は仕事が休みなので飛びまわっても支障はなかったが、今日は...

Posted at 11/11/08

私の思春期/私と思春期/執筆と準備と買い物

【私の思春期/私と思春期】 鈴木敏夫『ジブリの哲学』読了。面白かった。こういう作...

Posted at 11/11/04

「音楽産業に従事する人は、頭の中に1000曲持っていろ」

松本へ行ってからだを見てもらい、帰ってきたところ。ここのところの調子悪について聞...

Posted at 11/11/03

とにかく何かを書き始めよう/『なぜこんなに生きにくいのか』

とにかく何か書き始めよう。これはそういうゲームなんだ。 カンガルー日和 (講談社...

Posted at 11/11/02

「本当の自分」とか

【「本当の自分」とか】 昨日。朝から調子が悪くてうだうだする。午前中何とかブログ...

Posted at 11/11/01

イマジネーションの暴走/所属しないキャラクター

昨日。午前中にブログを書き、品川に出かける。メリディアンパシフィックホテルの跡地...

Posted at 11/10/31

美しさというものがいかに大事か

何か日常雑記という感じだけど、昨夜は6時半まで仕事をしてそのあと上京。特急の中で...

Posted at 11/10/30

ニューヨークタイムズの村上春樹インタビュー

ニューヨークタイムズの村上春樹インタビューが面白かった。主に「1Q84」の話が中...

Posted at 11/10/29

転換のパワー/制御できる力と出来ない力

【転換のパワー/制御できる力とできない力】 あんまり読みたい感じでもないし、書き...

Posted at 11/10/24

情景描写の力/行動的で裸族/諏訪と鎌倉

【情景描写の力】 毎日思考や執筆の資源を創作の方につぎ込んでいるためにブログの方...

Posted at 11/10/21

人を変えてしまう力

【人を変えてしまう力】 昨日。午前中はモーニングページを書いていろいろ考えたり。...

Posted at 11/10/18

アップル前の花束/たよるものなんてない/呉智英『つぎはぎ仏教入門』:苦行・イメージの力・知識人と大衆・上から目線

【アップル前の花束】 一昨日夜帰京。まっすぐ家に帰ったので10時前に家に着いた。...

Posted at 11/10/17

自分を救ってくれるもの/『2cellos』/古市憲寿『絶望の国の幸福な若者たち』

【自分を救ってくれるもの】 頭の中がまだ整理されたとはいかないが、からだの底の方...

Posted at 11/10/14

まあこんな風な生き方もいいんじゃないかと思うよ、みたいな感じで

【まあこんな風な生き方もいいんじゃないかと思うよ、みたいな感じで】 体調がいいの...

Posted at 11/10/11

人生とか生きるということとかのこと/「エンターテイメントを信じている」

【人生とか生きるということとかのこと】 今日はずっと小説に書く内容のことを考えて...

Posted at 11/10/10

自分が書きたいぎりぎりのもの/ザ・インタビューズに答えてみる/アウトドア般若心経/人が役者であるということ

【自分が書きたいぎりぎりのもの】 なかなか案がまとまらずに小説執筆にかかれない。...

Posted at 11/10/06

アイデア出しなど/「魔法少女まどか☆マギカ」コミック版」/作品と現実世界の関わり

【アイデア出しなど】 昨日帰郷。昨日は疲れていて仕事ももう一つだったのだが、今朝...

Posted at 11/10/05

プロテクトするものを探す/20代の自分に言いたいこと/人生は何が起こるかわからないから楽しい/ふみふみこ『女の穴』と漫画版『魔法少女まどか☆マギカ』

【プロテクトするものを探す】 昨日はプロテクションということを考えていていいのが...

Posted at 11/10/03

人間離れしたもの/プロテクション/あえて「がんばっている自分」を見せる意味

【人間離れしたもの】 昨日夜帰京。自分の中を寝る態勢に変換するのがあまりうまくい...

Posted at 11/10/02

山川賢一『成熟という檻 魔法少女まどか☆マギカ論』/沼田やすひろ『「面白い映画」と「つまらない映画」の見分け方』

【山川賢一『成熟という檻 魔法少女まどか☆マギカ論』/沼田やすひろ『「面白い映画...

Posted at 11/09/28

上野・本郷界隈/玉川重機「草子ブックガイド」/魔法少女まどか☆マギカ:誰かの作った世界で生きるということ

【上野・本郷界隈】 おととい夜帰京。11日ぶりの東京。信州はもうだいぶ寒くなって...

Posted at 11/09/26

草子ブックガイド:サメとしての読者/魔法少女まどか☆マギカ:完全な孤独と完全なつながり

【草子ブックガイド:サメとしての読者】 草子ブックガイド(1) (モーニングKC...

Posted at 11/09/22

ベストを尽くす/ベストを着る/『灘中 奇跡の国語教室』/『魔法少女まどか☆マギカ』2巻

【ベストを尽くす/ベストを着る】 朝方は雨は上がっていたのだけど、今は少し降って...

Posted at 11/09/21

腰痛物語/エッジをきかせる

 【腰痛物語】 今日は月曜日。最後の更新が木曜日だったので、金土日と三日間お休み...

Posted at 11/09/19

「ハサミを持ってるのはあんたじゃないんだ」

朝はしばらくブログも更新できないかも、とつぶやいたが、少し精神的にも余裕が出てき...

Posted at 11/09/15

部屋作りはまだまだこれから/捨てることの重要性と人生の進路を決めるひとつの考え方

【部屋作りはまだまだこれから】 昨日は一日中(でもないけど)部屋の片づけをして、...

Posted at 11/09/13

ローズクォーツの感触/片付けの魔法

【ローズクォーツの感触】 昨日。書類の片づけをしていたら友人から電話がかかってき...

Posted at 11/09/12

今日は先勝/洋服を片付ける/大社参拝

【今日は先勝】 昨日はものすごく忙しかったのだが、帰って机の上にあったメモを見た...

Posted at 11/09/09

言葉の届く先

【言葉の届く先】 ブレイブ・ストーリー (1)幽霊ビル (角川つばさ文庫 B ...

Posted at 11/09/06

宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー』読了/自分に出来ること

【宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー』読了】 ブレイブ・ストーリー (下) (角川...

Posted at 11/09/05

エゴイストの側面/究極のエゴイズム

何を書いて何を書かないほうがいいのかよくわからないのだが、昨日はわりとひどい目に...

Posted at 11/09/04

『ブレイブ・ストーリー』上巻読了/磯崎憲一郎の面白さは何だろう/磯崎作品と自分の作品

【「ブレイブ・ストーリー」上巻読了】 今日は朝からずっと雨。いろいろ気にかかるこ...

Posted at 11/09/03

スケジュール表に現れている「なりたい自分」と「今の自分」/五木寛之「不安の力」と「人生を深く味わいながら軽々と生きたい」私

【スケジュール表に現れている「なりたい自分」と「今の自分」】 ここのところもう一...

Posted at 11/09/02 Comment(2)»

片づけの魔法/魔導師が出てきた/滅びゆく者たちと勃興する者たち

近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法』(サンマーク出版、2011)を読んでいる...

Posted at 11/09/01

買ってみたらサンマークの本/期待されていることに気がつく/あれはなんだったのか、私に何を伝えたかったのか/iPhoneの保護シート/六曜

【買ってみたらサンマーク出版の本】 昨日帰郷。東京駅丸善でおとといに気になってい...

Posted at 11/08/31

神保町散歩/人への執着

昨日は早めに寝たので今朝は起床6時。割とすっきり起きられた。でもお風呂に入るのを...

Posted at 11/08/29

お前なんか所詮ニセモノだ

昨日上京。なんか妙にハイになっている。身体的にも精神的にも疲れているんだけど、こ...

Posted at 11/08/28

大人のおたく/人生初宮部みゆき/馬上槍試合は続く

【大人のおたく】 昨日は一気に短編を一つ書いたのでなんだか疲れが出た。今日は朝か...

Posted at 11/08/27

空白の一日/作家の役割

【空白の一日】 昨日。昨日は何というかちょうど空白になった一日だった。一昨日の疲...

Posted at 11/08/23

雨の朝/能力を磨くということ/私にとって「書くこと」の意味/ヤマザキマリ『地球恋愛』/青空文庫版『星の王子さま』

  【雨の朝】 今日は朝から雨が降っている。寝床の中でうとうとしているくらいの間...

Posted at 11/08/19

本当のことでなければイミがない/ネットの中に答えはない

どうも夏風邪を引いたらしく、鼻がつまったりのどが痛かったり何となくけだるかったり...

Posted at 11/08/12

五十嵐大介とか日高トモキチとか/帰るべき場所

【五十嵐大介とか日高トモキチとか】 そらトびタマシイ (アフタヌーンKCデラック...

Posted at 11/08/10

誰かが来るという脳内設定で部屋の中を片付けてみる/五十嵐大介『魔女』読了/年下の人たちが面白い

【誰かが来るという脳内設定で部屋の中を片付けてみる】 昨日。ロンドンから帰ってき...

Posted at 11/08/09

マンガばかり/とり・みき『とりったー』/みなもと太郎『風雲児たち』/駕籠真太郎:エログロナンセンスの奇想マンガ家/イリュージョンとファンタジー/子供をイノセントに描くということ/中庸という帰るべき場所

【マンガばかり】 今日は立秋。しかし日月しか東京にいない私にとっては、久しぶりの...

Posted at 11/08/08

歩くダビンチ/理系頭脳マッチョ的発想への違和感/きみのかわりはいない

【歩くダビンチ】 ロンドンにいる友達から手紙が来た。と思って封を開けたら入ってい...

Posted at 11/08/07

真っ当な人の書いた本を読む/五十嵐大介『SARU』

【真っ当な人の書いた本を読む】 厚い雲もあり、青い空もあり。よくわからない天気だ...

Posted at 11/08/06

人はなぜ失敗を面白く思い成功を退屈に感じるのか:畑村洋太郎『未曽有と想定外』

【人はなぜ失敗を面白く思い成功を退屈に感じるのか:畑村洋太郎『未曽有と想定外』】...

Posted at 11/08/05

丸の内SATND Tにて/五十嵐大介『海獣の子供』その2

【丸の内STAND Tにて】 昨夜、寝たのは多分2時半くらいなのだけど、今朝は6...

Posted at 11/08/02

伏線が物語に持たせる強度/五十嵐大介『海獣の子供』その1

【伏線が物語に持たせる強度】 8月になった。 昨夜は早めに寝て、今朝は起きたら8...

Posted at 11/08/01

心を澄ませて読まないといけないマンガ/セックスの場面を滑稽に描くということ

【心を澄ませて読まないといけないマンガ】 昨日は日付が変わるころにようやくブログ...

Posted at 11/07/31

豊崎由美『ニッポンの書評』/小説に何を求めるか

【豊崎由美『ニッポンの書評』】 先ほど帰京。今日は朝から忙しく、ブログを書く時間...

Posted at 11/07/30

今日は友引/畑村洋太郎『未曽有と想定外』/書評は何を目指すべきか

【今日は友引】 何となく涼しい日が続く。曇ったり雨が降ったり。昨日は10時まで仕...

Posted at 11/07/27

本音をぶつけ合える場所にいないと人間は成長しない、そして人間は成長が止まると人の幸せと自分の不幸を数えるようになる

【本音をぶつけ合える場所にいないと人間は成長しない、そして人間は成長が止まると人...

Posted at 11/07/25

ぶつかることを求める

【ぶつかることを求める】 今日は一日、自分自身のことについて考えていた気がする。...

Posted at 11/07/24

佐渡裕『僕が大人になったら』/ブエノスアイレスのミケランジェリ/春をつくりだす男

【佐渡裕『僕が大人になったら』】 僕が大人になったら (PHP文庫)佐渡裕PHP...

Posted at 11/07/20

友と飲む/なりたい自分になるためにお金とどう付き合うか/芥川賞受賞者なし:制度疲労か力不足か/シンプルな強さと清濁併せ呑む強さ

【友と飲む】 昨日。仕事の途中で友人から電話がかかって来て、仕事を終えたあと飲み...

Posted at 11/07/16 Comment(2)»

翼をもつこと――真木悠介『時間の比較社会学』/亀田潤一郎『稼ぐ人はなぜ長財布を使っているのか?』

【翼をもつこと――真木悠介『時間の比較社会学』】 昨日、10時まで仕事。昨日は早...

Posted at 11/07/15

弱冷房車を増やしてほしい/なりたい自分になるためには/才能ってなんだろう

【弱冷房車を増やしてほしい】 昨日帰郷。特急の中が寒くて死ぬかと思う。寒いのでじ...

Posted at 11/07/13

レディ・ガガと徹子の部屋/佐渡裕『僕はいかにして指揮者になったか』/「ライフ・キャン・ビー・ビューティフルや!」

【レディ・ガガと徹子の部屋】 ボーン・ディス・ウェイ (スペシャル・エディション...

Posted at 11/07/12

「やらなければならないこと」から「やりたいこと」に戻る/夢と才能/読んだ本とか目標とか

【「やらなければならないこと」から「やりたいこと」へ戻る】 しばらくやらなければ...

Posted at 11/07/11

信濃の国のブリューゲル/大相撲が帰ってきた/性交渉の描写/テキスト庵で起こったことについてまた考えてしまった

【信濃の国のブリューゲル】 今日は朝、実家のある地区の共用地の草刈りがあり、私は...

Posted at 11/07/10 Comment(4)»

いろんなことが起こっているが/河合隼雄の不思議な魅力/シンクロニシティと無意識

【いろんなことが起こっているが】 昨日。テキスト庵のことに関していろいろ考えてい...

Posted at 11/07/09

木田元『反哲学入門』/観念だけで考える後ろめたさと楽しさ/民主主義はなぜ正しいのか/数学的集合論と民主主義

【木田元『反哲学入門』】 昨日帰郷。特急の中はかなり冷え冷えで、このご時世にどう...

Posted at 11/07/06

新しいPCは静かだ/哲学は不幸な病気/能とは女の子の部屋で身の上話を聞くこと/ステージに立ち続けることを選んだ人たちへの憧れ

【新しいPCは静かだ】 昨日はなんだかんだと夜中までいろいろやってとりあえずネッ...

Posted at 11/07/04

サポセンという構造欠陥/懐かしビデオとSM入門/自己プロデュースとは自分を前に投げ出すこと

【サポセンという構造欠陥】 昨日帰京。PCが故障しているのをどうしようか考えてい...

Posted at 11/07/03

感動の大損/17歳の鉱脈/「やりたいこと」の罠/お洒落系+アート系

【感動の大損】 今日から7月。旧暦では今日は6月1日で、新旧同時に月が変わるとい...

Posted at 11/07/01

書きたいことの芯/アイデンティティって借り物くさい/型とスタイル

【書きたいことの芯】 朝からずっといろいろなことを考えていろいろなことを書いてい...

Posted at 11/06/30

どういう人間として生きるのか/高校教師をやってよかったこと/野田秀樹の『二十歳のころ』

【どういう人間として生きるのか】 新しい小説のネタを考えている。ここ数作のテーマ...

Posted at 11/06/29

PC故障/自分がどういう人間なのか/赤川次郎「作者の希望を主人公に投影したい」/体脂肪率/島田紳助『自己プロデュース力』:自分を知ること、方法を考えること、夢を持つこと

【PC故障】 昨日。夜いきなりPCの電源が入らなくなり、いろいろやってみたがよく...

Posted at 11/06/28

回復してきた気がする/あらすじとかたましいとかこころとか/人が生きるということは不自然なことなんじゃないか

【体調も頭の働きも回復してきた、気がする】 蒸し暑い。長野県も今日は夏という感じ...

Posted at 11/06/24

とりあえず吐き出す/予想通りにいかない/リラックスするのも活動のうち

【取りあえず吐き出す】 昨日このひと月書いていた小説を郵送し、朝は何となく何をし...

Posted at 11/06/23

とりあえずの終わり/人間の営為の根源としての数学・文学・哲学/事実からより思考から/らしいことよりしたいこと、似合うこと

【取りあえずの終わり】 今日は夏至。先月末から取り組んでいた小説をずっと修正して...

Posted at 11/06/22

人生を生きなおす/墓前に供える文章/長友佑都『日本男児』を読んだ:メジャーで闘う心構え

【人生を生き直す】 今朝は五時過ぎに起床。モーニングページを書きながら自分の中の...

Posted at 11/06/17

子どもの目線とプロの技術/客観的になりすぎない

【子どもの目線とプロの技術】 いやまあ、なんだかんだとやたらと忙しい。まあ一つの...

Posted at 11/06/15

ドアノー写真集『子どもたち』と反児ポ法/玉置勉強『彼女のひとりぐらし』の残念美女

【ロベール・ドアノー写真集「子どもたち」と反児ポ法】 どうも低気圧のせいか寝不足...

Posted at 11/06/14

左腕が…/服を着ることの楽しさ

【左腕が】 昨日、帰郷後10時まで仕事、夕食、入浴、就寝。今朝は6時前に起きモー...

Posted at 11/06/08

生活の根本/デトックスを仕事のスタートに直結させる/イメージの世界と体の歪み/インプットは午後に/小説を書くとはどういうことか

【生活の根本】 昨日。ずっと小説を書いていて、きりのいいところでやめて、ブログを...

Posted at 11/06/07

人間性の本質に触れること/同じ間違いを何度でもするタイプ/玄人っぽさに興ざめするわけ/胸元を大きく開けて

【人間性の本質に触れること】 昨日。ブログを書き終えてさあ日本橋にでも出かけよう...

Posted at 11/06/06

朝のしんとしたバロック/食虫植物/一度に全部見るのがもったいない

【朝のしんとしたバロック】 G. F. Handel: Duetti Amoro...

Posted at 11/06/04

物を知らない/パリはやはり魅力的/6月2日の政変不発

【物を知らない】 今日も雨。朝目が覚めたときはたまたま上がっていたので今日はもう...

Posted at 11/06/02

日本橋、京橋、銀座/恋愛的日常

【日本橋、京橋、銀座】 昨日。日本橋で昼食を取るつもりで出かける。風が強かった。...

Posted at 11/05/31

神保町で本探し/自分を癒そうとするより何かを作ったほうがいい

【神保町で本探し】 昨日。夕方出かけて神保町へ。雨が結構強く降っていたけど、傘を...

Posted at 11/05/30

「ねえダーリン」「なんだいハニー」/小説の正しさ/盛り上がってきた

【「ねえダーリン」「なんだいハニー」】 「いいんですいいんです私、全然構いません...

Posted at 11/05/28

歯車がかみ合わない/小説本/身体の歪み・身体の癖

【歯車がかみ合わない】 昨日帰郷。職場の方で用事があったので一本早い特急に乗る。...

Posted at 11/05/25

雨の月曜日/むしろ追いかけない方が誠実なのかもしれない/「感性」の「感」は「感謝」の「感」

【雨の月曜日】 昨日。少し気にかかることがあって出かけるに出かけられない感じがあ...

Posted at 11/05/24

目線を高く持つこと

【仕事の電話】 昨日帰京。特急の中で仕事の電話が入って対応に困る。職場の電話を私...

Posted at 11/05/22

ゆっくり急げ/それだけでは解釈できない何か/アートの不穏さ

【ゆっくり急げ】 今日は意識的にゆっくり過ごそうとしている。毎日やっていることを...

Posted at 11/05/20

お腹が空いていたから/バルテュスを読みながら

【お腹が空いていたから/バルテュスを読みながら】 昨日から今日にかけて、いろいろ...

Posted at 11/05/19

モーニングページとブログ/ひらめくことと書くことと小説を書くこと/絵とは東方の三博士がベツレヘムに向かって夜道を歩いているようなもの

【モーニングページとブログ】 毎朝モーニングページを書いている。これはその時に思...

Posted at 11/05/18

燻っていること/バラ園と無添加/題名は大事だ/楽しむ間口を広げておくこと

【燻っていること】 昨日。横浜にバラを見に出かけた。時間に遅れそうになったので久...

Posted at 11/05/17

堀江貴文の面白さを初めて理解した/小説に対する見方が変わった/必敗のゲームに挑む彼への憧れ

【堀江貴文の面白さを初めて理解した】 ブログを書こうとしてなんとなくウェブで自分...

Posted at 11/05/16

自分で迷信を作ってみる/ジョイス『ダブリナーズ』読了/「来世であいましょう」最終回/何を語るべきであり何を語るべきでないか

【自分で迷信を作ってみる】 土曜日というのは週の終わりで、一区切りつくことが多い...

Posted at 11/05/15 Comment(1)»

小林よしのり『新日本人に訊け!』:「自分のことがキライなワタシを好きになる人をワタシは好きになれそうにないので…」

昨日。いろいろなことを考えながらいろいろな本を読んで途中になったり読み切ったりし...

Posted at 11/05/14

書きたいことも書くための方法もその都度見つけなければならない

昨日の朝ラフスケッチをした短編小説を、今日は完成させようと思って書き始めたのだけ...

Posted at 11/05/12

先が見えなくても前に向かって進んでいればその先に答えが用意されてることもある

時間がないので短く。今日は町内会の出払い(どぶさらいとか共同作業)があるはずだっ...

Posted at 11/05/11

パリーグが面白い/本に対する情熱がよみがえってきた

今日は朝から泣き出しそうな空。気温は低くはないが半袖でいると寒い。でもズボンは面...

Posted at 11/05/10

写楽は誰だったんだ/ジョイスの読み方/表現は小説のどこにあるのか

昨日。寝たのは二時ごろになったが、昼間のうちは疲れが出てごろごろしている時間が長...

Posted at 11/05/09

小説について考えると言うこと

昨夜帰京。帰り地元の駅の文教堂により、ジェームズ・ジョイス(柳瀬尚紀訳)『ダブリ...

Posted at 11/05/08

あまり気にしなくてよかったらしい/『ききみみ図鑑』古風な魅力の作品集

昨日はここのところ心に引っ掛かっていた懸案が一つ、まああまり気にしないでいいとい...

Posted at 11/05/07

被災地で歌われている『アンパンマンのマーチ』のやなせたかしは「幸せな爺さん」というより「自称三流」の「人生の達人」

昨日はつかれてしまい、8時に仕事を終えた後、夕食を食べて入浴し、9時半には床に入...

Posted at 11/05/06

編集者から見た電子書籍化/上流階級が書いた小説/小路啓之『来世で会いましょう』

昨日帰郷。仕事の始まりが早いのでいつもより一本早い11時の特急に乗る。さすがに連...

Posted at 11/05/05

お茶漬けを食べる/電子書籍の未来は

時間がないので手短かに。あとでまた更新するかも。きのうは何をやってたんだろうなあ...

Posted at 11/05/04

四十代の結婚を男が書いたらどうなるか/「日本画を考える会」と「テクニックの希求」/アンパンマンのマーチとか18世紀のオーボエとか

昨日は深夜にブログを更新。まとめてたくさんのことを書いたのでなんだかばらけている...

Posted at 11/05/03

トラウマを乗り越えての40代での結婚/『日本画を考える会』/千駄木の往来堂書店とブックカフェ

連休とは言いながらいつもよりそう長く休みがあるわけではないのだけど、とりあえず一...

Posted at 11/05/02

腕時計がない/修験道だとか十牛図だとかで少し心が洗われる

昨日。休日なので仕事を8時で終わりにして帰宅。弟と両親の友人が来ていたので話をし...

Posted at 11/04/30

佐々木俊尚『電子書籍の衝撃』読了/この本を読んでいて気分が悪くなったわけ/日本の三大文化圏は「ヤンキーの世界」「おたくの世界」「エリートの世界」/私が小説を書く理由

佐々木俊尚『電子書籍の衝撃』読了。第3章、セルフパブリッシングの話は興味深い。a...

Posted at 11/04/29

知らないということに焦りを感じるわけ/3月に読んだ本、というかまともに読めてない

引き続いて三月に読んだ本。の前に生活記録を少々。 昨日は朝、スーパージャンプを買...

Posted at 11/04/28

二月に読んだ本について振り返っていたらいつの間にか自分の性格について考えていた

「今」の自分を知るために「今まで」の自分を振り返るという作業を続けているわけだけ...

Posted at 11/04/27

レターオープナー/佐々木俊尚『キュレーションの時代』に同じ時代を共に生きる時代の伴走者を感じた

昨日。いろいろやっていたら5時頃になっていて驚いた。まだまだ外は全然明るかったの...

Posted at 11/04/25

雨の中なんとなく車を走らせて/黄金の神聖さ/自民党と共産党に入れてみる

金曜日。仕事の前にツタヤでコミックリュウを探して買う。目当ては付録の鶴田謙二のス...

Posted at 11/04/24

メディアリテラシーという概念を疑え/「想定外」はどう想定されたのか/佐々木俊尚『キュレーションの時代』を読む

佐々木俊尚『キュレーションの時代』現在68/311ページ。面白い。この本の見返し...

Posted at 11/04/22 Comment(2)»

自分のあわわわなところとシンクロ/『風の谷のナウシカ』のオリジナリティ

昨日。午後一番に会計事務所に行って決算の打ち合わせなど。結局3時ころまでかかった...

Posted at 11/04/21

ぐずぐずした男の子の話/とり・みき『クレープを二度食えば』

昨日。調子が悪いまま、部屋の中の片付けに手をつける。特に居間の本棚に自分の好きな...

Posted at 11/04/19

物語の構造やパターン/『女の子のための現代アート入門』

新しい作品を書こうといろいろ構想を練っているのだけど、なかなか定まらない。物語が...

Posted at 11/04/15

今週の「とりぱん」/たましいの食べもの/生きかた・死にかた

自分も足りなくて、人も足りない。そういう時は本当にそれがなければ生きていけない人...

Posted at 11/04/14

大澤信亮『神的批評』読了

大澤信亮『神的批評』(新潮社、2010)読了。今ブログを検索して確かめてみたら、...

Posted at 11/04/11

思いを伝えること/『その揺れ』を経験したか否か/バロックから古楽へ/石原に投票しなかった理由/プリキュアとか魯山人とか/『上を向いて歩こう』考

今日は久しぶりに銀座に出かける。友人からメールをもらい、少し時間があるようだった...

Posted at 11/04/10 Comment(4)»

理想の女性像/バカだから威張るのではなく、威張っているからバカになるのだ

昨日。10時まで仕事。帰宅して夕食、母の活元運動の後ろにつき、入浴。何となくテレ...

Posted at 11/04/09

情報迷宮/定刻主義/理性と感性の相克/はやぶさと原発/荒川土手まで散歩

早いうちにブログを書いてしまおうとPCの前に座っているのだが、ついついツイッター...

Posted at 11/04/04

励まし疲れ

どうもなんだか調子が悪い。少し疲れ過ぎてるんだなと思う。気を張っているから、その...

Posted at 11/03/29

耐震化は難しい/小路啓之:手段としてのインモラル

一昨日夜帰京。地元の文教堂で『へうげもの』13巻を買う。帰ってきて『スタジオジブ...

Posted at 11/03/28

ジェームズ・ディーンがエリザベス・テーラーに告白したこと/私的所有権と自我の観念

ぼーっといろいろなことをかんがえたり。というより、やることが多くてまともに文章を...

Posted at 11/03/26

大地震/大澤信亮『神的批判』

今16時。先ほど東北を中心に東日本全体を揺らす大地震が発生。津波の被害も大きく、...

Posted at 11/03/11

毎日書くか書かないか/「世界観」を打ち破れ

毎日必ず更新するという事実上の縛りをなくしたらなかなか書かなくなってしまい、それ...

Posted at 11/03/06

宮沢賢治とか柄谷行人とか

先ほど上京。列車の中で大澤信亮『神的批評』を読んでいた。宮澤賢治のところは読み終...

Posted at 11/02/26

大澤信亮『神的批評』:宮澤賢治の過剰さ

今日は午前中松本に出かけ、体を見てもらう。いつも母と私で出かけ、私が先に見て貰っ...

Posted at 11/02/25

確定申告とか/本を読んだという充実感と、美味しいものを食べたという充実感/創作の源泉

昨日。ブログを書いたあと、用事をいくつか。昨年の確定申告の写しを探したが、ない。...

Posted at 11/02/22

佐々木中『切りとれ、あの祈る手を』読了

昨日帰京。特急の中と帰宅後とで、ずっと佐々木中『切りとれ、その祈る手を』を読んで...

Posted at 11/02/21

友の足音

夕方帰京。今日は郷里の近隣のお稲荷さんの初午祭があってお昼ころまで実家にいた。昨...

Posted at 11/02/20

ダメ男のキモさをこれでもかと突きつける/本を読むことは世界を変えること

昨日から佐々木中『切りとれ、その祈る手を』に熱中していて、ずっと読んでいる。構成...

Posted at 11/02/19

小物ぶりの面白さ/佐々木中『切りとれ、あの祈る手を』は個人的にすごく面白い/結んでしまった紐を一つ一つほどいていくような作業

昨日。色々懸案が片付いて、だいぶ気持ちが楽になった感じ。仕事は10時まで。帰宅し...

Posted at 11/02/18

この世界を愛するということ/日本の未来はそう悪くないかも/その後の雪捨て場

昨日帰郷。東京は5センチくらい積もったが、郷里の方では20センチほど積もったとい...

Posted at 11/02/16

ニューヨークの石岡瑛子/『最後の国民作家 宮崎駿』/etc.

昨日。午後友人と少し話をして、3時過ぎに出かけた。そのときは少し雨が降っていて、...

Posted at 11/02/15

現代美術というものは/何をしても生きていけるということ/『最後の国民作家』

土曜日。6時半まで仕事をし、7時前の特急で上京。東京では雪は全然降っていなくて助...

Posted at 11/02/14 Comment(2)»

ムバラク退陣を歓迎するオバマのいやな感じ/雪を捨てに三往復/ユーミンの曲の色彩

昨日。いんやあもう、一日中雪が降り続いた。これだけ降るのは今年初めてだし、これだ...

Posted at 11/02/12

芥川賞の選評/シャネル以前のココ

ブログに何を書くべきか、ということについて少し考えるようになった。結論は出ていな...

Posted at 11/02/10

中国語の飛び交う銀座/美の象徴として描かれた少女の先にあるもの

昨日。『バルテュスの優雅な生活』(新潮社とんぼの本、2005)と中村珍『羣青』上...

Posted at 11/02/08

自分自身の意外な動作/カミングアウト/セックスの彼方にある宗教性

結局私の場合、ブログの一番いい書き方は、定点観測ということなのかもしれない。つま...

Posted at 11/02/07

自分が心を置いているところ/差別と理解は同じだよ/34歳下の奥さん

けっこう自分のスタンスの根本的なところから考え直しているので、どうもブログを書く...

Posted at 11/02/06

『テルマエ・ロマエ』/『ピアノの森』/四谷シモン自伝

いろいろなことがあり、いろいろなことを考えていて、ブログにまだ書くような感じでは...

Posted at 11/02/05

お嫁に出すような気持ち/1月に読んで面白かった本、など

昨日帰郷。電車の中では朝吹真理子『流跡』を読んだり、ナンプレをしたり。でもかなり...

Posted at 11/02/02

やりたいことと食べること/「ドントクライ、ガール」/不協和音の解決

昨日。もう一つ調子が出ない。それは昨日ばかりのことでもないのだけど。お昼頃友人か...

Posted at 11/02/01

バベルの塔の内側/ザワークラウト/区別のなさが、心地いい

昨日。母の誕生会をするということで下の妹の住んでいる浦和の方へ。乗り換え案内で調...

Posted at 11/01/31

自我を抑える/狭い道での行き違い/フラグ通りの展開

昨日はやたらと忙しかった。よる10時を過ぎてから仕事の電話をしたりして。帰ってか...

Posted at 11/01/29

実家の地デジ化/朝吹真理子『きことわ』のすごさ

朝、水道は凍らなかった。モーニングページを書いて、職場に出てごみ捨てなど。自宅に...

Posted at 11/01/28 Trackback(1)»

週刊ダイヤモンドFaceBook特集とか『きことわ』とか

昨日帰郷。帰りの特急の中では朝吹真理子『きことわ』と東京駅の丸善で買った『週刊ダ...

Posted at 11/01/26 Comment(2)»

子ども時代という聖域/エロ漫画という純粋な世界

昨日。昨日は更新が遅かった(日付が変わっていた)ので、だいぶ昨日のブログに書いた...

Posted at 11/01/25

横浜元町/内田樹教授最終講義ほか

今日は久しぶりに新しい小説が書き出せて、午前中はそれを進めていた。今まで書いたこ...

Posted at 11/01/24

吉田戦車の絵本とか

昨夜帰京。ここの所疲れているというか、意気の上がらないときが多く、どうしたものか...

Posted at 11/01/23

異界から持ち帰ったもの/ショッピングモールの思想

昨日は仕事10時まで。なんだか疲れた。帰宅して夕食、母に愉気して入浴、自室に戻っ...

Posted at 11/01/22

悩みグセと悪循環/構想力の雄大さに救われる

昨日。10時まで仕事、帰宅して夕食、入浴してから母に愉気、自室に戻って山岸涼子『...

Posted at 11/01/21

物理的な環境/松尾スズキ原作すぎむらしんいち作画「老人賭博」がモーニングで連載開始

昨日。仕事はわりとゆっくりペース。新しい仕事が一つ入って、それが終ったらあとはゆ...

Posted at 11/01/20

○○ちゃんと遊ばないで/高野文子『黄色い本』/上野顕太郎『さよならもいわずに』

昨日帰郷。出かけるぎりぎりの時間までブログを書いたり、作品のアイディアを考えたり...

Posted at 11/01/19

『失楽園』:人間はいつから罪深いか/近藤喜文と高野文子『棒がいっぽん』と私

昨日。いろいろごちゃごちゃ考えながら、夕方まで相撲を見ていた。大体5時ごろになる...

Posted at 11/01/17

近藤史恵『サクリファイス』/山岸凉子『甕のぞきの色』と『白眼子』

昨日帰京。昨日は仕事は大体暇だった。6時半まで仕事をし、7時前の特急で上京。車中...

Posted at 11/01/16

隣組の組長/近藤史恵『サクリファイス』

昨日。午前中にズボンの直しを取りに行ったついでに書店に行き、近藤史恵『サクリファ...

Posted at 11/01/15 Comment(3)»

軽い落ち込みで休息をとる/負け組と社会変化/倫理志向とスポーツもの

昨日。朝からずっと調子が上がらず、午前中は新しい作品のプランを考えていたがあまり...

Posted at 11/01/14 Comment(2)»

諌山創『進撃の巨人』を読んだ:気高さと苛立ち、日本と周辺諸大国

昨日帰郷。色々とやることが多く、出かけるのも少し遅くなったが途中でパンを買い郵便...

Posted at 11/01/12

『ノルウェイの森』読了(1/8に書いたもの)

ちょっと時期を外してしまったのだけど、1月8日の朝に書いた『ノルウェイの森』の感...

Posted at 11/01/11

kinko'sを使ってみた/フランク・チキンズ/『残念な人の思考法』

昨日。二日酔いが残っていたのかちょっと調子が悪かったのだが、お昼頃友人から電話が...

Posted at 11/01/11

湯島天神から日本橋へ/『ノルウェイの森』と柴門ふみ

昨日。午後湯島天神に出かけて初詣。自分の文筆が世に出るように応援してください、と...

Posted at 11/01/10

重要度を下げた方が大切なものになることもある/『ノルウェイの森』と中島みゆき

昨夜帰京。一昨日の夜は1時半まで『ノルウェイの森』を読んでて読了し、朝は興奮状態...

Posted at 11/01/09

村上春樹『ノルウェイの森』読了

朝書いたブログの記事をUSBメモリに入れて別の場所に持ってきて先ほど更新しようと...

Posted at 11/01/08

村上春樹は私にとってはあまりにメッセージ性の強い作家だ

昨日は夜10時まで仕事。帰ってきて夕食、母に愉気、入浴、就寝。だいぶ冷えていた。...

Posted at 11/01/07 Comment(2)»

政局マニア/『ノルウェイの森』第4章まで

今朝は母が7時過ぎの特急で東京の病院に行くと言うので早く起きて送ることにしたのだ...

Posted at 11/01/06

村上春樹『ノルウェイの森』を読む/「午後の最後の芝生」/2011年がはじまった

昨日帰郷。午後から仕事があったのでいつもより早い特急に乗る。いつもは新宿12時な...

Posted at 11/01/05 Comment(2)»

こうの史代『平凡倶楽部』/大河原遁『王様の仕立て屋』/みなもと太郎『風雲児たち 幕末編』

1日から2日にかけて、昨年末に片付けてなかったことを片付け、用意してなかったこと...

Posted at 11/01/03

水嶋ヒロ『KAGEROU』を読んだ。/サプライズの年賀状

お正月というのは年に何度もないまとめて休む時期なので、普段とはどうもペースが変わ...

Posted at 11/01/02

2010年私の見たもの読んだもの(まとめ)

2010年、平成22年。今年はいろいろ得るものが多い年だった。見たもの、読んだも...

Posted at 10/12/30 Comment(4)»

今年読んで面白かった本(9~12月編)

30日。今日は午前中から雪が降り出した。今車は屋根のない駐車場に止めているので、...

Posted at 10/12/30

今年読んで面白かった本(7・8月編)

昨日。午前中は松本に出かけ、操法を受ける。行きは高速で岡谷から塩尻北まで乗ったが...

Posted at 10/12/29

今年読んで面白かった本(5・6月編)

昨日。『ノルウェイの森』の余韻を確かめながら、まあ実際にはあまり何もしなかった。...

Posted at 10/12/28

今年読んで面白かった本(3・4月編)

今年読んで面白かった本の続き。3・4月編。 2月頃から創作の関心が批評から小説に...

Posted at 10/12/27

今年読んで面白かった本(1・2月編)

今日は今年最後の日曜日。ネットを見ていてもテレビを見ていても、「まとめ」に入った...

Posted at 10/12/26

眼球痙攣/それに耐えよ

今日は冬至。雨が降っている。上がったと思ったら降り出し、8時半現在、また降ってき...

Posted at 10/12/22

男が好きな女の最大公約数の好みと、女が好きな男の最大公約数の好み/核兵器という「血の通った」兵器/私はやれているか

昨日。前の日からのもやもやがなかなか取れず。作品がうまく進まないときはいつでもそ...

Posted at 10/12/21

『江口寿史のお蔵出し夜用スーパー』/『このマンガがすごい!2011』

頭の中が賑やかだ。というか、最近いつも忙しいなと思っていて、頭をからっぽにする時...

Posted at 10/12/15

東京都青少年健全育成条例改正案委員会可決について思うこと/自分と現実との接点を探してさまよった日々(笑)

昨日。ここのところやることが多くて、いろいろなことが中途半端になって困る。本と、...

Posted at 10/12/14

「本屋さんに聞きました。」/「女装少年」について考えてみる/市川春子『虫と歌』

一昨日から昨日はどうも普段のペースが狂ってしまって、普段のルーチンを少し変えてみ...

Posted at 10/12/13

「生きていたいに決まっているじゃないですか」

今日も朝からずっと小説を書いていたのだが、今日は資源ごみの日なので6時半ごろ職場...

Posted at 10/12/09

書きたいことを書きたいように書くことは大変だ/中崎タツヤ『もたない男』

時間というものはいくらあっても全然足りない、と毎日思う。時間があるときに企画した...

Posted at 10/12/07

村上隆『芸術闘争論』

どうも昨日の疲れが残っていて、頭がすっきりしない感じがある。というより、頭だけで...

Posted at 10/12/06

子どもの本質はつまらない大人になってしまうという悲劇性にある/父の命日/村上隆が嫌われる理由

養老孟司・宮崎駿『虫眼とアニ眼』読了。面白かった。特に後半、『千と千尋の神隠し』...

Posted at 10/12/04

養老孟司・宮崎駿『虫眼とアニ眼』とか

午前中松本に出かけ、からだを見てもらう。頭の休ませ方が下手で、それが胃に来ている...

Posted at 10/12/03

未知の快楽//何事にも先達はあらまほしきかな

昨日帰郷。シギサワカヤをもう少し読みたいなと思ったのだが、『誰にも言えない』の初...

Posted at 10/12/01

グリーン車で横浜へ/女は受身だ、という神話

昨日。昼頃『天空の城ラピュタ』を返しに行く。『スカイクロラ』のBDと『千と千尋の...

Posted at 10/11/30

『海月姫』/始めるには力が必要、終わらせるには技が必要。

昨日。10時まで仕事。帰宅して夕食、母に愉気してから入浴、就寝。昨日で一通り小説...

Posted at 10/11/27

やれば同じ/元気の出る作品

昨日。いつもの特急で帰郷。乗る前に東京駅の丸善で柊あおい『バロン 猫の男爵』(徳...

Posted at 10/11/24

自分の中にある書くためのものさし/私が信じられるもの、私が信じられないもの

今日も朝からモーニングページを書いた後、小説をずっと書いていた。自分でも思いがけ...

Posted at 10/11/15

純正律パイプオルガン/自分の内側でほのかに輝いている光/『燃えるスカートの少女』

ああ、ブログの更新が遅くなった。 昨日からあることについてずっと考えていて、朝は...

Posted at 10/11/14

内田樹他『現代霊性論』/清武英利『こんな言葉で叱られたい』/アサミ・マート『クロノス・ジョウンターの伝説』

今朝も朝から小説を書く。前の日までに書いた内容を直して、新しい内容を30枚弱。次...

Posted at 10/11/10

お仕置きの工夫/ほんわかさせる才能

昨日帰郷。出がけに丸の内丸善でミヒャエル・エンデ『自由の牢獄』(岩波現代文庫、2...

Posted at 10/11/03

『魔女の宅急便』のDVDを買った/その考えが物語を支える力を持つかどうか

『魔女の宅急便』、DVDを買うことにした。amazonで買ってもいいのだけど、明...

Posted at 10/11/02

落ち込み/宮崎駿『魔女の宅急便』と荒井由美『ルージュの伝言』

午後10時。ようやくブログを書こうという気分になってきた。今日はほんと久しぶりに...

Posted at 10/10/31

村上春樹『若い読者のための短編小説案内』

午前9時。台風が来ている。気圧はかなり低いんだろう。からだがだるい。雨がやや強く...

Posted at 10/10/30

家のお稲荷さんの御柱/レディ・ガガの緊縛写真

今朝あった予定がなくなったのと明日は天気が悪そうなので、急遽今朝、家の庭(という...

Posted at 10/10/29

荒木経惟『いい顔してる人』:妊婦と赤ちゃんの親子ヌード

今朝は昨日ほどは冷え込まなかった。でも風が強くて、職場の不燃物を処理しに行くのに...

Posted at 10/10/28

指定席と自由席の雰囲気の違い/人の心には魔が差すということはある/『ロミジュリ』と『タイタニック』

昨日。父の一周忌の法要の準備の関係で帰郷途中に新宿の伊勢丹に立ち寄る。帰郷の乗り...

Posted at 10/10/27

『ハウルの動く城』/『タイタニック』/『セックスなんか興味ない』/イマジネーションを馬鹿にしてはいけない

なんだかんだ言って、結局『ハウルの動く城』を見た。 ハウルの動く城 [DVD]ブ...

Posted at 10/10/26

今、ものづくりの何が問題か/『ナウシカ』の胸はなぜ大きいのか

昨日。午前中松本に出かけて、帰ってきてブログを書き、昼食。午後、一休みしてから図...

Posted at 10/10/20

『エヴァンゲリオン』と地下鉄サリン事件後のあの時代/支配と自由

昨日。仕事は10時まで。忙しかった。終わる前に母から電話が入り、調子が悪いと言う...

Posted at 10/10/16

クルミを拾う/若手としての宮崎駿/森博嗣『小説家という職業』/モチーフ

だいぶ秋も深まってきて、空気が乾燥しているのを感じる。何かをしながら、水分がほし...

Posted at 10/10/13

『生きて死ぬ智慧』/ジブリ映画をはじめて観た。作品は『もののけ姫』に決めていた。

昨日は帰宅後山岸涼子『押し入れ』などを読んだり考えごとをしていたらふと既に『ダヴ...

Posted at 10/10/11

サン=サーンス『オルガン付き』とかポー『黒猫』とかサンデル『正義』とか

今日は午前中松本に出かけからだを見てもらう。少しおなかの調子を調整してもらった感...

Posted at 10/10/06

子どものときに読んだ話にめぐり合う/『正義の話』と小林よしのり、そして村上春樹/大切なもの

昨日。何とかブログを書いて、と言っても書き終わったのは7時前になっていたが、とに...

Posted at 10/10/05

『ハーバード白熱教室』と相撲協会の問題の本質

マイケル・サンデル『これから正義の話をしよう』を読んでいる。現在260/348ペ...

Posted at 10/10/04 Comment(2)»

M・サンデル『これから「正義」の話をしよう』を読む:徴兵制と代理出産をめぐって

昨日。仕事の終わり際に対処の難しい問題が出てきて、それを考えていても頭の中がまと...

Posted at 10/10/02

カミュ『異邦人』とサンデル『これから正義の話をしよう』と永井豪『ハレンチ学園』

だんだん晴れて来た。久しぶりに青空。いい天気になれば、少しは暖かくなるだろうか。...

Posted at 10/10/01

アルベール・カミュ『異邦人』/映画を「読み解く」ということ

昨日帰京。昨日は地元の駅からの帰りがけ、ツタヤで『気狂いピエロ』と『大人はわかっ...

Posted at 10/09/26 Comment(4)»

人が旅に出て探し求めるものは本当はいつも自分自身かもしれない

昨夜から強い雨が降り、今朝は雷も鳴って今日はどうなることかと思っていたが、先ほど...

Posted at 10/09/23 Comment(2)»

売れているものを避けてきたわけ/貴族のお嬢さんの書いた文章/ツイッターのトラブル

昨日おととい、少し無理をし過ぎたせいで今朝は疲れが出ている。少しインプットのしす...

Posted at 10/09/22

「本の面白さ」ってなんだろう/『勝手にしやがれ』のかっこよさ/『STAR WARS』がこんなにシンプルで爽やかな作品だったとは

昨日は午前中に友人から電話がかかってきて、ずいぶん長電話した。いろいろ話したんだ...

Posted at 10/09/21

メンター/『おっぱいとトラクター』/DVDレコーダー

昨日。午前中は所用で在信州。ちょうど「小宮の御柱」の日。諏訪の御柱というと春の諏...

Posted at 10/09/20 Comment(2)»

梅田望夫・飯吉透『ウェブで学ぶ』を読んで考えたこと/今なぜ「正義」が求められているのか

今日は都合によりまだ信州にいる。多分、午後そんなに遅くない時間に上京することにな...

Posted at 10/09/19

熱い人/梅田望夫・飯吉透『ウェブで学ぶ』/荻野進介『サバイバル副業術』

今朝の信州は18度くらいまで下がり、普通の布団をかけていても涼しいくらいに感じた...

Posted at 10/09/15

「気持ちよい散歩」考/サティとパハマン/荻野進介『サバイバル副業術』

昨日は朝から二日酔いで午前中は体調を整えるのに苦労した。午後になってブログを書い...

Posted at 10/09/14

夜中のピアノ/谷啓のインテリジェンス

昨日上京。体感としては、だいぶ涼しくなってきた気がする。先週までは東京にいるとき...

Posted at 10/09/12 Trackback(1)»

リンパ節/オースター/コンピュータと人間の文化の違い

涼しい時間が長くなってきた。私は火曜から土曜まで昼から信州にいるということもあっ...

Posted at 10/09/11

慣れというもの

静かな朝だ。今朝は用事が二つあったので6時45分ごろ車で出かけたのだが、一つだけ...

Posted at 10/09/10

落ち着いてじっくりやると、いいことがある/書くことによって満ちて来るのを待つ

台風一過。再び青空が戻ってきた。昨日は一日中雨か曇りだったけど、今日はお昼前から...

Posted at 10/09/09

久しぶりの雨/新しい面白さが認められるまで/私はデカルトを笑うことはできない

久しぶりに雨が降った。夜中に降ることは信州では時々あったけれども、日が出る時間以...

Posted at 10/09/08

「小沢首相」と「小沢後」/橋本治のすごさ/人類が滅びた後の空の青さ

民主党の代表選が熱を帯びている。私は小沢一郎という人が、自分の選挙にこんなに一生...

Posted at 10/09/07

釣りと祭と社会問題/妄想大国日本はクールか/「太陽の季節」はいつまで続く

昨日は「釣り」と作家の才能、というような話を書いたが、社会問題の告発、というのも...

Posted at 10/09/06

ネット上の「釣り」と作家の才能/いま自分がどこにいるのか

レベッカ・ブラウン『若かった日々』読了。最後の方の数編は内面心理の動きみたいな感...

Posted at 10/09/05

SとかMとか(Lとかも)/生きた芸術/渇き

洋服のサイズについて、いつも迷う。洋服と言っても私はそんなに買うわけでもない。気...

Posted at 10/09/03

塩野七生のタイプの男/「音楽なしに生きていくことは出来ない」

一昨日買ってきた塩野七生『ローマ人の物語』、いま40巻の94/143ページ。今ま...

Posted at 10/08/31

人が死んでいくプロセス/塩野七生『キリストの勝利』/文章のハードル

土曜日にレベッカ・ブラウン『家庭の医学』を読了した。すぐに感想を書かなかったせい...

Posted at 10/08/30

夏は終わらない/抗がん剤の副作用/死刑場公開/村上春樹「貧乏な叔母さんの話」

いつもの年ならこの時期は「夏を惜しむ」という感じになっているのに、今年ばかりは全...

Posted at 10/08/28 Comment(2)»

いい気なもんだね/世の中を面白がりすぎ

レベッカ・ブラウン『家庭の医学』(朝日文庫、2006)を読み始めた。今、レベッカ...

Posted at 10/08/27 Comment(3)»

独占欲の地獄/「なんで私の言う通りにするのよ!」/システムに乗るか乗らないか

レベッカ・ブラウン『私たちがやったこと』の「アニー」まで読了。ここまでで、「結婚...

Posted at 10/08/26

全編ヤニくさい短編

朝のうちは涼しくて、夜も窓を閉めて寝られるくらいまで気温は下がるのだけど、午後に...

Posted at 10/08/25

「私以外みんなすごい人たちばかり」/侮れないエロ本屋

すずらん堂で買った大原由軌子『京都ゲイタン物語』(文藝春秋、2009)が面白く、...

Posted at 10/08/24

洗いあがった洗濯物はひんやりと湿っている/生きのびるのは愛かいのちか

ブログを書こうと思って書きあぐねていて、マインスイーパを何度も失敗しながら洗濯物...

Posted at 10/08/23 Comment(4)»

つらい「希望」/「昔書きたかったこと」は、今はもう書けない/「雑に暮らす」ことのマイナス

冷房の効いた和菓子屋の喫茶室で、抹茶パフェ一つを食べきるのは、私には無理らしい。...

Posted at 10/08/22

車検/HIVが「ゲイの病気」だったころ

代車は青のスターレットだった。スターレットに乗るなんて久しぶりだ。10年以上前、...

Posted at 10/08/20

若い日に父が読んでいた本/才能の秘密/断念と決意/報酬不足と非寛容

今日は午前中にブログを更新すればよかったのだけど、結局飛び入りでいろいろやること...

Posted at 10/08/18

35年前の国語の教科書に熱中する/イノセンスの爆発と洗練志向のアンバランス

ひょんなところから中学時代の国語の教科書が3年分出てきて、昨日、その内容を読み返...

Posted at 10/08/12

赤染晶子『乙女の密告』を読んだ

今朝は何というか、どうも精神的な調子があまり