「アサシンクリードの「黒人侍」弥助」をめぐる問題について、私の理解しているところをまとめてみた

Posted at 24/07/20

7月20日(土)曇り

昨日は午前中に母を病院に連れて行き、午後は疲れてうとうとしたり。とりあえず書店に行ってチャンピオンREDは買って、「絢爛たるグランドセーヌ」の最新話は読んだ。コロナ対策が一進一退の時期、新しいステージ進んでのレッスンの再開というところで、過去の仲間、新しい仲間、新旧交代の悲喜こもごもという感じでなんだかじわっとくる感じの回だった。

今朝はネット上でてんやわんやの騒ぎになっている「アサシンクリード」というゲームに取り上げられている黒人の「侍」、弥助をめぐるあれこれについて書こうと思ったのだが、この騒動の元になったストーリーを描いたイギリス人で日大准教授のトマス・ロックリー氏がネット上から全ての論文を削除して所在不明になったとの報があり、新しい展開を見せている。

弥助という人物はもともとイエズス会のバテレンとして知られているヴァリャリーノがインドから従者として連れてきた黒人で、信長に請われて譲ったという人で、信長は肌の黒さに驚いて色が落ちないかと入浴させ、変わらないのを見てその肌の黒さに納得した、というエピソードは私も子供の頃に読んだ。

彼は古い文書には「黒奴」とあるので奴隷と思われがちだが、当時の日本では南方の肌の黒い人たちはジャワ人などに関しても「黒奴」と記していたそうで、この「奴」は奴隷という意味ではなく「黒いやつ」今では差別用語とされるが「黒ンボ」という程度の意味だろうと考えられるようだ。

彼は信長に仕え、帯刀し、屋敷地を与えられ、扶持をもらっていたので「侍」と言っていいというのが大方の戦国・安土桃山史の専門家の意見のようだ。苗字を持っていないのは、弥助が信長の家臣の誰かの養子となって苗字が与えられる前に本能寺の変になったからだという説明が別のところにあって、それは説得力があるなと思った。

https://x.com/HIRAYAMAYUUKAIN/status/1814356500326035650

弥助は信長の伝記やそれを描いた映像作品の中で、以前はそんなに取り上げられていなかったけれども、最近はその存在のユニークさから取り上げられる例が増えてきた人物だとは思う。後に述べるようにこれに関連しては「多くの黒人奴隷が日本の大名たちに買われていた」というような荒唐無稽の説が出てきたようだが、当時の日本の記録には全くないのに加えて、南方での取引記録にも全然出てこないようなので、史料的に全く裏付けがない。これに関しては都合の悪い史料は抹消したのだという陰謀論的な見解もあるようなのだけど、日本が都合が悪いから(悪いとも思えないが)消したとしても南方、タイ(シャム)やマカオなどにおける取引記録にも出てこないわけだから、それは確かなことだと言えるだろう。

https://x.com/mammal11111/status/1813816204576137502

弥助の記録については岡美穂子さん(東京大学史料編纂所准教授)がツイッターで連続ツイートされていたので参考になると思う。

https://x.com/mei_gang30266/status/1813072869787631644

https://x.com/mei_gang30266/status/1814196154126733343

https://x.com/mei_gang30266/status/1814269191253545082

https://x.com/mei_gang30266/status/1813714544474399183

https://x.com/mei_gang30266/status/1814260902033776843

https://x.com/mei_gang30266/status/1814257472280072288

史実における弥助はそうした存在だったわけだが、最近注目されているのは先に挙げたロックリー氏の著作が海外で評判になり、そのポリティカルコレクト性において注目されたということがあったようだ。

Wikipediaにおいても現在編集合戦が起こっているのでどのバージョンと言わないといけないのだけれども、先に述べたような日本で黒人奴隷がたくさんいたというような荒唐無稽な記述から、黒人奴隷を一般化させたのはヨーロッパではなく日本だ、というようなこれもまた荒唐無稽な言説が欧米のネットでは生まれているらしい。

これに目をつけたフランスのゲーム会社UBIが弥助をアサシンクリードというゲームでヒーローとして取り上げ、ロックリー氏の著作と相まって弥助がポリコレヒーローに祭り上げられるという現象が起こっていたのだという。すなわち、横暴で差別的な日本において負けずに活躍する黒人侍、というわけである。

日本人の我々からしたら荒唐無稽以外の何者でもないが、ポリコレでプライドを痛めつけられている白人層からしたら、歴史上の大きな問題である黒人奴隷と奴隷貿易は欧米の白人側ではなく日本人が先駆者だということになれば、彼らの罪が相対化されるという意識があったのではないかと考えられているようだ。

現実にネット上でやりとりをしている方に伺ったところによると、その話を真に受けたポリコレ層と、ポリコレ自体を否定しようとする反ポリコレ、それもガチな差別主義者などが入り乱れて大論争になった時期があるらしい。それはつまり、日本人は事実上関係ないのだが、日本史上のことなので本当はこうだという形で日本人が論争に水を差すと、両者から非難の応酬があり、敵対する両者からお前は日本人を騙っているんだろうみたいな言われ方をしたりしていたのだという。

このあたり、伝聞が多いし、推測もあるので、私が今把握している問題性ということで書かせてもらっているという前提は理解していただけると幸いである。

そしてその背景には、日本にはまだ入ってきていないので幸いだけれども、ポリコレに深く侵食された欧米の企業の倫理基準としてDEIというものがあるからなのだという。DEIとはDiversity Equity & Inclusionの略で、「多様性・公平性・包括性」の略であるそうだ。この主要な対象になっているのはブラック・ライブズ・マターの例に漏れず、黒人に対してだそうで、つまり「戦国時代の日本という異世界」で「差別と戦いながら活躍する」「黒人の」「(名誉ある)侍」というのは、この趣旨にぴったりあっているということのようである。まあポリコレ部分を除けば、日本の異世界ものやRPGゲームなどと似たようなもので、きっと欧米人は面白がるだろうなという気はもちろんする。

DEIというものの問題性については、以下のレポートが参考になると思う。動画もあり、ツイートのツリーでは日本語での解説もあるので読んでいただければと思う。

https://x.com/tarafuku10/status/1814236932865396846

これを語っている黒人男性は大学卒業後にハズブロという玩具メーカーにエンジニアとして職を得て、そこで経験したDEIトレーニングのコースを受けさせられたわけである。

そこでは「生後3か月になる頃には白人の赤ちゃんは人種に基づく好き嫌いを見せ始める」と宣言した。2歳になる頃には人種に基づいて他の子供を排除する。3歳になる頃には人種差別的な言葉を意図的に使う。」などと驚きの「真実」が語られ、「そうした差別を再生産しないようなおもちゃ」を作ることが玩具メーカーの使命だ、みたいな話にされてしまったのだという。

「講師たちは部屋の中にいるすべての白人に「君たちはレイシストだ」と告げていた。白人は生まれてからずっとレイシストであり、黒人は生まれてからずっと自分の肌の色を嫌悪するように教えられてきたと言った。」

これはほぼ洗脳のようなものだが、これを受け入れなければその企業では働けない、ということになった時にどういう選択をするか、というのは究極の問いだろう。うんこ味のカレーかカレー味のうんこかみたいな話である。

こういう「ポリコレ的決めつけ」が欧米企業で「企業の義務」のように取り入れられているというのは私などには全く想像の埒外ではあるのだが、日本でもそういう問題が起こるたびに(日本で起こるのはほぼフェミニズムやトランスジェンダーに関する問題に今のところ限定されているが、アサシンクリードの問題で炎上したアトキンソン氏や神宮外苑問題のカップ氏など欧米人ポリコレ勢力はまた違った問題を「提起」している)フェミニストやポリコレの運動家たちが「今後こういう問題が起こらないように自分たちを採用し、チェックさせるように」という働きかけが行われていることでもわかるとおり、いずれ日本でも似たような問題が起こる可能性はなくはない。

結局のところ、こういうかなり大きな問題がこの「アサクリの弥助」という存在の背後にはあるようで、私も最初は全然問題の本質が掴めなかった。

DEI等についてご教示くださった方が言っておられたが、この問題について批判すると相手が白人だったりするとすぐレイシストであるとか人間じゃないなどの罵倒が飛んでくるそうで、日本人の立場からの批判だと彼らにとっては痛い、ということのようである。

日本としても黒人奴隷の問題の責任を分担させられるような謂れのないことが起こるのは願い下げなので、問題の構図をよく認識して冷静に対処していきたいものだと思った。

現実問題として、BBCで取り上げられたり、BSの番組だがNHKでもこういう視点での番組が作られているそうで、歴史の捏造でもあり、日本人の名誉を傷つけるものでもあるから、厳正に対処してもらいたいと思っているわけである。

というわけでとりあえず私が理解しているところをまとめてみた。


「製造業を国内に取り戻す」ことの正しさとヴァンスの副大統領候補受諾演説/ドラッカーの「知識社会」の進展と一般国民の雇用確保

Posted at 24/07/19

7月19日(金)曇り

昨夜から今朝にかけての最低気温は22.5度で、かなり蒸し暑い感じだった。昨日の昼間はそんなに暑くは感じなかったが、冷房を入れていたからだろうか。実際には32度くらいまで上がったようだった。その時間帯は冷房をかけていない部屋にいたが、裏から表に風を通していて、それでその時はなんとかなる感じではあった。

今朝は少し庭の草刈りをしたり、生えてきて困っている笹を切ったりしていた。作業を終えて作業着を洗濯しているが、もう少し前だと草の種がたくさんついて困ったのだけど、今朝は全然ついてなくて、そういうところからでも季節の移り変わりというのはあるのだなあと思ったり。昨日は作業を始めるのが9時ごろになって直射日光が強く、帽子もどこかにいってしまって被れなかったのでもう無理という感じですぐやめたが、朝のうちだと十分に作業はできる。ただ、朝早いので草刈り機を使うのは遠慮しているのでできることは限られているのだが。(近隣には朝5時から草刈機をかけている人がいてやめてほしいとは思っている)

***

https://www.bbc.com/japanese/articles/cx92pn4gyjwo

アメリカ共和党のヴァンス副大統領候補が指名受諾演説をしていた。共和党の副大統領候補が「民主党に「脇に追いやられ、忘れ去られた」労働者階級の国民のために闘う」と語るのは、やはり驚きなのだが、これはもちろん「ヒルビリー・エレジー」に書かれたヒルビリーやレッドネック、ホワイトトラッシュと呼ばれる白人貧困労働者層のことを指しているのだろう。2016年の大統領選挙ではそうした人々がトランプ氏を大統領に押し上げたとされているけれども、トランプ氏がヴァンス氏をランニングパートナー(長期間の選挙戦を共に戦うパートナーであり、当選後は4年間共に仕事をする)として選んだということは、白人労働者層の支持を一層強固にすることが目的だろうと思う。

トランプ氏にしてもヴァンスにしても正しいと思うのは、「製造業を国内に取り戻せ」という考えで、これは日本でも同じだと思う。製造業は多くの雇用を生むし、必ずしも大卒でない労働力でも安定した収入を十分得られる職種で、日本では工業生産力が中京工業地帯独り勝ちの現状がそれをよく表していると思う。

もちろん世界市場で勝てる製品を作らなければ工場自体を維持できないけれども、企業のコストダウンのために海外に製造業を移転するのは、国内の非エリート層の安定した雇用確保に大きなマイナスになる。そういう意味で反グローバル主義的なところも彼らに同意できるところだなと思う。

ピーター・ドラッカーは今後の世界は「知識社会」になるとしていたが、要は知識集積型の巨大産業、IT産業や製薬、素材などの化学工業、ロケットなどの宇宙開発などが今後の主流になり、そこで有利な暮らしをしていくには高度に専門化された知識を持つことが大事だ、という現代の実態をよく表していると思う。

ただ、スーパーエリートはそうした社会の変化に適応して高度な知識を身につけ、新しい産業を切り開いていくだろうけれども、多くの一般的な国民はそういうものに全員が乗るわけではないから、そうした企業で働く人材として雇用を確保していく必要がある。現在はいわゆる事務員はOA化によってかなり必要数が減ってきているし、生活の変化によって伝統産業もなかなか先行きは厳しい。数十年前は農村と農業が人口を吸収していたが、貨幣経済の浸透によって農村でも自給自足生活はできないし、小規模農家が多い現状では(これ自体の構造改革が本当は必要なのだが、農業基本法の精神が農村を基盤とする自民党による構造維持によって頓挫した)結局は収入源としての働き先が必要なわけで、それだけの労働者を吸収する産業は結局は製造業しかないわけである。

これは地方都市を見ていればはっきりすることで、地元に働き先、つまり前途有望な製造業の企業やその工場があるところには若者は流入してくる。最近では熊本県に台湾の半導体企業・TSMCが進出することで好景気に沸いていることなどが挙げられるだろう。「ヒルビリー・エレジー」にも書かれていたが、製造業の工場労働者(特に大企業の)というのは安定して収入を得られるけれどもどうしても印象が地味で、地元の子供たちにもそんなに人気があるわけではないのだが、そこが危機に陥ると地方都市自体が立ち行かなくなる。日本国内でもエネルギーの構造転換によって炭鉱が廃業することによって空洞化された都市がたくさんあることからわかるが、そうした存在は地味だけれども社会を支える存在であるわけである。

トランプやヴァンスがそこを、つまり社会の下部構造を重視しているというのは、上部構造のリベラルやポリコレばかりを重視するアメリカ民主党や日本の左派野党のお株を奪ってある意味マルクス主義経済学の基本を実行しているところが歴史のアイロニーだなとは思うのだけど、キラキラな上部構造ばかりに目が行く人が相変わらず多いのは、一度華やかな世界を知ってしまうと忘れられない人間の性なのだろうなとは思う。

「ヒルビリー・エレジー」を読んでいる/見捨てられた貧しいアメリカ白人と彼らの対日意識/アメリカ史にとってのオハイオ川

Posted at 24/07/18

7月18日(木)曇り

昨日は午前中に家にいたら連絡しようと思っていた人が訪ねてきて、懸案が一つ解決した。結構気にしていたのでそれがなくなって結構ホッとしてしまい、逆にいろいろやる気がなくなってしまった。最近どうもそういうことが多くて困る。やることは本当はいくらでもあるのだけど、体力がついていっていない。

https://amzn.to/3WsOdO0

昨日は空いた時間は「ヒルビリー・エレジー」をだいぶ読んでいたのだが、まだ108/356ページ。やはりKindleで読むのは疲れる。文庫本を買えばよかったと思ったが、この手の本はなかなかすぐ手に入るところには置いてないので注文かAmazonになる。図書館を探したが近隣の市町村では1冊だけあって、貸し出し中だ。今日は「推しの子」と「百木田家の古書暮らし」の新巻が出るので買いに行くついでに書店で探してみようと思うがさてどうか。電子書籍はマンガならいいのだが、字の本はどうも読むのが大変だなと思う。

「ヒルビリー・エレジー」は今まで読んだ範囲では小説ではなく本当にあったことなのだと思うが、やはり読み味としては小説なので、いろいろと自分の子供時代の記憶などを引っ張り出してきて考えることが多い。筆者のヴァンス、今や副大統領候補だが、が育ったオハイオ州のミドルタウンはシンシナティの北東47キロにあり、オハイオ川に注ぐグレートマイアミ川の辺りにあって、アームコスチールという優良企業があってそこで働けば高収入を得られたが、そこは川崎製鉄に買収されてAKスチールになっているという。Kは川崎である。

川崎製鉄にアームコが買収されたということについて地元の人たちはかなり複雑な気持ちを持っていたというが、それはケンタッキーから流れてきてミドルタウンで働いていた多くの人たちは第二次世界大戦で日本と戦った経験を持っていたから、ということのようだ。しかし1984年生まれの筆者の子供時代、つまり1990年代、戦争から50年経っているのに、まだそういう感情はあったのだなと改めて思う。私はアメリカには3度ほどいったことがあったが、やはり「第二次世界大戦のことは言わないほうがいい」と忠告はされた。まあ日米構造協議が行われていた時期だし、日本社が不正輸出されているみたいな言われ方もしていたから日本に対してまだライバル意識が強い時期だったということもあるのだろう。ヴァンスは日本製鐵によるUSスチールの買収に反対しているようだが、こういう原体験があるというのもその理由の一つなのかなと思ったりはする。

ただもう一つ思ったのは、アメリカの田舎町というのは本当に世間の流れに取り残されているということ。これはまあ日本の田舎町もかなりそういう部分があるからそこら辺も思うことはあったのだが、私の経験でも「街の人たちの話題は今日ウォールマートで何があったということばかり」みたいな世界だったから、逆に言えば50年前のことでも昨日のように感じる、ということはあるんじゃないかということだった。アメリカの田舎町で時代に取り残されている貧しい白人たち、は時流にも乗れず、また黒人や移民、女性やトランスジェンダーなど「マイノリティ」にさまざまな特権が与えられていく中で、何も与えられない見捨てられた存在だ、というのも理解はできる。これも中年男性はいくら自殺率が高くても振り向きもされないが、女性の自殺率が上がると大騒ぎになるという日本の状況にもよく似ている部分がある。

今読んでいるあたりは暴力描写が多く、その辺りがこの地域の「ヒルビリー」と呼ばれる人たちの一つの文化だったということはわかるのだが、日本の庶民文化も昔はそんなものだったわけで、急速に暴力嫌いが広がっている我が国の若者たちがこの辺りの描写を読んでどう思うのかなというのは思わないでもない。まあ私が読んでもこれはひどいわ、と思うくらいではある。

思ったことを思い出しながら書いてみると、例えば「グレートマイアミ川がオハイオに注ぎ」という訳文があったが、オハイオが州でなく川をさしているということはアメリカの事情にある程度詳しい人でないとわからないのではないかと思った。

オハイオ川はペンシルバニア州のピッツバーグが源流で、その後オハイオ州とペンシルバニア・ウェストヴァージニア・ケンタッキーの州境を流れて、最終的にはミシシッピ川に注ぐミシシッピの主要な支流の一つである。また南部の奴隷州と北部の自由州の境界をなす川でもあり、そのことは「ハックルベリ・フィン」でも触れられている。

私が西洋史を専攻したということもあるが、ヨーロッパの地名や河川名はそれがどういう歴史的存在なのかというのはだいたいピンとくるのだが、アメリカ史は高校までの世界史でも本当に概略しか扱われないので、地元の人たちがどういう歴史意識を持っているか、その地名にどういう意味があるのかなどは改めて学んでいかないといけないところが多いなといつも思う。我々はアメリカの巨大な影響下にあるのに、アメリカのことを知らなすぎるといつも思う。

J・D・ヴァンス氏のことを少し深掘りしてみようと思ったのは彼が権力の座につく可能性の大きさについて意識しているということもあるのだけど、彼を知ることによってアメリカのある部分を知ることができるという感じがあるということもある。アメリカは敵でもあり味方でもあり、厄介な隣人でもあるのだが、中国や朝鮮半島の両国などの方がより厄介な部分もあるわけで、特に同盟関係にあるアメリカのことがあまりにも理解されていないというのは実際危険だと思う。

J・D・ヴァンスについて(続き)

Posted at 24/07/17

7月17日(水)梅雨空一時晴れ

昨日は午前中支払いに行ったり買い物をしたりした以外はあまり外に出なかったが、雨が強まったり弱まったり、止んだりまた降ったりしていた。その時その時でその時やろうと思ったことをやっていると、何をやったのか後であまり思い出せないことになるなと思う。午後は仕事の前にホームセンターに行って整理用の紙製ボックスを買ってきたが、どんどんボックスだけが増えて行く感じがあり、なかなか思い通りに整理するのは難しい。整理しようとした時にボックスやファイルがないと、結局そのままになってしまうことが多く、整理が中途半端になって後で余計わからなくなったりする。

https://amzn.to/3SdBrAK

アメリカ大統領選、共和党副大統領候補に選ばれたJ・D・ヴァンスに注目しているのだが、今回は思ったより彼に対する報道も多いしツイートも多い。言われていることは2点あって、いわば底辺=貧困白人層(彼の表現によればヒルビリー)から脱出してここに至った異色の経歴、そしてそれについて買いた著作、「ヒルビリー・エレジー」の著者であること、当初はトランプを強く否定していた人物であったこと、そしてそれを180度姿勢を転換させてトランプの支援を受けてオハイオ州から連邦上院議員に当選し、今では最も主張が近い政治家とされていること、そして39歳という若さ、というあたり、さまざま日本でも注目される要素があるということだろう。

彼の政治信条はパレオコンサバティブ、古典的保守主義者(介入主義を取るネオコンとは違う)とされているが、彼らが普通は否定するイスラエルに対しては熱心な擁護者であり、ウクライナ戦争に対してはバイデン政権に批判的だが、それは東アジアに備えるため、という理路を主張している。

しかしそれ以外にも、奥さんがインド系(南インドからの移民の娘でイェール大学で知り合い、現在は弁護士)であるとか、本人はスコットランド系アイルランド人の家系だという。スコットランド系アイルランド人は現在もイギリス領の北部アルスター地方の出身で、南部アイルランド共和国のアイルランド人と違い、プロテスタントである。彼もプロテスタントの信仰を持っていたようだが、近年カトリックに改宗している。奥さんはヒンドゥー教徒とされていて、異宗派間結婚であったわけである。これらをみても彼はそんなに簡単にカテゴライズできる人間ではないと思うのだが、政治報道の常として何らかの枠組みに彼を押し込めようとしているのだけど、そこからはみ出すものが絶対にある政治家だろうと思う。

もちろんトランプ政権が復活したらその副大統領としてトランプをサポートする方向でやろうとするだろうし、単純に言って彼はかなり有能ではあるようだ。ただ今まで彼のラストベルトのプアホワイトを再生させるNGOなどの試みはうまく行ってないようであるのだが、政権に入ればやりたいことはいろいろとあるだろうと思う。

こういう貧困層の立て直しというとリンドン・ジョンソンの「偉大な社会」政策を思い出すわけだが、彼の黒人スラムを再生させる試みは、彼らをスラムから追い出して建造した高層アパートが「横のスラムを縦にした」と批判されたように、そんなに簡単にはうまくは行っていない。ただ、この政策の恩恵を受けて貧困を脱出した黒人も多いと思われるので、その辺の記録なども読めるといいなとは思った。

貧困な黒人の問題は、差別問題が一つのポイントになるわけだけど、貧困な白人の問題は彼らの自意識や社会からの批判、あるいは「見捨てられ方」に問題があるわけで、その辺りは黒人に比べてもこじれている部分がある。その辺りを描いたのが「ヒルビリー・エレジー」だと思うので、とりあえずこの本を読んでからまたヴァンスについては考えてみたいと思う。著書はその人間の人間性を本質を反映している部分があるだろう。今見えているのとはまた別の側面が、そこには見えるように思う。まだ第1章を読み終えたところである。

ヴァンスが注目されてありがたいことの一つは、「トランプ前大統領に副大統領候補として指名された」という枕詞をつけないで済むことである。特にnoteやSNSでは枕詞が長いと本質を簡潔に表示しにくい。彼の存在は合衆国の将来と世界の将来にも関わってくると多くの人たちが考えているという点では、私も見解を同じくしている。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

author:kous37
sex:male


電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2024年07月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday