英字新聞を読むのに必要な動詞/「人は心の通わない機械ではない」

Posted at 21/06/15

昨日は一日雨が降ったり止んだり。時に強く降る時もあり、松本に出かけようかどうか迷っていたのだが、結局やめにした。必要なものなどをB6ノートにリストアップし、ToDoリストをノートの裏側から書いて、夕方になってからインター近くのロードサイド店舗群に出かけた。

ニトリに行ってソファ用のクッションと整理用のかごを買い、エディオンに行ってアニメ録画用のBD-REを買い、隣のイオンで米などを買って、帰りに平安堂に寄って本を物色した。特に買うつもりもなく本を見ていたのだけど、普段は時間がない中で目的のものを買いに行くという感じになるが、昨日は割とじっくり色々見ていたので、案外面白いなと思う本も目についたのだなと思う。結局、以前Twitterで見た北村一真「英語の読み方 ニュース、SNSから小説まで」(中公新書、2021)を買った。


 

北村さんは英語教育改革の「四技能」について殊更に異議を唱えることはしないが、よく「読めるのに聞けない、書けない、話せない」と言われる日本人の英語について、本当にそうだろうかという。ネイティブの英語話者ならば1分間に200語読めるところを、実際の日本人はどれくらいで読めるかというと半分程度だろうという。

実際のニュースキャスターの喋る速度は英字新聞クラスの英語を1分間に150語〜200語のスピードで話すといい、読むのに追いつかないのに聞くのに追いつくことを考えるのはあまり意味がない、という主張はなるほどそうだなあと思った。

私自身、かなり練習していた時期は自分が知っている分野の話なら1分間200語くらいで読めたけれども、今はどうだろうか。特に知らない分野の話を読むのは結局辞書を弾いたりググったりしなければならないわけで、とても時間がかかる。まずは英字新聞クラスの英語を1分間200語くらいの速度を目標に読めるようにするということは意味はあるだろうと思った。

また、立ち読みした時にパラパラ読んだけれども、英字新聞は見出しを短くするために我々から見るとへえと思うような単語、特に動詞を使うというのはなるほどなあと思った。日本の新聞ももちろんそういう傾向はあるわけで、子どもの頃は知らない四字熟語などを新聞で見つけてよく辞書を引いたものだったなと思う。また略語もよく使われるが、有名なのでいうとベトナム戦争の時の「米軍による北ベトナム爆撃」を「北爆」と略した例などがある。

英語の動詞で言えばbanが禁止する、airが放送する、などはわかるがeyeが検討する、hikeが増大するなどというのはちょっとわからなかった。しかし、英字新聞の見出しにはこういう語がよく使われるというのがまとめられている表を見ると、なるほどこういう単語を意識して覚えていくと新聞は読みやすくなるのだなということがわかった。

結局見出しを見てもよくわからないので本文を読む、みたいなパターンはよくあったので、そういうものだと思って読めばかなり読みやすくなるように思った。

帰ってきてから本棚の整理を続けていたら、桜井章一「流れをつかむ技術」(インターナショナル新書、2017)が出てきたので少し読んだ。私は櫻井さんの本は好きで昔は結構買って読んでいたのだが、最近はあまり読む機会がなかったのだが、昨日読んだところにこういう下りがあった。

流れをつかむ技術 (インターナショナル新書)
桜井 章一
集英社インターナショナル
2017-06-07

 

「人は「心の通わない機械」ではない。だが、合理主義・効率主義を徹底しすぎると、人は他人のことを「もの」のように扱ってしまう。他人をもの扱いすれば当然、自分も同じように他人から扱われる。現代がストレス社会と言われる原因の一つに、この「人をもの扱いしてしまう」ことが挙げられるだろう。」

これは以前は当たり前のことが書いてあると思い、特に注意を払わなかったのだけど、最近になってみると新自由主義・ネオリベラリズムの問題点をこれほどはっきりと書いている言葉はないし、ネット上で起こるいざこざの多くも「人を人として扱っていない」ことに起因するものが多いわけで、こういういわば「当たり前のこと」を気を付けていかなければいけないのだよなと改めて思った。



書類整理

Posted at 21/06/14

日常雑記です。

今日は雨が降ったり止んだり。体調もメンタルも上がったり下がったり、とはいえ基本的にはローテンションで推移している。なかなか何をやろうとしてもうまく手につかず、集中して何かをやるという気にもならず、どこかに出かけるというのも気勢を削がれる感じがあって、ノリが悪い。

とりあえず少しは部屋の中を片付けた、というか積んであったマンガの単行本をとにかく本棚に押し込むくらいはできたのだが、まだ積んである本や書類はたくさんあって、なんとかしたいものだなと思う。

毎年決まった仕事があるお中元配りとかそういう書類がすぐどこかに埋もれてしまうのですぐにサッと出せるように整理をしたいのだが、なかなかそういうことをうまくできないタチで、必要な書類を探すのにいつも手間がかかってしまう。直感的に出てくるように整理しておかないといけないと思うのだけど、書類の整理に関してはそれが難しい。こういうのは子供の頃から学校からもらってくるプリントの整理とかをちゃんとする習慣をつけておけばよかったなと思ったり。ああいうの、綺麗にできている子は本当に綺麗にできている。

今のところ未決箱・既決箱的な箱にそれぞれ分類しておくのが一番いい気がしているのだけど、箱のままでは嵩張りすぎるしすぐにいっぱいになってしまう。年度ごとにちゃんと分けるとかができればいいのだけど、書類の形も大きさもまちまちなので考えているうちに頭がパンクしてしまうという感じだ。

まあそれでも少しは片付くと直前に比べると遥かに落ち着いた気持ちになれる。もう少し頻繁に整理を図った方がいいなと思う。

「進撃の巨人」とはどういう物語だったのか

Posted at 21/06/11

※以下の記述は全34巻における内容を前提としたものなので、いわゆるネタバレを嫌う方は作品をお読みになってから読んでください。




「進撃の巨人」が完結した。最終話が掲載された別冊マガジンが発売されたのが4月9日、そして最終巻34巻が発売されたのが6月9日。最終話の後にもいくつかの議論があり、それもあってか最終巻には始祖ユミルとミカサの会話、というかミカサが一方的にユミルに語りかけるだけだが、それでも「起こらなかった過去」が描かれているのはユミルからの返答でもあるのだろう、と最終コマの後に4ページが追加されて、より物語の主題の考察がしやすいような構成になっていた。

つまりはこの物語は、人間を巨人にする奇妙な生命体と合体した始祖ユミルが、暴虐の最愛の王・フリッツへの愛のために、王を「愛ゆえに守って」死に、世界を破壊し支配し続ける、つまりそういう「愛の呪い」が2000年間解くことができず、そして2000年後に「暴虐の」最愛の恋人・エレンを「愛ゆえに殺す」ことのできたミカサによってその「愛の呪い」が解かれた、という物語であったわけだ。

つまり、第1話のサブタイトル、「二千年後の君へ」の「君」とは、ミカサのことだったのだ。

現実には「愛のために」始祖ユミルは王を守って死に、あろうことか王は娘たちにユミルの死体を食わせることによってその巨人化する能力を継承させ、さらに「九つの巨人」が世界を支配する道具としてエルディア帝国を繁栄させ、そしてそれに絶望した「壁の中の初代王」がパラディ島に引きこもって束の間の繁栄を享受するが、巨人化能力を支配することを可能にしたかつての敵国マーレによってパラディが滅ぼされようとする、というところから「進撃の巨人」の物語は語られ始めたわけである。

しかし、単行本で挿入された始祖ユミルとミカサとの「会話」の中で、ユミルは王を守ることなく娘たちを守り、そして王は暗殺者の槍によって息絶えている。つまり、「巨人の物語」そのものが起こらなかった、消滅した話になった、というわけである。

しかし、これは平行世界の物語ではないので、たとえ物語の起源が消滅しても、「すでに起こったこと」は無くならない。ただ、巨人の存在が世界から消滅しただけである。

34巻の長大な物語の中で、話が二つに分かれるのは22巻のラスト、エレンたち調査兵団が初めて「海を見る」場面で、それまでの物語は「人類対巨人」の戦いの物語だった。そしてその巨人の謎の大要がエレンの父・グリシャの手記によって明らかにされたことで、23巻からはマーレ編、つまり「パラディ島対世界」の戦いの物語が始まる。前半では「人類の希望」であったエレンが、後半では「世界の敵」になる。

しかしこれは、巨人が世界にもたらした災厄を終わらせ、またパラディ島が世界によって滅ぼされないようにするためにエレンと始祖ユミルが展開していく物語でもあった。エレンは「地鳴らし」を発動することで、世界を踏み潰していく。それは「パラディ島を守るため」であることが宣言される。しかしアルミンやミカサ、ハンジたちは世界を守るためにエレンを止めようとする。

しかし容易なことでは地鳴らしは止まらず、シャーディスやマガト、ハンジたちが英雄的な死を遂げる中でアルミンたちの追跡は続き、ついにミカサによってエレンが殺されることで地鳴らしは止み、巨人は消滅するわけだが、この時にすでに人類の8割は踏み潰されていた。

この「人類の8割の死滅」が論議になったわけだが、つまりはエレンとユミルの「戦略」は、パラディ島が滅ぼされず、人類もまた滅びないためには、パラディ島出身のアルミンたちが英雄的な行動でエレンおよび地鳴らしを止めることが必要だ、ということであり、そして巨人の能力が消えた丸腰の世界の中でパラディ島が生き延びるためには、「勢力の均衡」が必要であるという厳然たる事実があって、そのためには人類の8割の死滅が条件になった、ということになるわけだ。

そしてその和平に説得力を持たせるためにはアルミンたちに「世界を救った英雄」という地位を与えることが必要であり、そのために彼らに「自由」を与えた、ということになる。

だから、愛と呪いと憎しみと暴力が生み出した「巨人の力に支配された世界」を終わらせるだけでなく、世界に「平和」をもたらすためには「愛ゆえに暴虐の恋人を殺すことができたミカサ」の存在と、「世界を守るために仲間とですら戦い、そしてその説得力を持って理性と話合い、そして友情の力によって世界に平和をもたらすことができる力を持ったアルミン」の存在が必要だったわけである。

流れの中で、しかし自らの意思を持ってパラディ島の女王になったヒストリアからの手紙で戦いは終わらないかもしれない、「それでもエレンはこの世界を私たちに託すことを選んだ。今私たちが生きている巨人のいない世界を」と語り、アルミンが「戦いは無くならないよ。でも散々殺し合ったもの同士がなぜパラディ島に現れ平和を訴えるのか」その物語を伝えることで、戦いを終わらせよう、と語る。「エレンを止めるために」フリッツやダズらを殺さざるを得なかったが、逆にパラディを滅ぼしにきたライナーやガビたちと共に命をかけて戦った。それがあってこその友情でもあるわけである。

連載ではその結末が語られないままになっていたが、単行本で追加されたコマの中ではその後のパラディ島の発展が暗示され、その中でミカサが平和に年老いて死ぬ描写があって、彼らの試みは成功したように見える。しかしすぐ次のコマで同じ場面が戦争に巻き込まれ、瓦礫に帰す場面が描かれて、「例え巨人がいなくなっても戦争は無くならない」ということが示される。

しかしエレンの眠る「昼寝の木」はその後もそびえていき、遥か未来に犬と共に訪れた少年が見たその木には、巨大なうろがある。このウロは、始祖ユミルが逃げ込んで、巨人の力を持つことになったあの生命体が潜んでいた巨大な穴とそっくりである。人類は再び、戦争だけでなく巨人の力に呪われることになるのか。というところで全編が幕となる。

「物語の奴隷」という言葉があるが、主人公エレンは物語を進めるために自由に行動できないという束縛があると、作者の諫山さんが発言しているのを読んだことがあるが、ここまで読み進めてくるとミカサやアルミンもまた、ある意味物語の奴隷であったことがわかる。しかし、エレンがどういう人間かがアニメで梶裕貴さんの声が当てられることによってつかめた、と語っていたけれども、他の主人公たちも物語の中でどんどん自由になっていってそのキャラクターでしかできない行動を取るようになる。

中でも最も感動したのは「どうしてもエレンを殺せない」ミカサが、エレンを殺すことを決める場面で、エレンが見せた夢の中でエレンと逃亡したミカサに、エレンが「俺が死んだらマフラーを捨ててくれ。俺のことを忘れて自由になってくれ」と言われて、現実のミカサが「ごめん。できない」とマフラーを巻き直し、エレンを殺すことを決意して迷いなくエレンの首を切り、そして首だけになったエレンの唇にキスをする場面だ。こんなに愛しているのに自分のことを忘れてくれと言ったエレンの首を切り、そしてキスをする。こんな残酷な愛があるだろうか。

この場面に至る長大な物語であったとも言えるし、愛と欲望と呪いに満ちた世界から理性と合理の世界を作るための英雄譚であったとも言えるし、しかしまたその理性の世界も所詮は一時的なものであり、世界はまた太古の静かな自然の闘争の世界に戻るかもしれない。

人類の8割を殺す物語、というのはポリコレ的な人々に好まれる物語ではないが、人類はもともとポリコレ的な存在ではないので、むしろ根源的なポリコレ批判であるとさえ言えなくもない。しかしこの物語はそんな矮小なものではなくて、語られるべき人類が直面し苦悩し行動してきた多くの物語、多くの主題が無尽蔵に内包された、偉大な物語の一つなのだと思う。




「古代日本の官僚」/「思考の教室」/「横槍メンゴときどきヨリ」

Posted at 21/06/10

なかなかブログを書く暇がないのだけど、今読んでいるのは虎尾達哉「古代日本の官僚」を中心に。これを読むと、古代日本国家のイメージがかなり変わると思う。官僚といえば出退勤に厳しく、職務に精励するというイメージがあるが、中国から輸入された律令制の建前はともかく、現実はとてもそんなものではなかったという話。我々はどうしても近現代の官僚制のイメージでこういうものを見るけど、古代日本というのは全然そういう社会ではなかったというのがわかって面白い。


 

「思考の教室」は、我々はいかに騙されやすいか、という話なのだけど、この辺はちょっとじっくり読まないといけない感じなので、どうもちょっと忙しい時には難しいかなという感じ。時間ができたら読み進めたい。

思考の教室
戸田山 和久
NHK出版
2020-10-28

 

Amazonで注文していたのが「横槍メンゴときどきヨリ」(スクエアエニックス、2017)。横槍メンゴさんは以前から知ってはいたしときどき作品を見てはいたけど、買うようになったのは「推しの子」からなのでごく最近。Twitterを読んでいるといろいろな情報も入ってくるので、音楽関係の方では「ヨリ」の名で活動していたことを知り、そういう本はないかと探してみたら見つかったのがこの本。まだあまりちゃんと読んでないけど、メンゴさん独自の世界が展開しているように感じた。


 

というわけでとりあえずは読んだもののメモ。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

author:kous37
sex:male


電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2021年06月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday