日本とアメリカは本来戦う必要はなかった

Posted at 22/08/12

8月12日(金)曇り

忙しくていろいろポカが多く、困ってしまうが、今日の仕事のあとはお盆休みなので少し体制を立て直したい。

「世界史としての大東亜戦争」、第5章を読みかけ。読んでいて思ったのは、中国情勢を日本の各層がどのように捉えていたのかということ。「東亜新秩序」というが、では「旧秩序」は何を指しているかというと、中国を中心とした中華世界秩序であり、またイギリス資本主義がアジアを席巻する状態を指していると整理すればいいのかなと思った。新秩序は中国と日本が名目的には対等であり実質的には優位な状態であり、経済ブロックとしてはイギリス資本主義を駆逐し日本のコントロール下における状態を指していたということだと思う。つまり日本にとって旧秩序=敵は日本に融和的な軍閥政府ではなく英米をも取り込んで日本と対抗しようとする国民政府であり、また日本の中国進出の妨げになるイギリスの規制当局や金融資本や産業資本であるということになるのかなと思った。

そしてもう一つ目からウロコというかやはりそうだったのだなと思ったのは、日本とアメリカの間には「解決しなければならない実質的な問題」がなかったという指摘だ。もちろん、アメリカにおける排日移民法などの差別的な問題や、中国市場の門戸開放をめぐる問題、つまりよりイデオロギー的・原則論的な問題はあったが、経済的な対立や領土争いなど「交渉しなければならないこと」はなかったという指摘はその通りだなあと思った。

つまり、日米が開戦に向かって進む中、もともとお互いに交渉すべきことはないので、直接にアメリカに関係ない仏印進駐や中国での領土的支配といった問題を取り上げ、石油を禁輸するとか満洲放棄を求めるハルノートを手交するとか割と交渉する気があるのかという話になってしまったのは、もともと交渉するネタがないからだ、ということになるわけだ。

これは私もこの戦争について調べていた時に、なぜ日本がアメリカと戦争しなければならないのかなんだかよくわからなかったので、そうかもともと戦争する必要などなかったのだなということがわかって腑に落ちた。つまりもともとチャーチルの求めるアメリカのヨーロッパ戦線での参戦に理由をつけるために、「最初の悪しき一撃」を日本が加えなければならないように仕向けたというのが実際のところだということだろう。日本もハルノートでそれまでの交渉とは全くかけ離れた原則論的な内容のハルノートをいきなり突きつけられ、これは戦争するしかないということになって、いかに効果的な一撃を加えるかということが問題になり、真珠湾攻撃に至ったということになるわけだ。

だからはめられたといえばはめられたのだが、アメリカにしても思ったより大変な戦争になったことは確かなはずで、そうした後悔はあったのではないかと思うが、日本としても4年もの戦争を戦うよりは、「臥薪嘗胆」でもっとのらりくらりと交渉を先伸ばす、という手は本来はあったのではないかと思う。

アメリカにとって正面の戦いはヨーロッパであり、太平洋での戦いはB面に過ぎなかったはずだが、これを戦えたのもルーズベルトが12年に渡って政権を握るというアメリカ史上唯一の例外的な大統領であったということも大きいだろう。

まあこの辺のことはまた考えてみたい。


「ブリジット」と「男の娘」をめぐる日本の文化的伝統/元横綱稀勢の里インタビュー:21世紀の相撲の未来

Posted at 22/08/11

8月11日(木・山の日)晴れ

昨日はフル回転の1日で、めちゃくちゃたくさん用事をこなしたのだが、新規に出てきた用事もあり、今日も松本の整体に出かけるほかにいくつか用事が残っていて、とりあえずなんとかしようと思う。少しは頭の中が片付いてきた感じもあり、シンプルにいろいろなことをやって行けるといいと思う。暑いのは暑いのでいろいろ対策は必要だが、なんとか体調を維持して夏を乗り切りたいなと思う。

***

ちょっと面白いなと思ったことについていくつか。

https://news.denfaminicogamer.jp/news/220809m

「ギルティ・ギア・ストライブ」というゲームで「ブリジット」という「男の娘」キャラクターが人気を呼んでいるという。私はゲームをあまりやらないので良くはわからないのだが、このキャラクターが海外ではMtoFのトランスジェンダーであると受け取られているということに違和感を表明するツイートを多く呼んだので、この点における日本と西欧文化圏との「文化の違い」について改めて認識した、という感じがある。

日本において、「女装する男子」というのはある種日常的な文化というか、少なくとも歌舞伎などにおいて男性が女性を演じる、女装をするということは普通のことであり、そうしたことに対する心理的抵抗はそれほどは大きくないと思う。

ツイートを読んでいても歌舞伎の例のみならず、ヤマトタケルノミコトが女装してクマソタケルを倒した例などもあるし、中世寺院の「稚児を愛でる」文化、また雅楽以来女性の役を男性が演じることに対する「女形の文化」というものは能や歌舞伎においても当たり前のことで、特に歌舞伎においてそれが開花したというところはあると思う。

現代の「男の娘」というのはその延長線上に開花したようなところがある。少し前の「ぼくらのへんたい」という作品は、性同一性障害であるとか女装させられて男性にレイプされたトラウマとか母親が死んだ姉を求めるのでそれに応えるためというような理由で女装する少年たちの話だが、その女装はあくまで自然で、MtoFのトランスジェンダーも男色もあるけれどもそうでなくても女装そのものの面白さのようなものを求める嗜好のようなものも描かれていたと思うし、「女装してる自分が本当の自分」みたいな「行きっぱなし」の感覚でもなく、「日常性からの解放」とか「違う自分として振る舞える」「単にモテる」みたいなそんなにハードルが高くない理由での女装も実際には結構多いのではないかと思う。

私の女装経験というのは高校の「美人コンクール=クラス代表の女装男子が人気投票を競う」みたいなものと、基本的に演劇で女性の役を演じたことしかないけれども、前者はまあ男子校ノリなのだがそれでも女子もいたのでメイクを女子にやってもらったりして普段にない経験ができ、演劇をやっていた頃もメイクが面白く、これはハマる人はハマるだろうなと思った。

日本は基本的にそういうところのハードルが低く、だからLBGTQなどと理論武装した人たちの理屈を言われると面食らう人々が当事者を含めて多いのだろうと思う。おしなべてフェミニズムもそうだがジェンダーがらみのことは西欧と文化が違う面が多く、そうした新来理論の来襲で混乱していたり面食らっていたりする面は多いように思う。

結局、そのような文化衝突の一番大きな理由は、西欧思想が「二項対立」でモノを考えることを前提としていることで、「男の娘」を見てバグってしまうようなところに日本文化から見た西欧哲学の限界のようなものを感じるのだが、鈴木大拙など戦前にはそういうアンチテーゼも提出されていたと思うが敗戦後はなかなかそのような面からの主張や提案が広く西欧に認識される試みはあまり多くないなあと思ったりはした。

***

今朝読んでいて感銘を受けたのが元横綱稀勢の里の二所ノ関親方のインタビューだった。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220810/k10013761011000.html

稀勢の里は現役時代から好きだったし、横綱で十分力を発揮できなかったのは残念だったがその分後進の指導に余力が残ったのかなと感じた。21世紀に相撲というものが生き残るために必要なアプローチだと思うし、伝統と革新の中で新たな時代を築いてくれる人になるのではないかと読んでいて思った。期待したい。

私も最近あまり相撲が面白く無くなってきて、もう相撲もダメになっていくかなと思っていたけど、こういう人がいれば大丈夫だなと思った。「伝統と革新」ということに関しては以前は貴乃花に期待していたのだけど、あの人はどうも妙にトリッキーというか変な方向に行ってしまって、流れを変える前に自分で転んでしまった感じがある。

それに対して稀勢の里のインタビュー、読んでいて安定感があるし、人格的にもこの人なら信頼できる、という感じを強く感じた。ただそういう人だからうまくいく、というわけではないのでなんとか彼の理想が結実し相撲がまた盛り上がるように応援できたらいいなと思う。

貴乃花のような持って生まれたカリスマ性のようなものはなく、いろいろ苦労した中で段々に身についたものが彼の武器だとは思うが、頑張ってもらいたいと思った。

「ブリジット」と「男の娘」をめぐる日本の文化的伝統/元横綱稀勢の里インタビュー:21世紀の相撲の未来

Posted at 22/08/11

8月11日(木・山の日)晴れ

昨日はフル回転の1日で、めちゃくちゃたくさん用事をこなしたのだが、新規に出てきた用事もあり、今日も松本の整体に出かけるほかにいくつか用事が残っていて、とりあえずなんとかしようと思う。少しは頭の中が片付いてきた感じもあり、シンプルにいろいろなことをやって行けるといいと思う。暑いのは暑いのでいろいろ対策は必要だが、なんとか体調を維持して夏を乗り切りたいなと思う。

***

ちょっと面白いなと思ったことについていくつか。

https://news.denfaminicogamer.jp/news/220809m

「ギルティ・ギア・ストライブ」というゲームで「ブリジット」という「男の娘」キャラクターが人気を呼んでいるという。私はゲームをあまりやらないので良くはわからないのだが、このキャラクターが海外ではMtoFのトランスジェンダーであると受け取られているということに違和感を表明するツイートを多く呼んだので、この点における日本と西欧文化圏との「文化の違い」について改めて認識した、という感じがある。

日本において、「女装する男子」というのはある種日常的な文化というか、少なくとも歌舞伎などにおいて男性が女性を演じる、女装をするということは普通のことであり、そうしたことに対する心理的抵抗はそれほどは大きくないと思う。

ツイートを読んでいても歌舞伎の例のみならず、ヤマトタケルノミコトが女装してクマソタケルを倒した例などもあるし、中世寺院の「稚児を愛でる」文化、また雅楽以来女性の役を男性が演じることに対する「女形の文化」というものは能や歌舞伎においても当たり前のことで、特に歌舞伎においてそれが開花したというところはあると思う。

現代の「男の娘」というのはその延長線上に開花したようなところがある。少し前の「ぼくらのへんたい」という作品は、性同一性障害であるとか女装させられて男性にレイプされたトラウマとか母親が死んだ姉を求めるのでそれに応えるためというような理由で女装する少年たちの話だが、その女装はあくまで自然で、MtoFのトランスジェンダーも男色もあるけれどもそうでなくても女装そのものの面白さのようなものを求める嗜好のようなものも描かれていたと思うし、「女装してる自分が本当の自分」みたいな「行きっぱなし」の感覚でもなく、「日常性からの解放」とか「違う自分として振る舞える」「単にモテる」みたいなそんなにハードルが高くない理由での女装も実際には結構多いのではないかと思う。

私の女装経験というのは高校の「美人コンクール=クラス代表の女装男子が人気投票を競う」みたいなものと、基本的に演劇で女性の役を演じたことしかないけれども、前者はまあ男子校ノリなのだがそれでも女子もいたのでメイクを女子にやってもらったりして普段にない経験ができ、演劇をやっていた頃もメイクが面白く、これはハマる人はハマるだろうなと思った。

日本は基本的にそういうところのハードルが低く、だからLBGTQなどと理論武装した人たちの理屈を言われると面食らう人々が当事者を含めて多いのだろうと思う。おしなべてフェミニズムもそうだがジェンダーがらみのことは西欧と文化が違う面が多く、そうした新来理論の来襲で混乱していたり面食らっていたりする面は多いように思う。

結局、そのような文化衝突の一番大きな理由は、西欧思想が「二項対立」でモノを考えることを前提としていることで、「男の娘」を見てバグってしまうようなところに日本文化から見た西欧哲学の限界のようなものを感じるのだが、鈴木大拙など戦前にはそういうアンチテーゼも提出されていたと思うが敗戦後はなかなかそのような面からの主張や提案が広く西欧に認識される試みはあまり多くないなあと思ったりはした。

***

今朝読んでいて感銘を受けたのが元横綱稀勢の里の二所ノ関親方のインタビューだった。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220810/k10013761011000.html

稀勢の里は現役時代から好きだったし、横綱で十分力を発揮できなかったのは残念だったがその分後進の指導に余力が残ったのかなと感じた。21世紀に相撲というものが生き残るために必要なアプローチだと思うし、伝統と革新の中で新たな時代を築いてくれる人になるのではないかと読んでいて思った。期待したい。

私も最近あまり相撲が面白く無くなってきて、もう相撲もダメになっていくかなと思っていたけど、こういう人がいれば大丈夫だなと思った。「伝統と革新」ということに関しては以前は貴乃花に期待していたのだけど、あの人はどうも妙にトリッキーというか変な方向に行ってしまって、流れを変える前に自分で転んでしまった感じがある。

それに対して稀勢の里のインタビュー、読んでいて安定感があるし、人格的にもこの人なら信頼できる、という感じを強く感じた。ただそういう人だからうまくいく、というわけではないのでなんとか彼の理想が結実し相撲がまた盛り上がるように応援できたらいいなと思う。

貴乃花のような持って生まれたカリスマ性のようなものはなく、いろいろ苦労した中で段々に身についたものが彼の武器だとは思うが、頑張ってもらいたいと思った。

「世界史としての大東亜戦争」:日本が戦争に向かった理由/「戦争放棄」という魔法の呪文の期限切れ

Posted at 22/08/10

8月10日(水)晴れ

北の方では豪雨、関東から西では猛暑酷暑という感じになっているが、諏訪でも寝苦しかった。まあ寝苦しくなくてもそんなによく眠れてないのでどこまで暑さのせいかは分からないが。今日は朝からやることがたくさんあってそれを考えていてよく眠れなかったということもある。休み休み無理をしないで行こう。

昨日はいろいろものを考えていて少し整理されたのだが、「美しく生きる」と似ているが「自然に生きる」というのもあるなと朝考えていて思った。仕事のことなども少し整理されてきたのでもう少し詰めたら方針として成立するかもしれない。しっかりやろう。



昨日は「世界史としての大東亜戦争」を少し読めた。とりあえず第3章まで読めたのだが、今まで読んだ感じでは、「20年前にこれを読みたかった」というのが正直なところ。あの頃は右と左でドンパチやっていて、こういう冷静な議論はなかなか読むことができなかった。日本が当事者となり、また当事者と利害関係のある人がまだ多かったあの頃ではなかなかそういうこともできなかったのかもしれない。戦後57年にはなかった冷静に分析するための環境が、戦後77年の今年になってようやく整ってきたということなのかもしれない。

いろいろ面白かったが、日本の近代化の軸になる思想が、西欧的立憲主義の形を取り「大日本帝国」の形を定める帝国憲法を中心としたいわば国際主義と、教育勅語に現れる「共同体としての日本」の二つがあり、それが融合しないまま見切り発車して、日本民族の優秀性により帝国が成功したという日本主義・民族意識とアジアを指導していくというアジア主義が後者の中でも分裂して、その二つが数十年せめぎ合っていたけれども、1920年代後半以降の国際状況の変化の中で国内政治的に西欧よりの国際主義が弱体化し、後者が暴走するようになったという分析はわかりやすいと思った。

司馬遼太郎などが昭和日本はいきなり狂った、みたいなことを言っていてそう思っている人も多いだろうけど、もともと二つあったものの一方が国際関係の変化で失速してしまった、というふうに考えるのが現実的だろうと思う。

またアメリカも、元々は「例外の国」「孤立した国」という意識を持っていたのがウィルソン政権あたりで「自分たちの理想こそが普遍」といういわば「目覚め」を経て、現在の国際法規範(侵略戦争の禁止など)を金科玉条とする理想主義の側面が強くなってくるなどの変化があった、というのもわかりやすいと思った。

また日米交渉においても、日米間にはもともと対立する根深い問題などは存在しなかくて、だからこそそういう問題で交渉もできず、妥協することもできなくて、現実論的なやりとりの中から突然理想主義的な「ハル・ノート」が提出されて日本は最後通牒と受け取った、という展開もなるほどと思った。

***

またこれは戦争に関し、Twitterでやりとりをして思ったことだが、日本がなぜとても平和意識が強い国になったのかという問題に対して、戦後から言論界・教育界を支配してきた勢力の力がやはり強かったのだろうなと思った。

これはシンプルすぎる見取り図だが、もともとはGHQのGS、つまり民政局がニューディーラーの影響が強い左派的な人々によって主導されていて、右派言論人は公職追放され、共産党・社会党を中心とした左派政党と日教組、またリベラル派の大学知識人の三位一体で平和教育が推進されたのが相当効果を挙げていたということなのだろうと思う。

しかしその前段階として、米軍によって苛烈な空襲が行われ、多くの若者が戦死したのに、占領軍としてやってきた米軍は思いがけず「寛容」で、その占領政策に対してギャップ萌えを感じたというか一種のストックホルム症候群的なものに日本全体がなったということもあるのではないかという気がした。

特に「戦争放棄」という言葉が魔法の呪文だったのではないかという気がする。いやでも付き合わなければならなかった戦争を、放棄できる!まるで魔法の言葉で、「戦争を放棄したら自分たちは戦わなくていいんだ!」というある種の興奮というか酩酊に一気に洗脳された感じはあると思う。「他の国が攻めてきたらどうするか」という不安も左派は「戦争しない国にはどこも攻めてこない」というおまじないまがいの言説でそれでも多くの支持を得、保守政権は「攻めてきたらアメリカが守ってくれる」という現実的な、それでも「自分たちは戦争を放棄していられる」という仕組みを作ったために、「戦争の議論自体がナンセンス、反省だけしてればいい」という変な状態になってしまったのだろう。

現実にロシアがウクライナに侵攻し、中国の台湾有事がまさに現実味を帯びている今になっても、その幻想から冷めない人が多いのは、そうした教育が戦後70年以上続けられてきたことの賜物なのだろうと思う。

実際のところ、日本人が戦争と平和について現実的な議論をするためには「戦争放棄」という魔法の呪文はもう効かなくなった、あるいは最初から効いていた気がしただけの嘘だった、というところから確認しないといけないのだと思うが、そうなるとまた戦後日本の国体は大変動が必要になるわけで、そこまでは安倍さん達の努力もまだ及んでいないなあと思う。

そんなことを考えた。


こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

author:kous37
sex:male


電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2022年08月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday