凄い勢いでマンガを買っている

Posted at 17/11/21

思うところはいろいろあるのだけど、全然ブログを書けてないのが実情。文章そのものも、毎日モーニングページは書いているのだけど、なかなか稔りのある感じにならない。

とはいえ、なるべく早めにウェブに文章を書くことのスタンスを定めて、しっかりしたものを書けるようにしていきたいと思ってはいる。

このところすごい勢いでマンガを買っているのだけど、その感想くらい書けばいいと思うのだけど、書く時間がないのと書く前に次のものを読んでしまうのとでなかなか書けてない。マンガブログの方も実は書いてないときの方が読んでる感じもあり、それもどうかなとも思う。

とりあえずは、買ったもの、読んだものをリストにしておこうと思う。新しい順で。

11月20日に買ったもの。

デンキ ―科學処やなぎや―
鶴田 謙二
復刊ドットコム
2017-10-28



鶴田謙二『デンキ科學処ヤナギヤ』(復刊ドットコム)。これは絵本、というか紙芝居、というか。少し前の作品だけど、鶴田謙二さんの絵を味わえる。
弐瓶勉『新装版 シドニアの騎士』3巻(講談社)全7巻で大型(B5)版、アフタヌーン連載時のカラーページを完全収録とのこと。嬉しい。
鶴田謙二『冒険エレキテ島』2巻。これも何年かにわたって飛び飛びで掲載されたものが収められたもの。
中村光『ブラックナイトパレード』1巻。これは2巻が出ているのを店頭で見て単行本になっていることに気がついた。昨日はじめて作者の中村光さんが「聖☆おにいさん」を描いている人だということを知った。
市川春子『宝石の国』1~3巻。この作品はアニメから入った。アニメの方も話がだいぶ進行してきたので、そろそろ原作を読んでもいいかなと思い、アニメの進行に合わせて3巻途中まで読んだ。アニメでは語られていない設定とかの情報もあり、理解が深まる感じ。私はキラキラしたものが好きなので、アニメの色遣いの鮮やかさが嬉しい。原作は色がついてないので姿かたちを見ただけでは宝石たちの区別がつけにくいことも多いが、それはそれでよさがあるなと思う。

雑誌は週刊少年ジャンプとヤングマガジン。ジャンプは古舘春一「ハイキュー!」、ヤンマガはハロルド作石「7人のシェイクスピア」がよかった。というかヤンマガを買ってるのは「7人のシェイクスピア」が目当てなのだけど。

あと、店頭にあっても昨日は買わなかったものも何冊かあるのでそれはまた。

とりあえず今日はこんなところで。

憂鬱な感じ

Posted at 17/10/25

10月25日(水)

今日も雨。台風がさった後、晴れたのは少しの間でまた雨。湿気が多い。いつもの年ならもう秋晴れが続く頃ではないだろうか。普段の秋のつもりでパンをテーブルの上に出していたら、小さな黴が生えていた。なかなか「いつもの調子」が出ない感じ。不思議な年だ。

月曜日、台風一過の日に歌舞伎座で「マハーバーラタ」を見て、それから何か自分の中がうまくまとまらない感じが残っている。いつもの選挙の後だともう少し情勢について色々考えたりするのだが、今回はこれもまた普段の選挙と違い、変な感じであったのでどう考えたらいいのか自体を考えている感じだ。

自分の中で今の状態に納得できない、なんだか憂鬱な感じがあるのだけど、それは自分自身の状態もあるのだが、世の中全体のなんだか憂鬱な感じというのが反映している部分もあるのではないかと感じている。

憂鬱な感じ

Posted at 17/10/25

10月25日(水)

今日も雨。台風がさった後、晴れたのは少しの間でまた雨。湿気が多い。いつもの年ならもう秋晴れが続く頃ではないだろうか。普段の秋のつもりでパンをテーブルの上に出していたら、小さな黴が生えていた。なかなか「いつもの調子」が出ない感じ。不思議な年だ。

月曜日、台風一過の日に歌舞伎座で「マハーバーラタ」を見て、それから何か自分の中がうまくまとまらない感じが残っている。いつもの選挙の後だともう少し情勢について色々考えたりするのだが、今回はこれもまた普段の選挙と違い、変な感じであったのでどう考えたらいいのか自体を考えている感じだ。

自分の中で今の状態に納得できない、なんだか憂鬱な感じがあるのだけど、それは自分自身の状態もあるのだが、世の中全体のなんだか憂鬱な感じというのが反映している部分もあるのではないかと感じている。

科学の発展と神の領域

Posted at 17/10/17

自分が科学について物心がついてから、どの分野も急速に進歩していることは確かなのだけど、物理学や化学についてはあまり感じないのだが、生物学や天文学の進歩は驚異的だと感じている。多分それは、前者が根本的に窮理学であるのに対し、後者が根本的には博物学であるからだろうと思う。

天文学も生物学も根本的には博物学であるから、観測・観察が第一で、その手段が長足の進歩を遂げたことでその分野が大発展しているということが大きい。特に天文学は宇宙空間に観測機械を発出することによって地上からでは感知できない多くのことを知ることができるようになったことは全く画期的なことだと思う。少年の頃に天文学に憧れた身からすると、やっとけばよかったなあと思うがそれも後の祭りなので今は少しでも成果を知ることで楽しみたいと思っている。

また特に生物学に関しては、観察だけでなく理論の発展によって様々な生命現象が科学的なスタイルで記述できるようになって来ていて、遺伝情報や細胞分化、脳などについてはここ数十年で信じられないような発展を遂げている。

しかし基本的に博物学であるということは、帰納的に現象を記述することが第一なわけで、天文学がいくら発展したところで太陽フレアを止めることはできないし、予測も根本的には難しく、対策をとることくらいしかできない。そういう意味では博物学的な分野は地震の予知もできないし、生命を無から作り出すこともできない。

それとは別のことだが、物理学や化学は根本的には窮理学だったったが、技術の発展によってそれを裏付ける分野が付け足され、発展して来ているとは言える。蒸気機関や内燃機関の発展と熱力学は切っても切れないだろうし、電気技術の発展があったから電磁気学が発展したという面は否定できないだろう。また化学の発展は薬学や新素材の開発と切っても切れないわけだし、窮理学だけでなく工学への応用ができるという面では演繹的な部分が強い。

ただ、それだけに物理学は原子核反応という人類を滅ぼしかねない技術を手に入れ、化学もまた人類を死滅させかねない強力な毒物を開発する手段を生み出した。演繹的な科学技術というのは諸刃の剣であることは間違いない。

天文学や地学は今の所、強力な演繹的な手段を手に入れてはいないから太陽系を組織替えするような事業に手を出す神をも恐れぬ所業を行う力はないわけだけど、生物学は生命は作り出せなくてもクローンや幹細胞の技術によって材料さえあれば類似品を作り出すところまで可能になりつつある。フランケンシュタインのような存在も、技術によって作り出すことが可能にならないとは言えないだろう。

そのような神の領域に手を出すことが多くの人間にとって禁忌に感じられるのは、神が作ったこの世界を人間の手で変革することが恐れ多いというだけでなく、人間という存在の不完全さを感じる人にとっては破滅への序章のように感じられるということもあるだろう。

私の場合は、この人間という存在も、生物という存在も、現在ある形のこの世界が、神によって、ないしは自然現象によって滅ぼされるならある意味仕方がないと思うけれども、人間の手によって滅びるのは理不尽な気がする、ということが大きいのだと思う。

ただそれも、人間中心主義的な考えの人の中には、人間は自らの運命を自らの手に握るべきであって、それで滅びるなら仕方がない、という人もいるかもしれない。ただどちらにしろ、現在人間が手にしているプロメテウスの火は世界を焼き尽くしかねないほど大きなものになりつつあることは確かで、それがいつか人類を滅ぼすことになる可能性はゼロではない、ということは理解しておくべきことなのだと思う。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:54
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday