纒向遺跡と箸墓古墳

Posted at 19/10/15

昨日は車で帰京したのが、今日は郷里で仕事があるのでこれからまた車で郷里に戻る。

夕方は地下鉄で大手町に出かけて丸善で本を見た。最近、Twitterで時々読んでいた纏向遺跡のことが気になったのでその辺りのことが載っていそうなものを探した。

考古学もそういえば興味があった時代があったのだが、小学生の頃だな。登呂遺跡の発掘の話とか明石原人の話とかを読んでいたのだけど、それに対する興味がだんだん薄れたのは、書かれた歴史との関わりがあまり感じられなかったからだろうなと思う。それから数十年経って、九州では吉野ヶ里遺跡、そして畿内では纏向遺跡という邪馬台国に関わると考えられる遺跡が発見・発掘されていって大きくクローズアップされてきたことにはそんなに関心を持っていなかったが、(むしろ長野県の遺跡との縄文つながりで三大丸山遺跡とかの方が関心があったかも)大和朝廷との関わりが出てくるとその辺の関心もまた違うものになる。
纒向遺跡が箸墓古墳との関わりが深いらしいというのもとても興味深くて、そうなると卑弥呼と大和朝廷との関わりも具体的なものになる可能性もある。纒向が人工的に作られたいわば都市であってその前に唐子・鍵に銅鐸を作る集団の都市があり、そこから移住したのではないかとか、大和川渓谷から東へ行って尾張との関わりとか、様々な具体的に考察できる遺物が発見されていたりするというのもとても興味深いなと思った。
ただそれだけ論争もあるようで、纒向遺跡を発掘している桜井市教育委員会の仕事に対して批判的な人もいるというのを昨日丸善で読んだ本の中でも見た。そのあたりのところはまた読み進めていくうちに確認することになるのだと思うが、やはり伝統的な畿内説と九州説の対立というのはいまだに続いていて、またそれぞれが纒向と吉野ヶ里という有力候補地を見つけたこともあって、さらに突っ張りあっている感じもあって興味深い。

私はどちらにあってもいいのだけど、上代の編年史がより明らかになってきたら面白いなとは思うので、それぞれの論考等を読んでみたいと思っている。というか、改めて興味が出てきた。

とりあえず今回は纒向のあたりということで、新泉社の「シリーズ遺跡を学ぶ」から清水眞一「最初の巨大古墳 箸墓古墳」(2007)と石野博信「邪馬台国の候補地 纒向遺跡」(2008)を買った。あと、石野氏の論争集が2冊あったので、その辺の議論もそのうち読めたらいいなと思う。

東富士五湖道路とかアリオ北砂とか

Posted at 19/10/14

土曜日は計画運休で中央線の特急あずさは止まっていて、で、仕事のあと東京に帰れなかったのだけど、昨日も特急は止まったままで、大月ー高尾間で土砂崩れが起こって線路をふさいでいるということだった。高速も似た区間で通行止めになっているので14日月曜になって状況が改善していたら帰ろうと思い昨日は岡谷で本を見たり夕食を取ったりしたのだが、夜ネットを見ていたら14日も特急は動かないが、甲府からは東名経由で東京に出る臨時バスがあるというのを知って、そのルートで車で帰ることにした。

朝なるべく早いうちに出ようと6時前に実家を出、近くのセブンイレブンによってサンドイッチを買おうとしたら入荷してないとのことだったのでおにぎりをとりあえず買った。やはり田舎でもそういうことは起こるのだなと思った。国道を走ってインター近くのファミマにより、そこでサンドイッチを買って高速に乗った。諏訪インターで6時。

どうもトイレが近かったので頻繁にSAやPAに立ち寄った。八ヶ岳PAには地図が置いてなかったので双葉でまた小休止して売店で中央道と東名の地図をもらい、釈迦堂にもたちよって(このあたりで7時)大月ジャンクションから河口湖方面に入って(というか大月より東京寄りは封鎖されてた)谷村にもよろうと思っていたのに見落として、そのまま河口湖から山中湖、東富士五湖道路に入った。

この道は初めて走るのだけど、時々車線が減少して走りにくい。上信越道を走った時も長野・新潟県境あたりは1車線になっていたが、この道も時々そうなった。長いトンネルを抜けると須走出口で、少しは富士山が見えると思ったのに空はどんどん曇ってきて、このあたりは雨になったし、PAもSAもないからそれどころではなかった。

須走で降りてからは東名御殿場インターまで6.5キロということで楽勝かと思ったが、ここが一番隘路になっていて、上りも下りも渋滞していた。いま山梨と東京を結ぶ道はこれが一番早いから込むのは仕方がないが、こちら側にはコンビニもなく、反対側のセブンの駐車場は大型トラックで埋まっていた。まあそりゃそうだろうな。

御殿場近くなると信号が多くていちいち長く、このあたりでだいぶ時間を使った感じだが、ようやく御殿場から東名に乗り、最初のPAの足柄でようやく休憩を取れた。たしか8時半くらいだったか。このあたりでサンドイッチを食べ、またトイレに行きたくなって中井にもより、どこかでおにぎりも食べたいと海老名に立ち寄ってそれが9時半くらいだっただろうか。本当は港北まで我慢しようと思ったのだが混雑との表示が出ていたので海老名に寄ったのだった。

わたしが普段使っている長野道や中央道はほとんど片側2車線だが、東名はさすがにこのあたりに来るとずっと3車線で、走り方のコツが最初はよくわからなかったが、まあ要するに登坂車線と走行車線と追い越し車線と思えばいいんだなと思った。東京料金所のあたりから渋滞し始め、用賀の合流でさらに混雑したが、大橋ジャンクションまではのろのろだったがその先は割と順調に流れた。

首都高を走ったのは自分の運転では多分初めてなのだが、(まあ東名も自分の運転では初めてだ)結構難しいんじゃないかと思っていたけど、要はナビの言うとおりにしてれば大丈夫だということが分かった。そのかわり状況がめまぐるしく変わるので周りの景色を見る暇はないけど。渋谷線から都心環状線、霞が関から箱崎まで行って六号線に入り湾岸方面、そのあとすぐ木場のランプで無事三つ目通りに出た。ここで10時半くらいだったか。

このあたりからは道は分かるので特に支障はなかったのだけど、うちに一番近いコインパーキングが満車になっててあちゃーと思った。マンションの中に入ってとりあえず荷物を降ろし、次に近い駐車場に行ったがそこも満車。しばらく都心方面に戻ってようやく空いているコインパーキングがあったので入ってそこに止めたらいつも投票に行く小学校の近くだった。結構遠い。

車を止めて家に帰ったら11時だった。結局5時間ちょっとということか。一息ついてもう一つ残ったおにぎりを食べ、こまごましたことを片付けてたらおなかがすいてきたので買いものに行くことにした。12時半。コインパーキングまで歩いて車に乗ってローソンと一体化したガソリンスタンドまで行ってポンタポイントがたまるように現金でガソリンを入れた。1年前はセルフでもちょっとおたおたしたが、最近はだいぶ勝手がわかってきた。

そのまま明治通りを走って路駐している車がいたのでその手前で左折し、アリオ北砂へ。いつもは歩いて行っているが、今日は初めて車で行った。屋上駐車場に上っていくと、車がわんわんといて、結構驚いた。まあ私はいつも歩いていくのでみんなそうだと思っているところがあったのだが、そうでもなかったんだな。結局屋根のあるところには止められず、外に止めた。降りるときに駐車券がどこに行ったのかわからず焦って探した。

5階から階段を下りて3階はゲームコーナーやアカチャン本舗など子ども連れ向けの店舗が多く、子連れがたくさんいてうわっと思ったのだが、考えてみたらこのモールの主たるターゲットはこういう子育てをしている最中の人たちなんだなと思い当たった。本当に子ども連れが多い。だから車で来るわけだな。自分で車で来てみて初めてそのあたりがつながった。あんまり洒落た店は流行らない土地柄だなと思っていたが、もともと子ども連れが主ターゲットならば仕方がないし、福家書店が入っているのだけど絵本コーナーが巨大なのもそのせいなんだなと初めて納得した。

ごちゃごちゃした親子連れの群れをかき分けながら一階まで降りて昼ごはんの買い物をし、駐車券の手続きを済ませてエレベーターで屋上に上がり、車を出したのだが出口までがかなりややこしいルートをぐるぐる回ることになり、小名木川の線路寄りに出て、線路をくぐって清洲橋通りに出る道に入り、先ほどのコインパーキングのところから細い道に入って一番近い駐車場に行ったら一台だけあいていたのでラッキーと思って止めた。家に戻ったら2時になっていて笑った。歩いてアリオに行ってもお昼を買うだけなら大体30分もあったら行って帰って来れるのに車で一時間半もかかるんじゃ車で行く意味がないなと思った。買い物が多かったら別だけど。

もう少ししたらちょっと都心の方に出かけようと思う。地下鉄でだが。石野博信『邪馬台国時代の王国群と纏向王宮』があったら買いたい。

台風が去った

Posted at 19/10/13

台風はどうにか通り過ぎ、私の近辺ではあまり被害もなかったようでとりあえずは良かったのだが、同じ長野県でも千曲川流域では氾濫や堤防決壊など大変なことが起こっていて、粛然とせざるを得ない。千曲川だけでなく阿武隈川や阿賀野川など、また多摩川などかなり大きな河川でも氾濫や決壊があるようで、従来の治水対策では不十分な面があることを露呈したように思う。まあそれは岡山や広島、福岡や大分、熊本などの水害でもわかっていたことだけど、関東で起こらないと身にしみないところが日本全体としてはあるので、これでそういう方向に舵が切られると良いと思う。

昨日は中央本線は終日運休とのことだったので東京に帰れず、最初から実家泊の予定だったので、なんとなく時間の余裕はあったのだが、ゆっくりした分疲れが出てきた感じだ。

職場に出たが流石に誰もこず、開店休業状態でずっと片付けなどをやっていたのだが、まあ意気が上がる状況でもないのであまり進まなかった。終了間際になって川が決壊する恐れがある、みたいな放送を市長がしていてこれはやばいなと思ったが、とりあえず自分の関係する周囲はあまり何もなさそうだったので家に帰った。間違えて炊飯器をいつもと同じ夜九時半にかけてあったのでご飯が炊けておらず、ピーナツなど食べて凌ぎながらツイッターをしながらテレビで台風情報を見ていたのだが、やはり普段はあまりテレビは見ないのでどうも疲れてしまった。

結局10時前には寝てしまい、目が覚めたら4時前で、どうも妙な興奮状態があって(台風の時というのはいつもそうだ)起きてテレビを見たり風呂に入ったりしていたのだが、特急は今日も1日動かないということで、さてそれなら車で帰ろうかと考えたのだが、高速道路も通行止になっていて、まあ動けないならおとなしくするしかないかと思っている。早く動いてもらいたい。

1980−2000年代には地震は怖いけど台風はそんなに怖くない、という印象があったけど、最近は台風でも破壊力が違うので十分大変だ。ここにきて治水政策など全体的な国土防衛策をもう一度練り直す必要があるのかもしれないという気もした。

今日も無理のない程度にいろいろ片付けていこうと思う。

台風が近づいて

Posted at 19/10/12

台風が来ている。というかあまりに大きすぎてどこにいるのか判然としないが、関東の方は多摩川などだいぶ増水しているし停電とかもあるようで、タイムラインも侮れない雰囲気になっている。

私は低気圧に伴ってなんとなく低潮で、本当はこの時間もっとキビキビと普段できない部屋の片付けとかしようと思っていたのだが、あまり頭も体も動かない。薄ら寒い。

昨日までに懸案の大きいのはそれなりに片付け、強に残っていたのもだいたい片付けたので今日は前向きにいろいろ作っていく感じにしたかったのだが、まあなかなかそうもいかないな。怠け者の節句働きというか、そういう感じにもなってない。

ぼちぼちやりましょう。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday