弐瓶勉さんの「人形の国」1巻を読みました。弐瓶作品初の少年誌ヒーロー。

Posted at 17/05/17

弐瓶勉さんの「人形の国」1巻を読みました。


 

「シドニアの騎士」の連載が終わり、しばらく飢餓状態が続いていたのですが、昨年のヤングマガジン23号で一度読切りの形で掲載された「人形の国」が面白く、連載になるのを待っていたのですが、結局月刊シリウスで今年の4月号から設定もやや変えられて改めて連載が始まりました。

舞台は直径12万キロの人工天体アポシムズ。地球の10倍くらいの大きさ(ということは体積は1000倍になりますが)です。実は「シドニアの騎士」にシドニアと同じような播種船としてアポシムズと言う宇宙船が出て来るのですが、大きさ的に考えると同じものとは考えにくいですね。まあどんな設定があるかわかりませんが、むしろ感じとしては「バイオメガ」に出て来た復物主に近い気がします。まあスケール的には復物主の方がメチャクチャ巨大ですが。

どこかのインタビューで答えていましたが、弐瓶さんは人工物の方が自然の惑星・衛星より安心出来る、なぜなら自然の星は数億年、せいぜい数十億年経ったら滅びてしまうから、と言っていて、その感覚が独特だなと思いました。私は人工物の方が壊れて使い物にならなくなるというイメージなのですが、弐瓶さんの描く世界は確かに人工物が設計者の思惑を超え、人類にコントロール出来なくなった世界が描かれていて、自己増殖する人工物の世界で生き残った人間たちがなんとか生き残ろうとあがいているという設定がBLAME!などにもあります。この人工物の侮れない耐久感と制御不能感が弐瓶的世界の根本にあるように思います。

読切りの時に出て来た自動人形のタイターニアが私は好きだったのですが、このキャラクターだけ(場の設定は割合近い感じですが)連載でも生き残っていて、やはりタイターニアを軸に話が進みます。

このタイターニアのキャラが何とも言えません。シドニアの女性キャラの何人かの要素が融合し、又その中から抽出した、という感じで、とてもいいなと思います。

主人公として活躍するエスローというキャラは、ちょっと新鮮です。弐瓶作品初の少年誌、ということもあるのでしょうか、努力して成長する少年誌の正統的ヒーローの要素が強いです。BLAME!の霧亥を始め、弐瓶作品では感情があるのかないのかわからないヒーローが多かったですし、シドニアの谷風みたいにラブコメ要素が強いわけでもない。タイターニアの体液?を摂取するところなどは「星白由来の水」を思い出さないこともないのですが、基本的に「等身大」と「成長」の要素が印象的です。

もう何回か読み返したのですが、まだ設定があんまりよく飲み込めてない部分が多いです。もう少し自分なりに理解出来てから、また感想を書ければと思います。今日はこの辺りまで。

今週のジャンプ。鬼滅の刃とか、ハイキューとかワンピースとか。パワーのある雑誌。

Posted at 17/05/15

5月15日。今日はジャンプの発売日。毎週、日曜の夜中の12時前に、家の裏にあるローソンにジャンプを買いに行って、夜のうちに読みます。今週印象に残ったものの感想を少々書きます。
表紙及び巻頭カラーは吾峠呼世晴「鬼滅の刃」大正ロマン・昭和残酷物語のような世界と鬼に関わる伝奇ものを現代風にアレンジし、他にない独自の世界を作り出すことに成功して、最初は地味に思えましたがついに1周年。キャラクター人気投票も実施されるところまで来ました。こういう作品は諸星大二郎さんもそうですがマニア受けはしても少年誌では難しいのではないかと思っていたのですが、程よく現代感覚を混ぜることに成功し、一部の熱い支持と幅広いポピュラリティを獲得したように思います。海賊もの、スポーツもの、忍者ものなどに続いて大正ものが少年誌で広まるのか、楽しみにしたいと思います。

今回、主人公の炭治郎はイノシシの皮を被った伊之助と協力し、機関車に一体化した鬼と戦っている。夢を見せる鬼に惑わされ、危うく命を落とすところだったのを伊之助に救われるなど、とてもスリリングな展開で、今一番面白くなって来たマンガの一つだと思います。欲を言えばキャラクターがまだまだ魅力的になりうるように思えるので、その辺りを今後に期待したいと思っています。
続いて古舘春一「ハイキュー!」今一番面白いバレーまんが。インターハイ準優勝の稲荷崎高校は狐関係で攻めて来ています。主人公・日向翔陽の烏野高校はもちろんカラス関係ですが。お稲荷さんの狐のような双子のセッター・宮侑とセッター対格宮治のコンビ。この二人の、というか主に宮侑の方ですが、高度な技を炸裂させます。そしてついに、日向と影山にとって驚愕の事態が。この展開は上手いと思います。来週が楽しみです。


 

続いて尾田栄一郎「One Piece」。ビッグマムの茶会に殴り込みを欠けた麦わらの一味。それに協力するシーザー、ベッジ、そして救い出されようとするヴィンスモーク家。レイジュの笑顔がいいです。そしてついに炸裂する例のアレ。サンジ、ナミの活躍。そしていまビッグマムとマザーカルメルの秘話が明かされようとしている…というところで次回。残念ながら次週は休載。二週間の辛抱、という形になりました。

マザー・カルメル、興味深いです。そして回想の舞台は意外な場所。連載20年を超えてまだまだ物語がどんどん湧いて来るところがすごいなと思います。
堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」。アニメも毎回見てます。ああ、アニメの感想昨日書こうと思ったけど書けなかったな。またの機会に。今回は飯田君の言葉、デクの涙、そして深夜に集まるインターン組、なんて場面がよかったなと。基本的にはつなぎ回でした。


 

川田「火の丸相撲」。草薙を追いかけて行くダニエルの思いと、潮とともに戦う小関の思い。その違いはどこにあるか、という感じ。草薙がダニエルに「あなたは相撲、楽しいですか?」と聞かれて「相撲は好きです。でも楽しいかと聞かれると…わかりません。僕には相撲以外ないですから、必死にやるだけです。」と答えるこのやり取りが、まあそんなに珍しい言葉ではないわけだけど、とても印象深かった。「楽しい」というのは「迷い」も込みな訳だけど、「相撲以外ない」から迷いはない、その強さが上手く表現出来ていたように思った。シンプルだけど、今回一番印象に残った言葉かも。
田畠裕基「ブラッククローバー」フェゴレオンの姉、メレオレオナの無茶振りで火山を登らされる一行。なんだかんだと言いながらクリアして行く皆に対し、魔法を使えないアスタは・・・みたいなシンプルな話なのだけど、さてどんなふうにこの場を切り抜けるのか、楽しみです。意外な方から来るのか、正攻法?で行くのか。さてさて。
附田祐斗・佐伯俊「食戟のソーマ」。連隊食戟第1戦、ソーマと紀伊国寧々の決着がついに。キーワードは「蕎麦の風味」と「気温」なるほど。おそらくこの戦いにソーマが勝つとしたら紀伊国の何か落ち度かとは思っていたのですが、うーん。臨機応変がソーマの信条だとは言え、ちょっと紀伊国が、うーん。そして、ラストシーン、佐伯さんの入魂の筆の冴えが。(笑)というか、なるほど、一色との幼いころのエピソードが描かれていたのもこういう展開の伏線だったわけだなと。要は秀才タイプの陥りがちな罠、ということを天才タイプの一色との対比によって描いていたわけです。わずかな綻びが勝敗を分ける、という展開はいつもながら。ここで紀伊国が敗退してもう出場しないというのはちょっともったいないなと思いましたが、まあ展開上仕方ないんでしょうね。そして一色、女木島はどうなるのか。次週も楽しみです。

こうやってみると、やはりジャンプはパワーのある雑誌だと思いますね。書こうと思えばいくらでも書ける感じがします。次号も楽しみにしています。

「キングダム」とか「なみだ坂診療所」とか。

Posted at 17/05/13

ここ最近忙しくてブログを更新出来ないでいたのだけど、アメブロで「公式ランキング」というのが始まり、投稿してないとランキングに反映されないようなので、ちょっと短めに更新しようと思います。

このブログは最近は小説などの感想も書くことはあるけれども、基本的にはアメブロではまんが・アニメの感想を書いているので(今までの更新を見て頂ければわかることですが)公式ランキングでも「まんが・アニメ好き」に参加することにしました。

最近読んだものと言えば、9日発売の別冊少年マガジン6月号、10日発売のDモーニング24号、ヤングジャンプ24号と週刊漫画Times5月26日号。今楽しみにしていることは5月20日の弐瓶勉さん原作の映画「BLAME!」の公開です。弐瓶勉さんの「人形の国」第1巻の感想はまた後ほど書きます。

ああ結構読んでますね。一度には書ききれないので、まずヤンジャンと週漫の感想。




ヤンジャンではいつも最初に読む原泰久「キングダム」。ついに総大将・王翦(おうせん)の戦略が明らかになります。これはまあ、だいたい予想通り(前回、羌瘣(きょうかい)が「イナゴだ」と言ってましたし)だったのですが、やはり実際まんがで描写されると迫力がありました。史記の記述と照らし合わせながら読んだりしていますが、この原文からこう演出するのかと、いつも楽しみです。
赤坂アカ「かぐや様は告らせたい」これも毎回読んでます。今回は疲れてない白銀問題。ラストのページのかぐやの反応が例によって最高です。

週漫では石井さだよし「解体屋ゲン」。引っ越しの際、友達に手伝ってもらうことを女性は嫌がる、という話。業者に頼んだ方が気楽だと。これ、あんまり考えたことありませんでしたが、女性はそうなんですかね。男だと友達に頼んでやってもらうことに全然抵抗がないですからね。なかなか男性には理解し難いことですが、そこが女性のプライドの問題だと。考えてみると、男が一番理解しにくいのが女性のプライドで、女が一番理解しにくいのが男のプライドの問題なのかなと思ったりしました。と言うことで印象に残った一編です。

あとは向後次雄「なみだ坂診療所」。西村を尋ねて来たのは僧侶の資格を持った元研修医、慈恩。二人で往診に出掛けた先で急に病院に戻りたいと言い出した老婆の相手を慈恩がして、こころを開いて話が聞けたことで裏にあった本当の問題が明らかになる。西村は本当は家で最期を迎えたい老婆の願いを叶えるため、動き出すという話。これは梢(看護師)ならずとも西村に感動させられる。

簡単ですが、今日はこんなところで。しかしそれにしても「解体屋ゲン」も「なみだ坂診療所」もほとんど単行本になってないのは、惜しいですね。

堀江貴文「好きなことだけで生きて行く。」を読んでいる。

Posted at 17/05/09




昨日、自分の中で何となく景気をつけようと思って書店で堀江貴文「好きなことだけで生きて行く。」(ポプラ新書)を買って、特急の中で読んでいたのだが、今まで堀江氏が言って来たことをさらにもう一度言う、というノリで、つまりは起業家のために「第一歩を踏み出すことの大切さ」みたいなことを説く、という感じの本だった。

まだ途中までしか読んでいないのだけど、あとは合理主義的にみんながいると思っているけれども本当は要らないんじゃない、という色々なものに対する指摘、なくてもこんなふうにやれば十分だ、と。あとは「好きなことで生きて行く」ためには「質問する力」が重要だ、ということ。そのために必要なのはコミュ力ではない、と言っている。

ご本人もコミュ力はないと言われていることを書いているが、コミュ力よりも中身の方が重要だということを言っている。全体の印象として、つまりは自分の好きでない物や不満に思っていることなどを各個撃破して行くスタイルなのだなと思った。

昔からスタイルがはっきりしているから好き嫌いがはっきりと分かれるタイプの人なのだが、逆に言えば読む側にパワーがあればこれは賛成、これは反対とはっきり白黒つけながら読み、その中で吸収すべきものを吸収すればいい、という感じの著者なのだと思った。

言いたくないこと、わからないことは一言も言わないし、いいたいこと、好きなことは無限に話す、という感じ。まあそれで受け入れられるのだから、ある種の天才タイプであることはまあ間違いないんだと思う。

まだ堀江さんの本は読み方がよくわからない部分もあるし、一気に読み切った本もあれば途中でストップしている本もあるけど、なんだかんだ言って結構買ってるのは、何というか他にはないアイコン、才能なんだと社会も判断し、私も思っている、ということなんだろうなと。本は売れる見込みがなければ何冊もは出版されないだろうし、読んで見て面白いんじゃないかと思わなければ私も読まないわけだから。

ただまあ、真似出来るかどうかは別として、こうやって好き嫌いをはっきりさせて行きていくというのも確かに一つの生き方だなとは思った。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:54
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2017年05月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday