先祖からの呼び声/近世・近代の遺跡

Posted at 20/07/09

今朝は久々に朝に雨があまり降っていなかったのでちょっと遠くまで行こうと思って、20号を坂室トンネルを抜けて諏訪南インターに曲がるところにあるローソンまでドライブした。やはりこう言う山や谷の方に入っていくルートは気持ちが良くて、自然にいろいろなことを考えるのだが、諏訪地域の小学校を全部回って地域の様子をみたいとか神社を一つ一つ回ってみたいとか中世城郭を確認して回りたいとかそう言う悉皆調査的な発想がどうしても出てくるのでまあ自分はもともとそう言うタイプなんだなとは思った。昨日「諏訪の神さまが気になるの」を読んでいて、自分の母方の先祖が諏訪の大祝家に連なる可能性があると言うことに気づき、また父方の先祖が近世大名諏訪家の家臣の家系に連なるのではないかとかそう言うことを思っていると、この地域に関心を持つのもそう言う先祖からの呼び声的なものもあるのかもしれないとか思ったりした。

地元のセブンでヤンジャンとボスのカフェオレを買い、富士見のローソンで街カフェのコーヒーを注文したら、自分でやるようになって手へえっと思った。東京で裏のローソンに行くと店員さんが入れてくれていたから、この辺は変わったのか地域によって違うのか、と思った。

そうそう、諏訪はもともと諏訪大社(中世では諏訪明神というべきだが)の神領が多い土地柄だが、もちろんそれなりに寺もあり、近世からのものが多いのは幕府の宗教政策としてわかるとして、古代・中世からの(と言われている)ものもあるので、その辺の兼ね合いとかも知りたいなとかも思ったのだった。

諏訪は古くからの史料はかなり刊行されているのだけど、やはりできれば古文書の解読もできた方がいいとは思う。とか、考え出すとキリがない。

東京にいても結構神社を回ったりするのだけど、住んでいる砂町あたりは江戸時代の干拓地だということもあり、近世・近代関係のものがほとんどなのだが、東京大空襲で死んだ荷場たちを供養するための馬頭観音とか、結構くるものがあったりする。近世・近代の遺跡もひっそりと、訪れるものたちにだけ歴史を語っているのだよね。

友だちと話をするなら/東京で行きたいところ

Posted at 20/07/08

雨が激しい。九州から今は岐阜県あたりに大雨の地域が移ってきたようだ。どうぞ皆様ご安全に。

とはいえ、溜まった仕事を今日片付けなければならないものがかなりあり、早めにやっておけばいいのにということはあるのだけど、まあなかなかそうもいかなかったので仕方ない、なんとか片付けましょう。

今朝はマガジンを買ってきてついでに車を走らせようと思ったのだが雨が強目になってきたので途中でコースを変え、市内を飯島から中洲の方に抜けて新六斗橋から帰ってきた。それでも普段は通らない道なので、いろいろわかって面白かった。

友だちとどんな話をしたいだろう、どんな話ができる友達がいるといいと思うか、などを考えていたのだけど、このところ自分が詳しくなったことがあるとすれば諏訪の地域の歴史とか昔の様子とかなので、古い集落を通る道とかそういうことを話してみたいなという気はする。

あとは、Twitterで「HUNTER X HUNTER」の話題が出たのでキメラアント編のイカルゴの登場の辺りを読み直していたのだけど、やはり面白いなと思った。ただ、私はイカルゴあたりのことよりメルエムとコムギのくだりを読むといつも涙腺がやばい。この辺りのところ、イカルゴとキルアのくだりもそうだがメレオレンとゴンが共闘することを決めるところとか、どこも面白くて、マンガの一つの極北だなといつも思う。23巻が出たのが2005年なので15年前になるが、いつ読んでもわくわくする。

こちら、諏訪のほうに引きこもったのが3月の終わりだから、もう3ヶ月以上。一度だけ弾丸で東京の自宅に戻ったが、サービスエリアとガソリンスタンドとコンビニしか行ってないので「東京」というものをほとんど味わってはいない。

もし東京に戻れたらどこに行きたいか、と考えてみると、一番行きたいのは神保町かなと思う。古本屋を何軒か周り、三省堂や東京堂、書泉グランデなどの大きな書店をまわり、ディスクユニオンで良さそうなLPやCDを見て文房堂の喫茶室でお茶をする。あの空間も今はどんな風になってるのかなとか、ちょっと考える。

あとは銀座。山野楽器と教文館書店を回って教文館のカフェでお茶をして木村屋でパンを、松屋の地下で何かおいしいものを買って帰る。日本橋と大手町の丸善も。電車自体に全然乗ってないな。

車に乗らないでどこにでも行けるのが東京のいいところなわけだけど、今は逆に車で行くには行きにくい場所が多くて、弱点は強みに、強みは弱点に変わるのだなと思う。

特定定額給付金、まだ入金されていないが、江東区のサイトを見ると処理に4〜5週間かかっていて、さらに振込後入金まで5日かかるということで、まあそれならまだ入ってなくても不思議はないなと思った。待ちましょう。

一度雨が止んできたのだが、また降り出した。

友だちとどんな話をすると楽しいか

Posted at 20/07/07

友だちとどんな話をしたいか、みたいなことを考えていて、そう言えば自分は相手がどういう人かを考えて話題を振るなあと思った。この話をしたい、というのがどこか強くくあるかというと、どうだろう。

一番好きなのは、何を見てどう感じたか、という話だろうな。これを見て自分はこう思った、そうか、自分はこうだな。とかの話が一番面白いと思う。話をしていく中で相手に自分がいいと思ったポイントが伝わった時も嬉しいし、相手の言いたいことが理解できた時もすごく何かを得たような感じがする。

つまり、この世界はぼうっとして過ごせばあまりにつまらないところなのだけど、面白さを見つけながら生きれば実に面白いところだということなんだろうな。

感受性は人それぞれ違うし、ものすごく自分に近い人であっても違うところは違う。本当に近い人と話していてほんのわずかな違いのところでこう思う、というのを聞いたときに、まさにそれが新しい感動ポイントとして自分が獲得できる、という感じは強くある。また、全然違う人と話をしてなぜそうなのか、と掘り下げていって自分が納得できる、何か新しく見えたポイントみたいなものを獲得できた時もとても感動的だ。そういうことがあると一日中感動していたりする。

対象はなんでもいい。マンガでも、小説でも、そのほかの本でも、テレビでも、映画でも、政治状況でも、国際状況でもなんでも。ほかの人の近況でもいいし、お互いの近況でもいい。話題が共有できればできるほど楽しいが、一つの狭い話題について異様に深掘りするのも面白い。

大人になって、学生時代の友達とも遠くなり、職場もやめて職場の友達とも遠くなって、今ではネット、特にTwitterやインスタで話をすることが中心となり、時々はFacebookで昔の友達とやりとりする、という感じになっているけれども、やはり文字だけでは伝えきれないニュアンスのようなものがある。そこにこのコロナ禍だからより厳しくなっているわけだけど、関心が近い人と一つの対象について話をしあうということは会話として一番楽しいものだなと考えてみて思った。

小池百合子都知事の再選

Posted at 20/07/06

都知事選は、小池百合子知事の圧勝で終わった。その理由はいくつかあると思うけど、まずは今この状況で知事を交代させるだけの理由があると多くの人が考えなかったことにあるだろう。いろいろと問題はあるだろうけど、小池知事はコロナ対策に前向きで、経済的な問題を含め解決しなければいけないという姿勢を見せているし、コロナ患者受け入れ病院への配慮も示している。つまり、総じて大きな失点がない。オリンピックを諦めるまではいろいろとブレていたような感じがするが、こういう危機になるとこの人は強いように思う。なんでもできる状況の時は奇抜なことを言い出して周りを困らせたりする印象はあるが。

前回鳥越俊太郎氏が立候補したために出馬断念を余儀なくされた宇都宮弁護士は、今回に捲土重来を期していたはずだが、得票数は8年前の立候補を下回った。前回に比べれば邪魔も少なかったはずなのだが、立憲民主党をはじめ彼の周りに集まった人たちが足を引っ張った印象がある。物議を醸したN国の立花氏や都政で消費税廃止のムーブメントを起こすことを図った山本氏も、すでに清新な印象が失われていたし、この危機の時に都政をまかすには不安がありすぎる感じだっただろう。その点小池氏は大臣も歴任し、政府の首脳とも対等に話せるキャリアを持っている。この時期の都知事はそうたやすい仕事ではないはずだが、むしろ小池氏クラスの人を知事に据えられるというのは悪いことではないという面もあるように思う。

私は「女帝」という本は読んでいないが小池氏について色々な話があることは多少は知っているし、「希望の党」事件の「排除します」発言のネガティブなインパクトもあったけれども、今回の「密です。密です。密です。」もそうだが結局はこの人が言うからインパクトを持ってしまうと言うところがあり、排除発言の強烈なネガティブなインパクトもこの人ならではだと思われる面もある。もともと取り扱い注意の最終兵器みたいな人なんだろうと思う。

正直、オリンピックなどを任せたらどうなるのか不安要素はあるのだが、少なくともコロナ対策に関しては割合無難に対処できるのではないかと思う。まずはこの危機を乗り切ることが先決だし、その点において都民の選択はそう間違ってはいないと思う。

私はいろいろ事情があって帰京することを控えているので、選挙期間に東京に帰れなかったから、期日前投票を含め投票することができなかったけど、今回はおそらく予想どおりの展開になると思われたので、まあいいかと思っていた面はある。

とにかく目の前のことを一つ一つ乗り切っていくしかないのだろうと思う。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2020年07月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday