ゆうきまさみ『新九郎、奔る!』を読み始めた。

Posted at 20/01/19

最近めっきりブログもマンガの感想も書かなくなったので、今日は久しぶりにちょっと書いてみよう。
最近読み始めた作品でこれは面白いと思ったものを一つ上げると、ゆうきまさみ『新九郎、奔る』だなと思う。これは今まで月刊スピリッツで連載されていたのだが、新年7号から週刊スピリッツでの連載になった。既刊三巻だが、どれも面白い。移籍したばかりということもあり、まだ3巻ということもあり、今読み始めるにはよい時期だと思う。

新九郎とは伊勢新九郎盛時、いわゆる北条早雲のことだ。北条早雲については最近の研究の進展で従来のイメージとは全然異なる像が描き出されるようになっているのだが、この作品ではその新しい像をベースに、まだ京都にいる時代の元服前後の新九郎について描かれている。

従来のイメージでは素浪人であった新九郎だが、最近の研究では室町幕府で代々政所執事を務めた伊勢氏の一族で備中伊勢氏の出としてこの作品では描かれている。伊勢氏については私もあまり詳しくはなかったのだけど、このマンガを読んでかなり政所執事の権限の強大さについて理解できた。ウィキペディアなどを読めばわかる程度の伊勢氏の情報より一歩踏み込んだ描かれ方をしている点は、もちろん作者の創作なのだと思うが、そのへんの必然性もよく練られていて、読んでいてとても面白い。

時代は応仁の乱、新九郎の兄八郎は足利義視(今出川殿)に仕えていたが、東軍の総大将であるはずの義視が密かに陣を出て西軍に合流することになった際、義視に従おうとした八郎は一族の伊勢守景に誅殺されてしまう。もともと棟梁になる可能性がなかった新九郎が思いがけず目前の兄の死により一族を率いる立場になってしまう場面は、胸に迫るものがあった。またそれが新九郎の異母姉・北川殿が今川義忠に輿入れする当日でもあるという劇的構成でその悲劇性を高めているのもオーソドックスな手腕で重厚さを感じた。

新九郎の目を通して描かれる権力者たち、義理の叔父である政所執事の伊勢伊勢守貞親や管領細川勝元、またその舅である山名宗全などもとても魅力的に描かれており、応仁の乱の時代が立ち上がってくるようだ。それらのキャラが立つのも、主人公である新九郎が一本気ではあるが聡明で果断な少年として描かれているところによるところが大きいなと思う。北条早雲はもっと謀略的な「戦国大名の祖」というイメージがあるけれども、そのイメージとはいわば正反対に描くことで、時代のある種退廃した雰囲気をより強く描き出すとともに物語に凛とした雰囲気を醸し出すことに成功している。アニメになったらいいなと思う作品だ。

ちなみに、母が八郎と北川殿の生母である貞親の妹ではなく横井掃部助の娘(側室)とした設定は北条五代記によるものということをいまウィキペディアを読んで知った。

特に歴史を好きな人にはお勧めできる作品だと思う。

今年連載終了した作品の感想を書いてみた

Posted at 19/12/30

今年も最後になってしまったが、年末らしくマンガのレビューでも書こうかと思う。今年よかったマンガを書くというのもいいが、今年の印象は、ずっと読んでいた作品が最終回を迎えたケースが多かったので、「今年連載が終わったマンガ」というテーマで書いてみたいと思う。6巻以上続いたもの、という基準で。
「食戟のソーマ」。全36巻。アニメでは連隊食戟までやったけれども、連載ではこのあとノワール編、ブルー編、そしてデザートと続いてエンド。食の感動を性的な興奮で翻訳して表現するというある意味画期的な作品で、ファンも多かったと思う。すごく実直な部分と荒唐無稽な部分が上手くミックスされていた感があったが、終盤はかなり荒唐無稽で、料理の描写すらすっ飛ばしている戦いが多かった。しかしどこでどう使い回されても通用しそうなキャラの立った生徒・料理人が次々と出てきて、なんというか永遠感がある作品になったなと思う。楽しかった。

ユーベルブラット(23)(完) (ヤングガンガンコミックス)
塩野 干支郎次
スクウェア・エニックス
2019-06-25



「ユーベルブラット」全23巻。帝国への復讐、ダークファンタジーという感じで始まったが、途中で仇が闇落ちし、返って正義のヒーローとして「戻る」という展開で、バトルファンタジーとしても一筋縄ではいかない展開だった。海外で人気が高い作品だというが、わかる気はする。
「ハイスコアガール」全10巻。終了したのは去年だったが、最終巻が出たのもアニメの終わりも今年だったので、今年まで引っ張った感はある。日常ファンタジーというか、日常は日常としてあんなにゲームが強いということ自体がある種のファンタジーにも感じたし、大野さんと日高さんという二人のタイプの違うヒロインが最後まで見せてくれたなあと思う。ビッグガンガンでは日高小春を主人公にした「ハイスコアガールダッシュ」の連載が始まり、屈托に塗れたアラサーの小春がこれからどんなゲームとの関わりを見せるのか、楽しみ。ていうかハルオと大野さんはどうなったんだろう。

Change!(6) (KCデラックス)
曽田 正人
講談社
2019-12-17



「Change!」全6巻。お嬢様高校生のラップバトルマンガで、まだまだ先があると思っていたら突然終わってしまい、ちょっと残念。ただまあ、こういうのは言葉を考えるのも大変だし、相当なストックが最初にないと結構厳しいんだろうなとは思った。MCしおりんの前向きなラップは良かった。
「進撃の巨人Before the fall」全17巻。「進撃の巨人」のスピンオフだが、原作の世界を借りて原作より数十年前の世界を描いている。もともとはラノベだったものを、巨人の子=キュクロとその恋人・シャルルを主人公に全体を作り直した感じ。オリジナルとはかなり世界が違うけれども、キュクロもシャルルもラノベよりマンガの方がかなり魅力が増した感がある。
「源君物語」全16巻。光源氏育成作戦、という企画で、女性恐怖症の青年が源氏物語に出てくるキャラに擬せられた女性をものにしていく、というストーリーで、紫の上や女三宮はどうなるのかと思ったが青少年健全条例に引っかかりそうな描写はなかった。なんとなくもやっとした終わり方ではあったが、さてこの先この人の人生はどうなるんだろうなあとか。
「ドロ刑」全7巻。伝説の泥棒と身体派の刑事が付かず離れずで。お姉さんと絡み始めたあたりがどうなるのかなという感はあったが、なんとなくノリを超えないまま行ってしまい、まあそんなものかなで終わった感があった。
「早乙女選手、ひたかくす。」全10巻。初々しい部活カップルの純情が爆発するところと筋肉がフル稼働するところのギャップが魅力、という感じ。最後まで青春の味、みたいな感じだった。これもいつまでもずっと連載されてる気がしてきていた作品。
「はじめアルゴリズム」全10巻。これも年末になって終わることがわかり、びっくりした。最終的に、これははじめとウチダの物語だったんだなと再確認した。でも天才ってすごいよな。
「響 小説家になる方法」全13巻。これも天才少女作家の話。文学ネタが過激なバイオレンスになるという目の覚めるような展開に1巻を読んだ時に超驚いたが、ちゃんと面白いものが面白いと評価される世の中で良かったなと。最後の方はだいぶ丸くなった感じはあったが、世界にケンカを売りにいくのもまた面白いかなとは思った。
「ふたりのおうち」全4巻。これは少し短いけど感想を書きたく。工場勤めの孤独な青年と囲われ者の美容師の訳ありカップル。狭くて陽の当たらないアパートの二人の居場所を見出すが・・・という話なのだけど、彼女の方が自分探しに行ってしまうラストがもう一つ何か違う展開があったんじゃないかなという気がして。でも好きな作品だった。
「レディ&オールドマン」全8巻。不老不死の男・オールドマンとサイドカー付きのバイクに乗るレディ。50年代のロサンジェルスを舞台にしたミステリー。オノナツメさんの絵がストーリーに合ってて良かった。

こうしてみると、今年連載終了した作品には、個性的な作品が多かったなと。どの作品も、楽しませていただいた。ありがとうございました。

月刊マガジン1月号感想

Posted at 19/12/07

寒いような、この時期としては暖かいような、両方の感じがあるが、やはり寒いのだと思う。
月刊マガジン1月号感想。
「龍帥の翼」」。漢王となった劉邦が漢中の三秦を滅ぼし、中原への進出を図る際、張良がわずか千騎で韓を従えるエピソードが中心。韓王成という人物はそんなに認識がなかったが、この物語ではかなり持ち上げられている。
「さよなら私のクラマー」。ワラビーズ反撃開始。白鳥=ダンシングスワンの目覚め。興蓮館は15番九谷の活躍。そしてボランチの位置から?的確な指示を出す田勢。恩田と周防で3人を抜けという指示に対し、ふたりに着かれても間を強引に抜いていく恩田。かかとを踏まれて靴が脱げてしまったまま走る恩田からのクロスは、白鳥を超えて田勢へ・・・実況してどうする。でも展開そのものがいい。リズムの良さがこの作品の魅力だと思う。

Change!(6) (KCデラックス)
曽田 正人
講談社
2019-12-17



「Change!」。なんと驚きの最終回。ここで終わるとは思わなかった。ただラップに熱中するしおりんが、国文学の教授の父を説き伏せ、そして会場まで見にきたお嬢様学校の厳しい先生たちにも納得させるリリックを歌うことで気持ちを変えさせていくことができたなら、その先は真っ直ぐに未来に向かってるかもしれない。魅力的なラッパーが何人も出てきて、これからいろいろと展開もできるのではないかと思ったけど、まあラップのリリックを作ること自体が大変なのかもしれないな。ただラップバトルという物をこの作品で知って面白かった。
「ボールルームへようこそ」。今月は掲載されてる。15ページ。都民大会審査員たちのエピソード➕クイックステップ。あっという間に終わった。釘宮は時々ふらつくも落武者さんのフォローでなんとか踊りきる。こぼれる笑み。多々良たちはそんな釘宮たちを見てさらに踊りの魅力を上げていく。来月も掲載されるといいな。単行本は1月17日発売とのこと。この作品のために月マガのバックナンバーがだいぶ溜まっているので、単行本が出たらかなり部屋がスッキリしそうだ。

忙しい

Posted at 19/12/05

個々のところブログが書けてないのは忙しいだけが理由ではないのだけど、忙しいこと自体は紛れもない事実。昨日今日は本当に忙しくて自分のことをやる余裕がなかった。

それでも昨日今日で懸案になっていたもののいくつかが解決したので、少しは余裕が出るかなとは思う。

インスタとかツイッターとかSNSでは少し写真や短文があげられなくはないが、もう少しまとまったものが書けるといいなと思う。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2020年01月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday