「かぐや様」の面白さ/現代日本のマンガ文化/[推しの子]は一推し/ツイッターとブログの根本的な違い

Posted at 20/09/26

いろいろと書きたいことがあるのだが、まあいろいろと書き散らしてみよう。

赤坂アカ・横槍メンゴ「[推しの子]」が面白いのでこれについて書きたいと思って皆どういうことを言ってるのかとググってみたらまとめサイトなどで交わされている意見も面白く、やはり面白い、勢いのある漫画というのはファンもノリノリで感想を交わし合うよなあと読んでいて楽しくなった。
原作者の赤坂アカ氏は同じ週刊ヤングジャンプに自分の作画までする作品として「かぐや様は告らせたい」を連載しているので、流石に超人的だと思うのだが、その両方が面白いというのはすごいと思う。週刊少年んジャンプでも昨年だったか「Dr.Stone」作画のBoichi氏がオリジナルスピンオフを連載していてすごいと思ったが、その後ちょっと疲れが出た感じだったので、赤坂氏の超人ぶりが際立つが、マンガの工程で物理的に大変なのは作画だ、ということかもしれないとは思った。おそらく原作=ネームを二つ作るより、連載作品とは別の作品に作画もするという方が大変なんだろう。

70年代とかだとジャンプ・マガジン・サンデー・チャンピオン・キングの五大誌に複数連載を持つということも珍しくなかったが、当時の漫画に比べると現代は書き込みの量が違うし、なかなかそうは行かないんだろう。しかし逆に言えば当時は「月に一度休載する」という今では割とスタンダードになった連載方法もなく、とにかく原稿を落とせないという感じだったからそこらへんはマンガ家を相当疲弊させただろうなとは思う。

竹取物語 (岩波文庫)
岩波書店
1970-01-01



「かぐや様」のまとめサイトを見ていて面白いなと思ったのは、実はこの作品は「竹取物語」を下敷きにしている、ということが考察されていて、なるほどそうだったのかと思ったのだった。主人公の「四宮かぐや」はもちろん「かぐや姫」自身なのだが、もう一人の主人公・白銀御行はかぐや姫への五人の求婚者の一人、大伴御行であり、他の生徒会のメンバーもそれぞれ求婚者たちの名前が使われているという。

竹取物語ではもちろんかぐや姫は五人の求婚者を振り、最後には帝の求婚まで断って月に帰ってしまうわけだけど、「かぐや様」では求婚者の一人である「御行」とのカップルが成立し、逆に「かぐや姫」の属する「月の世界=名家の魑魅魍魎の世界」と縁を切っていくという話になっていると解釈できるのが面白いなと思った。

この辺の構造を読み解いていくのは面白いと思うが、それは多くの人がやっているので時々思いついたことを書くくらいにするけれども、とりあえず早坂愛が「アイルランド人とのクォーターであり、四宮本家のスパイでもある」という設定が「月の世界からの使い」的な立ち位置になるなと思ったことだけ書いておこうと思う。

昔はマンガ家にこうした感想や分析を届けるのは「励ましのお便り」を出すしかなかったのだと思うが、今はネットに感想を書いておくとマンガ家本人がエゴサーチをして見つけて(「進撃の巨人」の作者諫山創さんによると「ネットパトロール」)読んでくれたりするので、その辺は面白いと思う。作家さんによっては読者の意見に影響されすぎる人もいるので読者の側も一定匙加減が必要だなと思うこともあるのだけど、読者がいろいろ感想や分析、今後の展開の予測などを出し合ってキャッキャしているところを作者本人が読んで何らかの形で影響が与えられているというのはまさに現代日本のマンガ文化だなと思う。
「[推しの子]」はそういう下敷きにした定型みたいなものがない(あるのかもしれないが気づかれていない)ので、書こうとすると割と各話についての生々しい感想になるのだけど、最近の展開で言うと「10秒で泣ける天才子役=重曹を舐める天才子役」の有馬かな(ルビーの言によるとロリ先輩)のヒロイン度が爆上がりで展開の台風の目になっているのだが、一話一話の展開が結構構造逆転的になっていることが多く、貼られている伏線がどう生かされていくのか、いろいろと興味深い。まあとにかくこの作品は今年1番の名作だと私は思っていて、ただそういう意味で大事にしたいという感じもあるのでいろいろなことを書きにくいということもある。私は基本ルビー推しなのだが、かなちゃんも好きなので今後の展開に期待したい。

こうやってブログを書いてみると、ツイッターとはやはり文法が違うなと改めて思う。ツイッターは時々ビーンボールを投げたり略語とかスラングとかも使いまくりで「140字として面白い文章、興味を惹かれる文章、伝わりやすい文章」を書くことになる、つまりは「エッジの立った短文」を書くことになるわけで、これはこれで私はとても好きで、ある意味「座談」のようなものなわけだけど、ブログの方は文章としての一貫性が必要だし、基本的な知識のない人にはある程度基本情報を提供する姿勢も必要なわけで、「ブログとしての面白い文章」をかくことはツイッターのツイートとは基本的に違う、というか似て非なるものである部分がある。

これはまた紙の雑誌に掲載する文章とか、あるいは論文、あるいは書籍にするための文章とはまた違うわけで、やはり読んでもらうためには媒体に合わせた文体や書く姿勢みたいなものが重要になってくると思う。私はツイッターは2008年(だったかな)からやっているからもう12年だし、ブログの方はウェブ日記まで入れれば1999年からやっているからもう20年以上なのだが、その中で「ネットで届きやすい文章」というのはこういうものかな、というのはだんだん考えができてきたのだが、まあいつもそういう書き方をしているわけでもない。

ただ、後に残る文章も書いていきたいとは思っているので、またそういうものはそういうものとして書いてみたいと思う。今の時代の今の文化というものがどんなふうに面白かったのか、残しておくのも多分無駄になることではない気がする。

電動草刈機/育てるべきものは何か/岡谷という街

Posted at 20/09/23

昨日はいろいろやっていたので忙しく、かなり色々なところをぐるぐる回った。電動草刈機をどこで買おうかと思いながら車を茅野に走らせたのだが、道がかなり混んでいて、4連休とGOTOで人出は本当に多くなっているなと思う。豊平まで行ってみたのだがどうも自分が思っている店舗とは違っていて、とりあえず隣のAコープによってみたがものすごい人出で、「農協の売店」のはずなのだが一般のスーパーより賑わっている感じがした。まあ規模も一般のスーパーより大きいくらいの規模なのだが。

結局引き返して公園大橋を渡り、長峰の方から旧20号と新道を経てバイパスに入り、平安堂まで行って少し本を見た後、中洲小学校のあたりから下金子を経て豊田に出て、文出の農協の売店で草刈機を買った。結局最初に見たところだけど、まあいろいろ検討できたので納得して買えてよかった。

少し家の周りを刈ってみたが、やはりツーサイクルのエンジン式に比べると馬力が弱いのは否めない。36Vだから電動では一番力があるのだが。でもいちいち燃料を補給しなくていいので(充電はしなければならないが)その辺りは楽だなと思う。草が生えてきたな、と思った時にすぐ刈れると言うのはメリットだなと思う。

午後は休日だが仕事で、いつも通り。ちょっと頼まれて文章を見たりして、夜中の11時半にアドバイスを送信。こういうのはつい自分で全部書き直してしまいたくなるのだが、書く動機自体は本人にしかないので、その辺は自重。自分が修士論文を書いていた時もそうだが、先生に真っ赤に朱を入れてもらってそのように直してみても、やはり自分として納得できないところは出てくるのでそこは自分なりに直すので、ちの他人がその人に代わってものを書くということは原理的に不可能なんだと思う。一時凌ぎにはなるかもしれないが、最終的に自分が信用できなくなると意味がない。

小学校低学年の頃、好きに絵を描いていたのを先生に直されて、それがすごく嫌だったのだが、それがコンクールで入賞したりして、ますます嫌になった。結構あれで絵を描くのを敬遠するようになったのだよな。今思うともったいないことをしたと思う。育てるべきは子供が自力で何かを作り出す力で、その時点での作品そのものじゃない。

昨日は4時前に起き、夜は12時近くまで起きていたので昨夜は爆睡し、今朝起きたら6時だった。いろいろ準備を整えて車で出て、セブンでマガジンとサンドイッチを買ってから今日は下諏訪・岡谷の方に出かけた。カトリック教会のところから湖畔に出て、そのままずっと岡谷の権現町まで行き、唐橋下の交差点でウェルシアに車を止めて権現社にお参りに行った。それなりに大きな社かと思っていたのだが、小ぶりな祠だったのでちょっとへえっと思った。


住居表示の町名になっているくらいだから何か由来があるかと思ったのだが、諏訪市や茅野市と比べて岡谷市はどうもそういうことには冷淡なようで、あまりそういう説明がない。岡谷は明治以降に興った新興工業都市だからそういう古いことには冷淡なのかなと考えてみたが、「牧」という氏族的な宗族組織が残っていたりするので、一概にそうとも言えないと思うし、同じ諏訪盆地でも諏訪や茅野とはまた違う感じが残っていて、この辺りも興味深いと思った。

ところで車を止めたウェルシアは、今まで知らなかったが24時間営業で、この近辺で24時間営業のドラッグストアは他に知らなかったので、これは便利だと思った。コロナの影響もあるが全体の傾向として24時間営業はなくなりつつあるが、私のようにめちゃくちゃな時間に活動する人間にとっては、やはり24時間営業というのはありがたいのだよな。田舎では難しいかと思っていたので、ドラッグストアでそういうところを見つけたことはかなり嬉しかった。また利用したいと思う。

今日のドライブで、岡谷という街が少しわかった感じがした。また少しずつ探ってみたいと思う。

このところ、食事を意識的に少なめにしているのだが、そのおかげなんだろう、身体が動くようになってきた。まあ涼しくなってきたということもあるのは確かなのだが、夏になる前から動きにくくはあったので、やはり食べすぎていたということはあるのだと思う。身体を動かしていた方が気持ちが良いのは確かだ。頭も動かしていくのは大前提として。

中河原村の姫宮社

Posted at 20/09/22

昨日はいろいろと気を使うことが多かったせいか早く眠くなり、8時ごろには寝てしまったので、今朝は起きたら4時前だった。でもそれから捨てるゴミを集めたり先日もらった花の処理をしたり、お彼岸用の花を買ってきたり、花瓶に生けて仏壇に備えたり、洗い物をしたり鯉に餌をやったりゴミを捨ててきたりお墓へ行って草をむしり、墓掃除をしてお参りしたりしてたりしたら6時を回った。

それから少し出かけて湖南の農機センターの場所を見に行き、足を伸ばして中河原の姫宮社へ行った。この神社は微妙な位置にあるのでお参りがしにくくて、今まであるのは知っていたのだけどお参りしたことがなかったのだが、今日は少し離れたところに車を止めてお参りに行った。

姫宮社の祭神は中河原村の古文書によると高志沼河比売命で創立は寛永12年だそうだが、隣の横内村の天文12年の文書には伍竜女宮大明神とあり、宝暦9年に中河原村に移されたとあり、横内と中河原は近い関係にあったようだ。ただ明治の合併で横内は永明村に、中河原は宮川村になった(概ね上川の北が永明村、南が宮川村)ので、史跡の調査なども村を超えることになって少しややこしくなったのかもしれない。

高志沼河比売命は元々は越後糸魚川の神で、大国主命の妻の一人であり諏訪の神である建御名方命の母になるのだが、水の神ということなのか、女神であり竜神でもある神と同一視されたのだろうなと思う。治水の難しかった時代は宮川と上川の間のこの地域はかなり氾濫したようなので、治水の神として祀られたのだろうなと思う。高志沼河比売命は矢ヶ崎村の御座石神社に祀られているが、そこから勧請されたとは書いていなかった。

御社は新しい感じで、屋根はスレートで木組は白く塗られていた。壁は新建材に見えた。これは覆い屋なのか、本体なのかよくわからないが、白い神社というのは多分初めてみたのでちょっと驚いた。

明治の神社合祀の影響なのだろうけど、祀られている摂社がいくつもあり、思いがけないところに天神様が祀られ、そこに説明の立て札があって、道真公の学問にあやかるよう子供たちがお祭りをし、亀石の河原からゴマ石を拾ってきて(詳細不明・引用者注)祠の前に敷いて、青竹を立て、学問のできるように祈ったのだそうだ。おかげで高河原の子供たちは勉強がよくできて小学校では先生から褒められた、のだそうだ。

また、中央道の高架の下に石の大きな仏像が立っていて何かと思ったら、元々の墓地が中央道の建設に伴って移転したらしく、お墓を持っていた人たちが立てたものだということがわかった。

いろいろと発見があって面白かった。

言葉を断つ

Posted at 20/09/18

40前後の危機、という話があって、ああなるほどなあと思ったのは、私は37歳の時に体調の悪さもあって退職しているのだけど、その後かなり調子の悪い時期が続き、ネット上での活動はそれなりに頑張ってはいたが電車の中でパニック状態になったり自信が持てなくて自動車が運転できない時期がけっこう長く続いた。

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。
ジュリア・キャメロン
サンマーク出版
2017-05-08

 

一つの転換点は2008年で、このころに「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」という本を読んだことが一つのきっかけになり、また父の体調が悪くなってきたので送り迎えのために車が運転できないと困ると思い、思い立って教習所で3時間ペーパー教習を受け、運転を復活させた。車が運転できるようになると行動範囲が広がるので、いろいろと楽になった。翌年父が亡くなり、また2011年には東日本大震災があってメンタル面でも思想面でもいろいろな影響があったが、そのあとはメンタル的には上がったり下がったりもあるしフィジカル的にもいろいろありはしたが、2001年以降野口整体に通っていたことでだいぶ安定してきた感はある。

ここ数年は母の調子が悪くなってそのあたりのことがいろいろ影響があるのだが、まだその辺は総括しきれないこともあるのでまあときどき思ったことを書く程度にしたい。

食えなんだら食うな
大徹, 関
ごま書房新社
2019-06-01



今日このことを少し書こうと思ったのは、関大徹『食えなんだら食うな』を読んでいたらいろいろと思いだしたことがあったからだ。

『食えなんだら食うな』というのはどういうことかというと、若い坊さんの「どうやって食っていったらいいのか、どうやって寺院経営を成り立たせて行けばいいのか」という悩みについて、もともと禅坊主というのは食えるものではない、食えなんだら食わなんだらいいのだ、みたいなことを言っていて、現実の妻子を養っているお寺の坊さんにはそれは無理なわけだけど、食えなんだら食わなんで飢え死にする自由がもともとは禅坊主にはあったはずで、若い人にはその自由もあるんだぞと提案していて、この2020年現在の世界で「妻子を養う」ことの困難さにひるんでいる若い男性がたくさんいる時代に、一つの時代的な意味があるなと思ってちょっと興味深く感じたということがあった。

「人には飢え死にする自由がある」というのはまあ実際その通りで、飢え死にさせられるのは嫌だけど自分でそれを選択するならそれはそれでありかとは思う。

ただまあ、今回のこのことに関連して加工と思ったのはそれではなく、雲水時代に仲間と語らって3週間無言の行をしたという話が出てきたことで思い出したことがあったのだ。

3週間の間無言を貫いて炊事はお寺の庵主さんに任せ、ただひたすら座禅をし続ける。実際にやってみて「言葉とはこんなに有り難いものであるかと悟った」という意見もあったが、自分は「無言でも十分会話が出来た」と感じたとあった。

ここを読んで思い出したのが「ずっとやりたかったことをやりなさい」の中に出て来るレッスン、これも考えてみたらある種の「修行」なのだが、1週間だったかな、「全く活字を読まない」ということを自分に課す(もちろんネットの文字も読まない)というのがあって、これがまためちゃくちゃ辛い期間だったのだ。確かに「活字の有り難さを知った」ということは確かにあったのだが、自分の中を空っぽにすることで自分の中を充実させるということだと思ったのだけど、そこまではいかなかったなあと思った。

現代において「言葉断ち」というのはかなり辛い修行だろう。ツイッター一つ、満足にやめられない。二日間くらいなら出来そうな気がするが、一週間となると自分がどうなってしまうのか、良くわからない。「活字を読まない」というレッスンを実行したときも、とにかく飢餓状態になったことだけは確かだった。

この本を読んでいて、最もレッスンが上手く行った場合はこんなふうになったのかな、ということを思ったのだけど、まあそんなことも含めていろいろ思い出していて、この本は読んでいて面白い。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2020年09月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday