「魔法使いの嫁」:家族という障害、嫉妬という闇、悪魔による提案

Posted at 18/02/23

魔法使いの嫁 8 (BLADE COMICS)
ヤマザキコレ
マッグガーデン
2017-09-08



「魔法使いの嫁」既刊第8巻まで読了。

この辺りではチセとエリアスが対立する展開になっていてちょっと読んでいて苦しい感じはあるのだが、この対立が起こったのはそれぞれの変化の象徴でもある。

エリアスはチセを買ってからもクールな怪物であり続けたわけだが、チセがステラという少女に心を開き、楽しそうにしているのを見て、どうしようもない嫉妬の感情にかられる。それはチセによって鎮められるのだが、チセの危機に際してそれが再燃する。

チセは密猟者に捕らえられた竜の子が自分と同じ異世界的なものを扱うオークションにかけられている(チセはそこでエリアスに買われた)のを知り、魔法学院の面々とともに買い取ることで救出を目指すのだが、竜の子が暴れてしまい、それを鎮めようとしたチセは竜の呪いを受けてしまう。

もともとの体質が莫大な魔力を持っている割にひ弱な体で長生きができないと言われていたのに、竜の呪いで命がわずかだということになり、魔女との交渉なども経て、エリアスはチセに内緒でステラを犠牲にしてチセを救おうとする。またチセの使い魔であるルツはチセを護ることが第一なのでエリアスに賛成し、その動きに気づいたチセはエリアスに強い怒りをぶつける。

誰よりも自分のことを思ってくれる人が、誰よりも自分の前に立ちはだかり、自分の意思、自分のやりたいことの障害になる。つまり、それが「家族」というものなのだが、本当の家族よりも強い絆で結ばれているエリアスやルツがそういう存在になってしまうというのは辛いことだけどやはり読む人も誰もが皆そういうことを経験している、あるいはそこでの軋轢を避けるために対立はしないでもそこでその「優しい障害」に立ち塞がれた、あるいは立ち塞がれそうになったことはあるだろう。

そしてもう一つはエリアスの嫉妬。嫉妬というものの闇の深さが、人間でない存在であるエリアスが持つことによってそれがより純粋な底知れぬ闇に見える。人の嫉妬はよく醜いというが、嫉妬というものの本質は醜さではなく、深い闇なのではないかと思わされる。

そしてエリアスが用意しルツが止めなかったチセの「救済」をチセは怒りとともに否定するが、(まずここで怒るということ自体がチセの大きな「変化=成長」だ)あんなにエリアスに捨てられることを恐れていたチセがエリアスでなく竜の子を密猟した主犯であり、ステラの体を乗っ取っていたヨセフ=カルタフィルス(不死の悪魔)の提案に乗る。この辺はなんだか「ファウスト」的ですらある。

熱量の低い物語展開が続いていてそこが現代的で面白いなと思っていたが、ここにきてかなり感情の強い動きが出てきて、不思議な青い炎のような温度の低い熱を感じるようになってきた。たとえ温度が低くても炎であるから、不用意に触れると低温で炎上してしまいそうな。

「魔法使いの嫁」:家族という障害、嫉妬という闇、悪魔による提案

Posted at 18/02/23

魔法使いの嫁 8 (BLADE COMICS)
ヤマザキコレ
マッグガーデン
2017-09-08



「魔法使いの嫁」既刊第8巻まで読了。

この辺りではチセとエリアスが対立する展開になっていてちょっと読んでいて苦しい感じはあるのだが、この対立が起こったのはそれぞれの変化の象徴でもある。

エリアスはチセを買ってからもクールな怪物であり続けたわけだが、チセがステラという少女に心を開き、楽しそうにしているのを見て、どうしようもない嫉妬の感情にかられる。それはチセによって鎮められるのだが、チセの危機に際してそれが再燃する。

チセは密猟者に捕らえられた竜の子が自分と同じ異世界的なものを扱うオークションにかけられている(チセはそこでエリアスに買われた)のを知り、魔法学院の面々とともに買い取ることで救出を目指すのだが、竜の子が暴れてしまい、それを鎮めようとしたチセは竜の呪いを受けてしまう。

もともとの体質が莫大な魔力を持っている割にひ弱な体で長生きができないと言われていたのに、竜の呪いで命がわずかだということになり、魔女との交渉なども経て、エリアスはチセに内緒でステラを犠牲にしてチセを救おうとする。またチセの使い魔であるルツはチセを護ることが第一なのでエリアスに賛成し、その動きに気づいたチセはエリアスに強い怒りをぶつける。

誰よりも自分のことを思ってくれる人が、誰よりも自分の前に立ちはだかり、自分の意思、自分のやりたいことの障害になる。つまり、それが「家族」というものなのだが、本当の家族よりも強い絆で結ばれているエリアスやルツがそういう存在になってしまうというのは辛いことだけどやはり読む人も誰もが皆そういうことを経験している、あるいはそこでの軋轢を避けるために対立はしないでもそこでその「優しい障害」に立ち塞がれた、あるいは立ち塞がれそうになったことはあるだろう。

そしてもう一つはエリアスの嫉妬。嫉妬というものの闇の深さが、人間でない存在であるエリアスが持つことによってそれがより純粋な底知れぬ闇に見える。人の嫉妬はよく醜いというが、嫉妬というものの本質は醜さではなく、深い闇なのではないかと思わされる。

そしてエリアスが用意しルツが止めなかったチセの「救済」をチセは怒りとともに否定するが、(まずここで怒るということ自体がチセの大きな「変化=成長」だ)あんなにエリアスに捨てられることを恐れていたチセがエリアスでなく竜の子を密猟した主犯であり、ステラの体を乗っ取っていたヨセフ=カルタフィルス(不死の悪魔)の提案に乗る。この辺はなんだか「ファウスト」的ですらある。

熱量の低い物語展開が続いていてそこが現代的で面白いなと思っていたが、ここにきてかなり感情の強い動きが出てきて、不思議な青い炎のような温度の低い熱を感じるようになってきた。たとえ温度が低くても炎であるから、不用意に触れると低温で炎上してしまいそうな。

「魔法使いの嫁」:私という人間について考えさせられる人間と人間でないものの物語

Posted at 18/02/22

魔法使いの嫁 7 (コミックブレイド)
ヤマザキコレ
マッグガーデン
2017-03-10



「魔法使いの嫁」読んでる。今7巻。

「魔法使いの嫁」が読みやすいのは、ナルシズムがないことだなと思う。作者も登場人物たちも自己評価が低いというか。1989年生まれということなので、ゆとり世代。萩尾望都さんの作品などを読んでいると面白いのだけどナルシスティックで、それに酔う快感というのはあるのだけど、物語について考えることはあっても人間について考えることはあまりない。

「魔法使いの嫁」を読んでいると、「人間」について考える。人間と、人間でないもの。人間であっても常人を超えているもの。でもそれらはそれぞれに脆く、あるいは幼く、あるいは年老いて不完全なものがちだ。それら彼らを見ているうちに、自然に人間について考える。それも、「人間存在」と言った抽象的なものではなく、目の前にいる自分自身であったり、あるいは母であったり、身近な人、少なくとも心の中では身近な人について考える。

それがなぜなのかは分からないが、この作品を読んでいると、人間でも人間でないものでも、不完全であることは赦されるし、また不完全であることこそが自然なあり方であるという感じがしてくるからかもしれない。自己評価の高い人間は完全なものを目指すが、自己評価の低い人間はありのままであることを認めることができる、ということなのかもしれない。そこから先、どこへ行くかはわからないけれども。

私自身が一番感情移入をできるのは、チセもあるけれども(チセとはアイヌ語で家という意味だ)、よりエリアスに感情移入できる部分が大きい気がする。エリアスは犬の頭骨と山羊の角が頭部にある怪物なのだけど、チセはそれを自然に受け入れている。これは誰もが感じることかはわからないが、自分の中にある種の怪物性を意識する人というのは多分少なからずいるだろうと思う。だからある意味、エリアスが魔法使いたちの中である種自然に存在することは、怪物らしきものを内部に抱えた私自身や他の人間もまた自然に人間として生き、また人間として年老いて死んで行く自然さみたいなものと通じるような気がした。

「魔法使いの嫁」はイギリスを舞台にした、日本人の少女と人間でない魔法使いの物語だけど、これは今の日本でしか生まれない、物語なのではないかと思う。

「魔法使いの嫁」2巻まで読んだ。

Posted at 18/02/21

魔法使いの嫁 1 (BLADE COMICS)
ヤマザキコレ
マッグガーデン
2014-04-10



「魔法使いの嫁」が面白い。まだ2巻までしか読んでないが、とてもワクワクする。読み始めたときはまだよくわからない感じだったが、まあノリがわかってきたということもあり、だいぶ読みやすくなってきた。

「不滅のあなたへ」が「異世界ファンタジー」だという言葉に首をひねった(あれはファンタジーではなくむしろ神話ではないか)が、この「魔法使いの嫁」も「人外×少女」だと言われると抵抗はある、というかもっと自然にそこにそういうものがあるという感じがする。まあ「人外×少女」というのは作者ご本人が書かれていることではあるのだが。まあつまりエリアス=魔法使いという存在をどう見るかということだな。

骨頭のエリアス(顔は犬の骨にヤギのツノが生えている。私は牛の骨かと思っていた)は気を使って人前に出るときは人間の顔に化けているのだが、主人公のチセは最初からあまりそれに違和感がなかったようで、すでに第2話にしてエリアスが人間に化けてるのを見て「胡散臭い」とか言ってるのが可笑しかった。

元々は深夜アニメでちらっと見て、その後も見たり見なかったりしてるのだけど、原作買ってみて良かったと思う。この空気感は好きだ。キャラが立ってる割にみんな静かで穏やか。そして影がある。スピ系ファンタジー系にありがちな大暴れ感がない。この世ならざるものとの静かな共生。という印象を、1巻読み終わった時点で受けた。

2巻を読み終わった。やはり面白い。好きだ。第1巻よりさらに自由に描いてる気がする。魔力を回復するのに妖精の国に行くのだな。そういう場面がアニメにもあった。常世の国的な常若の国。そういう概念というかイメージ、いいなあと。

時間がないのでとりとめないことしか書けないが、そんな感じ。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:54
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2018年02月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday