暑中見舞い/サブカルとか鬼畜系とか

Posted at 21/07/19

梅雨が明けて、この数日急に暑くなってしまった。もう夕方、6時近いというのに31度もある。当地は朝夕は涼しいのだが、このところ最低気温が22度くらいある日が時々あって、そうなると流石に寝苦しい。

いただいたお中元に少しお返しなど送ろうとしてお菓子屋さんに行ったら東京はオリンピックで配達が遅くなるかもとのこと。まあいろいろ仕方ないんだろう。

そのことを書いて暑中見舞い葉書を出そうとしたら今年からくじ付きのはなくなったということで単なるデザイン葉書を買ったのだが、これも本局にはなくて小さい郵便局で聞いたら十枚だけ残っていたので買った。結構出す人いるんだな。

小山田圭吾さんの件について、Twitterではいろいろ書いていて、でもnoteにまとめるのもなんだなと思い、そのままにしてある。いろいろ考えることはあるのだけど、私自身がサブカルとか鬼畜系とか渋谷系というものを今までよく分かってなかったので、それについてあまりコメントするのはちょっと難しい感じがした。本当に同時代を生きていたのに別バージョンの世界を生きてきた感じだ。

ただ、実際に触れていた若い人たちとかが、何かおかしい感じがしたり、またオウム真理教とかにどうしてあんなに惹かれる人たちがいるのかと不思議だったことが、「サブカル=ワルければワルイほど、過激であれば過激であるほどかっこいいという価値観」みたいな図式で考えるとああそういうことだったのかと自分の中でのあの時代の印象が収まるということはあるなと思った。本当に変な時代だと思っていたし、なぜあんなことになっていたのかとすごく疑問のみが強かったのだけど、そういう人たちがいたわけだな。

自分はそういうものは大体一見してお断りだったので全然深入りしなかったし、まともな人間なら深入りしないだろうくらいに軽く考えていたのだなと思う。でも今思い出してみると、実際には周りにはかなりズブズブな人が多くいたんだなということに今更ながら思い当たったりする。

個人の幸福としてはそういうものに触れずに済んでよかったのだろうと思うのだけど、実際のところ時代と文化を認識するという点においてはかなり欠落があると自分でも思っていて、それが何なのかよくわからなかった。フリッパーズギターの曲を2015年くらいになってとり・みきさんのマンガを読んで買ったり、エヴァンゲリオン(旧)なんかもかなり後になってから見てみたりして「あの時代」を理解しようとしていたのだけど、いまいちよくわからないイメージだった。今回のことでかなり腑に落ちた部分が多い。

実際オウム真理教にハマった人たちは我々の世代が多く、「オウム世代」と呼ばれたりした(バブル世代でもあった)が、この90年代前半に一番アイデンティティを置く世代はなんと呼ばれるべきなのだろうか。オタクやサブカルやヤンキーや上澄みエリートや実際のところ一つの言葉では言えないと思うけど、一つの世代としては存在するように思う。「渋谷系世代」とか「バブル崩壊世代」とかなんだろうか。

まあ何もことを荒立てることもないので世代論にすることはないのだけど、恐らくは今回の件でようやく「あの時代」がちゃんと終わることができそうな感じになってるんだろうなと思った。

週刊漫画Timesを読んでいる。

Posted at 21/07/16

週刊漫画Timesを読んでいる。


 

この雑誌を読み始めたのは、青木幸子「茶柱倶楽部」を横浜の有隣堂書店の地下で見かけて買ってみて、面白いから連載でも読んでみようと思ったのがきっかけなので、多分2014年ごろから読んでいると思う。その間にもだいぶ連載陣は変わったのだが、二つ続いているのが石井さだよし・星野茂樹「解体屋ゲン」と梶川卓郎「信長のシェフ」だ。宇治谷順・向後次雄「なみだ坂診療所」も長期連載だったが先日終わってしまったので、二つだけになっている。

解体屋ゲン 82巻
星野 茂樹
電書バト
2021-07-01

 

「解体屋ゲン」は元々爆破解体漫画(どういうジャンルだ)だったのだが、最近は日本の建築業界の問題点をリアルタイムに指摘し提案する感じの作品が多かったのだけど、先週今週と本来の爆破解体の「現在」みたいな感じになっていて、これも面白いなと思った。

ガズリング 1巻 (芳文社コミックス)
才谷ウメタロウ
芳文社
2014-08-29



読み始めた当時に面白いと思い単行本も買っていたのが才谷ウメタロウ「ガズリング」で、これは女子高校生バドミントン漫画だったのだが、才谷さんはこの作品の終了後は消防の話を経て「本日のバーガー」と食べ物漫画に行き、現在は同じジャンルで「パスタの流儀」を連載している。絵柄的に若い女子が主人公の漫画を描く人だと思っていたが、男が主人公の方が話に芯が通る感じもあり、どういう作家がどういう作品に向いているかというのはなかなか一筋縄ではいかないなあと思っている。

なみだ坂診療所 完全版22巻
向後次雄
Benjanet
2021-07-22

 

宇治谷順さんはアダルトな方面の作品を描いていた後藤圭介さんの作画で「第三内科外来の魔女」の連載を始めたが、これは「なみだ坂」の後継作品という感じだろうか。向後さんの絵柄と全く違うので最初は同じ原作者だと思わなかったのだけど、主人公の女医のタイプはある意味共通しているので、ああそういうことかと今週読んでいて納得した。

第三内科とは総合診療のことなんだな。前作が診療所の女医という何でも見るタイプの医師の話だったように、今回もいろいろな患者が訪れる話になるのだろうなと思う。


 

長い間単行本も買って読んでた作品としては板場広志「社畜と少女の1800日」があったのだが終わってしまったので、連載陣で今単行本を買っているのは村田椰融「妻、小学生になる」とusi「ブラック芸能事務所ですが何か?」の2作品だ。読み始めたきっかけの「茶柱倶楽部」もそうだけど、若者向けの作品でもなくアダルトな作品でもないあまり感情の起伏を伴わないで読める作品が多いのが安心感がある。

「進撃の巨人」や「【推しの子】」で感情をかき乱されたり色々考えさせられたりするのもいいが、こういう落ち着いた作品をゆっくり読むのもまたいい。

1600年の日本の人口はどれくらいか/「悟り」や「神秘体験」との付き合い方

Posted at 21/07/15

昨日はあまり大きな夕立はなく、割と落ち着いた空だった。今朝も雨を心配していたが、ほとんど降らずに済んだ。

ここのところどうも低潮期という感じで何もしてない、何もできない感じなのに少し動くとすぐ疲れるという感じになっている。まあこういう時はあまり無理をしないで過ごすのが良いのだが、しないといけないことも忘れがちでその辺も困る。

日本の人口の歴史的推移について、江戸時代中期に約3000万人いたことは享保時代の調査でわかっているのだが、速水融は1600年の人口を1200万人と推計しているが、今読んでいる「中世は核家族だったのか」によれば1700万人とされている。これは著者の西谷さんが共著者である「岩波講座 日本経済の歴史」の見解でもあり、この辺りは江戸時代前期の大開墾時代の人口増をどう評価するかという問題ともに、戦国時代の領国支配体制によってどれだけ人口増がもたらされ、戦乱によってどれだけ民衆が死んだかという評価の問題が出てくるのだなと思った。最近の説では1200万人という方が強いようだけど、敢えて1700万人説をとっていることについては、ちょっと読んでみないとと思った。

「レンマ学」を読み、それに関連して中沢新一さんのWikipediaの表記等を読んでいて、神秘体験の絶対化がもたらしかねない反社会性・反人間性の問題について少し考えた。

これはインチキ左翼やインチキエコロジストの問題とかと通じるものがあるようにも思うが、つまりは神秘体験が自我にもたらす特権意識みたいなものがあるという問題なのだと思う。自分の自我を特別視・絶対視させ増長させるという問題。これは禅においては野狐禅の問題として一般化されている。

神秘体験とか悟り体験というものは個人にとっては大事なものだしそれを大事にするのはいいのだが、基本的にそれは心の中に起こった現象なので、それは「そういうもの」だと考える冷静さと謙虚さがないと道を踏み外しかねないという問題がある。作家とか学者とかにありがちな自己の霊感の絶対視みたいなのも結局同じ現象なんだろうと思う。

ただ、アルキメデスが難問を解いてユリイカと叫んで風呂から飛び出したように一瞬有頂天になるのも人間として微笑ましくはある。しかし、悟りの世界・神秘体験の世界では、ブッダのように悟りを開いてもそこから天魔との戦いや自己の悟りへの確信に至るまではまだ長い道があるのが一般なわけで、そこで道を踏み外してしまうのは枚挙にいとまがない。結局は凡人ということになるのかもしれないが、その害悪は人類史に残るほどのものがあるようにも思う。

また、安全な世界で開いた悟りというものが乱世でどれだけ通用するかと言えば痛々しいことになってしまう例もまた歴史は事欠かない。

だから大事なことは、「悟りを開く」「神秘体験をする」というのがゴールではなく、そこからが「人生」の始まりなのだ、ということなのだと思う。その体験を自分のものにして大事にするのもいいし、人に伝えようとして努力したり、また世の中を変えようと頑張るのもまた人生なんだろうと思う。ブッダでさえ、まずは菩提樹下でその悟りを愉しんだ。

禅の悟りを表現した十牛図でも第九「返本還源」から第十「入鄽垂手」のように、それを経験した人間として世の中で生きる、ということに意味があると考えるべきだろう。つまり、本当に難しいのはそこから、ということになる。

わかったようなことをいう人たちは世に多いし、自分もそう言う側に回りたいと言う思いを持つ人もまた多いだろう。ただそれらの言説・教説が本当に世の中を良くしているかというと首を捻ることも多い。掴んだ内容の正しさと言う問題もあるが、それをどう使うかと言うのもまた問題になるわけで、仏教的に言えばそれは方便(あるいは手段)という問題になるだろう。

学んで思わざればすなわち暗く、思いて学ばざればすなわち危うしと孔子が言うように、思想とそれを持っての現実世界への対応の問題は終わりのない問題であって、いつまでも問い続け、答え続けなければならない問題なんだろう。

そして繰り返しになるが、そういう心的世界に起こったことは起こったこととして冷静に捉え、また謙虚にそれについて捉えておくことが学びの局面に関しても同じことなんだろうと思う。

降り出す前に

Posted at 21/07/14

少し仕事をするとすぐ疲れてしまう感じがあってなかなか本を読んだり物を書いたりというところまでやる余裕がなくていけないが、ごく少しでも進めるべきなのだろうなと思う。

今読んでいるのは中沢新一「レンマ学」と、昨日からかなり面白くてずっと読んでいる西谷正浩「中世は核家族だったのか」なのだが、この本を読んでいるうちに西谷氏の過去の論文、「中世の農業構造」(「岩波講座 日本経済の歴史 第1巻中世」所収)を読まないとという部分が出てきて、楓樹文庫に車を走らせて借りてきた。そんな大した距離の運転ではないのだが、その往復でちょっと疲れて、さっきは横になっていたのだった。

昨日は4時過ぎから天気が悪くなって強い夕立が降ってきたのだが、今日はもう今、3時から天気が悪くなっている。まだ雨が降っていないから移動には支障はないかもしれないが、今にも振り出しそうだ。

降り出す前に移動しようと思う。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

author:kous37
sex:male


電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2021年07月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday