護送船団方式

Posted at 21/12/01

12月1日(水)雨→曇り

昨日は色々用事を片付けていたのでそんなに色々本を読んだりはできなかったのだが、「護送船団方式」という言葉についてちょっと色々調べて面白かったことを書いておく。

意外に思ったのだが、「護送船団方式」という言葉が世の中に現れたのは1979年のことらしい。この言葉は戦後大蔵省を中心にして、預金者保護のため、銀行・金融機関が潰れないように様々な規制や指導を行って守っていたことを指すけれども、日本が経済大国になりつつある中で、このようなやり方で金融機関を保護してきたことによってことなかれ主義がはびこり国際競争力が生まれず、その反省に立ってこうしたやり方を批判する言葉として「護送船団方式」という言葉が生まれたらしいということだった。

戦後は50年間銀行の倒産はなかったが、戦後最初の倒産が兵庫県の第二地方銀行、つまり無尽から転換した相互銀行が地銀化した銀行の一つ「兵庫銀行」だったのだと。これはすでにバブル崩壊により不良債権積み上がり、経営問題が表面化していたところに阪神大震災に直撃され、1995年8月に倒産(破綻処理され)した、ということのようだ。当たり前だがバブル崩壊が金融システムに与えた影響はかなり大きい。

しかしそれでは護送船団方式はどのように成立したかというと、淵源は昭和2年の金融恐慌に遡るらしい。金融恐慌は大正12年の関東大震災ののち、企業を保護するために手形を保障して「震災手形」という不良債権が出回り、その処理をめぐって起こったものだった。この金融恐慌によって問題になっていた台湾銀行は休業に陥り、東京渡辺銀行は倒産し、「華族の銀行」と言われた十五銀行が事実上倒産して、主に多くの公家華族が資産を失い、彼らの家宝が大量に市場に出回ったことは、白洲正子を読んでいて知った。

こうした金融恐慌によって銀行倒産が起こると不利を受けるのは一般の預金者であるため、それを保護するための体制が戦前戦後を通じて作られていって、それがのちに「護送船団方式」と呼ばれるものになったということのようだ。

ちなみに十五銀行は事実上倒産し、頭取の松方巌公爵(松方正義の息子)は私財を投げ出し爵位を返上したが、形式上は存続してのちに帝国銀行(帝銀事件で知られる)に受け継がれ、それが三井銀行になったと。十五銀行のマークは桜で、それが三井にも受け継がれ、太陽神戸と合併した後に「さくら銀行」になったのは、このモチーフが受け継がれたものらしいとか。

つまり「護送船団方式」は昭和二年の金融恐慌をきっかけに形成が始まり、敗戦と復興、経済大国化を経てバブル経済とバブル崩壊によって終焉を迎えたものであった、ということになるのだろう。

金融とか財政というものはわかりにくいけれども、このように歴史的な経緯を捉えると少しは具体的なイメージを持てるなと思った。

タゴールの詩/大平の活動

Posted at 21/11/30

11月30日(火)晴れ

毎日天気がいいなあ。そのために毎朝零下まで気温が下がるのはまあ勘弁してもらいたいのだけど、それは自然の摂理だから仕方ないという面はある。県外に出ると、諏訪がいかに寒いのかよくわかる。寒い土地で寒いなりに、人は生きていく。

Twitterでタゴールの詩を読んで感動した。

「私は、両の掌を合わせて差し出すように、両の目を、日毎、空に向けて仰ぐ。あれは、私の生誕を最初に喜び迎えてくれた光。いま、日没の海の岸辺で、私の生(いのち)の最後の捧げ物を、この光の戸口に供えよう。」

空と光、太陽と海との会話。こういう言葉が自然に書けるような詩人はいいなあと思う。

私が生まれた時の総理大臣は池田勇人だったが、2歳の時に佐藤栄作に代わり、小学校4年まで(1972年)佐藤だったので、子供の頃は「総理大臣」といえば佐藤のイメージが強かった。佐藤の後は目まぐるしく首相が交代し、大学2年の1982年に中曽根が総理大臣になってひと段落した感があった。その間に総理大臣だったのは田中角栄、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸と10年間で5人が総理を務めていたわけだ。

池田と佐藤は高度成長時代の首相という感じで、田中は日本列島改造論から金脈問題と財政的に派手な印象とともに日中国交回復、三木は金脈・ロッキード問題追及と終戦の日の靖国参拝、福田は昭和の水戸黄門とかダッカ事件の「人命は地球より重い」とか総裁選で大平に敗れて「天の声も変な声がある」とか妙に印象に残る人たちだったのだが、大平というのは地味というか「あーうー」という口癖が印象に残る一方で昨日も書いたように矛盾した印象が残る人だった。

総理大臣在任が一年半、大蔵大臣が田中・三木内閣で二年半、外務大臣が池田内閣・田中内閣で合わせて4年、通産大臣が佐藤内閣で一年少し、官房長官が池田内閣で二年と要職を歴任し、党の方では福田内閣で幹事長を二年、また政調会長を佐藤内閣時代に務めるなど、池田内閣以来かなりの時期に要職を務めている。だからその時々の新聞等を読めば大平という人の思想と政治はわかると思うのだが、中でも外相経験が長いということはググってみて割とへえっと思った。

日本外交が脚光を浴びるのはロンヤス関係と言われた中曽根時代以降という印象があるから、その前の割と地味な時代の外交の担い手の一人だったのだなと思う。

戦後の日本の経済財政政策は傾斜生産方式、護送船団方式、所得倍増計画、消費税導入による歳入改革、行財政改革と三公社五現業の民営化、平成に入ってからの様々なネオリベラリズム的な政策など、色々なメルクマールがあるが、高度成長をもたらした所得倍増計画とそれを終わらせた消費税導入がどちらも宏池会の主導で行われていることは興味深いなと思う。現在の苦境にある日本の経済財政政策がどこでどう間違ったのかという疑問も、この辺りから解いていくことが必要なんだろうなと思う。

大平に関しては今まであまり関心がなかったので、昭和後半の歴史についての本においても福田や田中、宮沢についての本、中曽根の著作などは持っていても大平に関するものはなかったので、とりあえず福永文夫「大平正芳 戦後保守とは何か」(中公新書、2008)を注文してみた。とりあえずこのあたりから読んでみたい。

日本の現代の困難を招いた根源かもしれない大平正芳という魅力的存在

Posted at 21/11/29

11月29日(月)晴れ

昨日は体力を使うことをした割にはあまりよく眠れなかったので、今日はなんだかあまり色々できなかった。支払いに行ったのと車一台タイヤ交換に行ったくらい。あとりんごの注文をしようと思ったのだが行こうと思った先が月曜休みだったことがわかり、結局出かけなかった。タイヤ交換の帰りに書店に寄って「新・信長公記」8巻を買い、ついでにイオンに行って夕食の買い物をして、帰ってきて少し休んで早めに食事をしてネットなど見ていた。

最近大平正芳という人に興味が出てきて関連の本を少しずつ読んでいる。彼が総理大臣だったのは昭和53年から55年まで、私が高一の冬から高三の初夏までだったので、私が高校時代の総理大臣という感じだ。

彼は一般消費税の導入を図って総選挙で敗北し、福田赳夫との40日抗争やハプニング解散での急死など、どちらかというと政局がらみで記憶していた人なのだが、大型消費税を導入しようとしたという意味で現代の大型間接税に依存した財政構造や行政改革や産業構造の転換など、現代の困難をもたらしたネオリベラリズム的な様々な政策の先駆者という面がある。

一方で巨大な財政出動の「日本列島改造論」で土地高騰や狂乱物価をもたらした田中角栄の「盟友」であり、官主導の高度経済成長路線の典型である「所得倍増計画」の池田勇人が創設した「宏池会」の後継者でもあるわけで、この路線は宮澤喜一の「資産倍増計画」や岸田文雄の「新自由主義からの脱却」へと引き継がれてもいる。

一方で田園都市構想などの都市計画も提唱し、また福田赳夫の全方位外交・人命尊重外交(ダッカ事件の「命は地球より重い」が典型)から対米重視政策(モスクワ五輪ボイコットなど)に転換し、(これはアメリカが人権外交のカーター政権から新保守主義のレーガン政権に交代したということも大きいだろう)一方で中国を訪問して対中親密化を図り、それでいて靖国神社には参拝して「A級戦犯あるいは大東亜戦争というものに対する審判は歴史がいたすであろう」と発言したことなどが記憶に残っている。

こうした知的な側面、現実主義的な側面を持つ一方で、熾烈な権力闘争においては強引なまでに権力にこだわり、自民党を破りかねないほどのところまで行って福田との関係を修復不可能なところまで悪化させ、ついには自分自身が病に倒れて亡くなってしまうというくらいに不器用なまでに権力に執着したところがとても奇異な印象を持っていた。

当時の高校生としては「政治家の権力闘争、ヤダヤダ」くらいの印象しかなかったのだが、今となってはなぜそのような行動を取ったのか色々と関心はある。こうして書いてみても巨大なブラックボックスのような人で、個人的に知遇を得た人から聞いた話では、うちわの研究会などではあの有名な「あー、うー」というようなセリフは一言も言わなかったそうで、実にクレバーなよく切れる人だったらしい。

明治43年生まれというのは私の祖母の2歳上なのだが、大正生まれの田中・中曽根を除けば当時の派閥の領袖は皆明治生まれで、戦前からすでにキャリアを持っていた人たちだった。まだ教養というものが生きている時代の人なので、良くも悪くも人間の幅が広かったということなのだろう。

大平という人を研究することは恐らくは現代の失敗の理由を考察する上で大事なことなのだが、人間的な魅力がある人が政治家として日本に貢献するとは限らないのはなかなか如何ともし難い。戦前も城山三郎の「男子の本懐」に取り上げられた魅力的な濱口雄幸と井上準之助が金解禁政策を断行して戦争の時代の扉を開いた昭和恐慌をもたらしたことなども想起される。

日本を再生するためには(1)

Posted at 21/11/28

11月28日(日)

少しはものを考える余裕が出てきた感じがあり、とはいえ他にも片付けることがたくさんある中でものも考えていかないと何もやれることがなくなるなというのがあってそうしている面もあるし、また「新自由主義を終わらせる」と宣言して政権を取った岸田内閣の方向性がどうも心許ないということもあって、日本の近代史、少なくとも戦後以来の政治や経済を少し振り返って見たほうがいいなという感じがあるからということはあるのだろうと思うが、ちょっとその辺のことについて考えたことをメモ的に書いてみたい。

自分が学生時代には、「ルポ・ヨーロッパNow」みたいな感じで「世界はどうなっているか」のような本がよく読まれていた。私などもそのような視点から世界に興味があり、「世界」を知りたいと思っていた。

今考えてみると、そのような「世界を知る」というようなことも、日本は日本としてそれなりにうまく行っているという前提があって初めてそれでは世界は、というような見方で見られたのだと思う。

しかし、現代はそうではなくなってきている。日本は根本的にうまく行っていない、と感じている人は多いだろう。そのような現代においては、そのような視点から「世界を知る」という余裕はなくなってきている。

欧米では、という視点も余裕がある時にはプラスアルファとしてこうしていけばより良くなるかも、と思えたが、現代ではそういう「文化・制度輸入業」の人たちの詐欺案件ではないかという警戒心がより強くなってきている。彼らの「欧米では」「北欧では」は、その社会自体が抱える問題の深刻さは無視されていることが多く、良い面だけを伝えて日本社会を変えようとしているところが多く、改革を迫ってより会社を窮地に追い込む悪徳コンサルタントのように感じられるところが多い。

「世界のどこかにうまく行っているところがあり、日本もそれを真似すればうまくいく」というのはリベラル派に共通した考え方だと思うし、欧米の学問を日本に輸入する人文系の大学業界もそうした一般の無意識的な考え方に支えられて営業が可能だった面がある。

だが、「どこかにうまく行っている先例があり、それを導入すれば日本でもうまくいく」というようなことは現在のような経済が収縮した局面では難しいだろう。そんな根拠の薄弱なことを広く支持を集めることは難しいし、それを試行錯誤しながら試しているうちに、世界の潮流はまた変化してしまい、また新しい文化社会コンサルが「〇〇では」と新しい提案をし、そうやっているうちに日本は疲弊していってしまうだけではないかと思う。

それよりは日本がなぜ発展できたのかということを、少なくとも戦後、あるいは明治維新、古くは中世にまで遡って考えて、そこから知見を拾い出すことが、日本を再生させるよすがになり得るのではないかと思う。

日本の経済が現在のようなGDP世界第3位という規模になった直接のきっかけは、1960年台の高度経済成長にあると言っていいだろう。そしてそれを支えたのは池田勇人内閣が1960年に示した「所得倍増計画」にあったと考えるのは、そう外した考え方ではないだろう。

池田内閣の所得倍増計画の要諦は、

・鉄道・港湾など社会資本の整備
・重化学工業など生産性の高い産業への労働人口の移動
・自由貿易と生産性向上による輸出競争の勝利
・文教政策に積極的に取り組み科学技術を振興
・産業構造の転換に伴う失業への手当と社会福祉の拡充

ということだったと思う。この辺りは今考えても当然のことなのだが、いわば典型的なケインジアン的な財政政策でもあるといえる。国家が主導して社会資本を整備し、労働人口を農業から国際競争力を持てる輸出産業に移動させて、その比較的安価な労働力で生産性を向上させて安価な工業製品を世界に輸出することで経済競争に勝利し、(当時はメイドインジャパンというと粗悪品の代名詞のように捉えられていた)その間に科学技術を発展させてトップレベルの製品を作り出す能力を育てるという、現代の新興工業国や中国がやっているようなことを発展途上国として世界に先駆けて実行することで日本は経済大国になっていった。

一方で雇用保険や社会福祉を充実させていくことで国民全体の生活水準を上げ、国内消費も喚起して国内総生産を向上させていくことにより、輸出産業よりもむしろサービス業の生産性が高まり、多様なサービスが提供される快適な社会に日本はなっていった。

なんか書き出したら随分スケールの大きな話になり、ちょっと出かける前に簡単に書くというような話ではなくなってきたので、これは(1)としてまた余裕のある時に続きを書こうと思う。

いろいろなことを書いてきたけど、結局自分が今一番関心があるのは「日本を再生する」ということなんだろうなと思う。国際環境も社会環境も厳しくなる中で、日本に暮らす日本人が一番暮らしやすい、生きていてよかったと思えるような状態にすることが、多分日本を再生するということなんだろうと思う。そのための基盤はやはり多くの人に十分な所得があるということだと思うし、その辺のところからまた考えていきたいと思う。

続きはまた書こうと思う。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

author:kous37
sex:male


電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday