「たましいのレベルでの人との関わり」と「身体のレベルでの人との関わり」

Posted at 19/10/22

いろいろとまようこともあるのだが、昨日は夕方日本橋に出てから東京駅の方に歩き、丸善と八重洲ブックセンターを見て回った。

丸善ではこれというものに出会えなかったのだけど、八重洲ブックセンターで熊倉敬総「藝術2.0」(春秋社、2019)という本を買った。今見るとどうかと思う題名なのだが、中身の探究を立ち読みしていて何か心に引かれるものがあり、それがなんだかよくわからないのでとりあえず買ってみたという感じだ。

立ち読みして特に引かれたのは「OSとしてのアート」という言葉だったのだけど、それは言葉を変えて言えば生き方として、つまり信仰や信念としてのアートということなのか、ものの発想や整理、プロダクションの仕方としてアートでやってきたものを使うということなのか、まあOSなんて言う言葉を使うくらいだから後者なんだろうなとは思ったのだけど、座禅とかアズワンだとか河合隼雄の「中空構造」への言及があることとかを考えると前者の意味合いもあるのかなという感じはする。

ただ、自分がどうしてこの本に引かれたのかということを考えていて分かったのは、要するにこの人は「たましいのレベルでの人との関わり」について考えているということで、それがこういう技芸からある種のアート、心理学からスピリチュアルというか半信仰的な世界にまたがったところにそういうものを求めたい、そういうものを必要とする人たちがいるということで、それは私にもよくわかるので、そういう部分に引かれたんだろうなと思う。

私の経験としては、たましいのレベルでの人とのかかわりというのは創造活動を通じて起こることが多いから、まあそういうことなんだろうと思うし、私は演劇をやっていたから「身体のレベルでの人との関わり」についても考えるので、まあそんなこともあるんだろうと思う。

その辺のこと、またいろいろ考えることがあったら書いていきたい。

好きなマンガが次々に終わってしまう時期/「心を病んだものには救いになり、心健やかなものには問題提起になる」作品

Posted at 19/10/21

時期というものがあるわけだけど、つまり今言いたいのは、マンガというものはなぜだか自分が読んでいるシリーズが一つ一つ終わりを迎えていく時期というのがある。これは多分マンガだけではなくて、いろいろなジャンルでそうなんだろう。その終わりが何かもっと大きい原因によるのか、ただの偶然なのかはわからない。いまのところ、このことに関してはただの偶然だと思っているのだけど。

もうすぐ終わりそうな超大作といえば『進撃の巨人』だけど、すでに終わってしまった、あるいはこれから終わりそうな作品はいくつかある。『食戟のソーマ』はすでに単行本の最終巻が出て、今はアニメの第4期をやっているがこれがラストになるのだろうか。『レディ&オールドマン』も最終巻が出た。『ハイスコアガール』も終了したがアニメの二期をやっている。『源君物語』も終了した。『早乙女選手、ひたかくす。』も今日発売のスピリッツで最終回。『響 小説家になる方法』も最新号で最終回だった。『ユーベルブラット』も終わった。『ふたりのおうち』も終わったなあ。『ちひろさん』は休載中だがどうも長くなる予感。

そのほか最終盤と思われる作品がジャンプでは『鬼滅の刃』『約束のネヴァーランド』『ハイキュー!』がある。『宝石の国』もカタストロフは近い感じだ。
ただ、新しく読み始めた作品も多くある中で、今一番おもしろいのがスピリッツ連載中の『ダンス・ダンス・ダンスール』だ。

この作品、特に今やっているコンテンポラリの岩井の振り付け、曲はホーミーという作品は衝撃的なのだけど、この作品をなぜ潤平がこれだけ踊り得るのかということがどちらかというと疑問だったのだけど、それが今週の話でだいぶ分かった感じがする。

潤平は自分のことをハッピーボーイだと言っていたけれども、それはやはり「作った自分」という部分があって、魂の底には父が死んで以来の周りの同情や憐憫、それにかこつけた見えない中傷、嘲笑など、たましいのそこでどろどろとしたものをずっと抱え続けていたことについに向き合うことになった。そして自分の外面をへらへらさせて周りとうまくやっている、という事実を曝け出す「あの顔」。そして気がつく、「本当の男らしさは、自分を貫けることだ」と。

「芸術というものは心病むものには救いになり、心健やかなものには問題提起になる」という岩井の言葉は半端ではなくて、ホーミーが歌われた美しい大地を見る自分と、バレエという肥沃な大地を重ねてここで生きる決意を語る。

「思い出せ!バレエを選び取った日を!!」というその言葉が、潤平を突き動かした「片足のもげたダンサー」にも届く。

どろどろの、絶望さえよくわからなくなった、自分のみじめささえ気づかないでいた場所から抜け出し、幾たびもの絶望に突き当たりながら本当の自分を見つめ続けることでバレエという大地に生きることを決意した高揚と、また生きることができる歓喜を踊りきったとき、そこに何が開けるのか。

『ダンス・ダンス・ダンスール』は私にとっていま最も読みたい作品であることは間違いないと思う。

そのほか最近読み始めたもので面白いのは『Dr.Stone』『新・信長公記』『水は海に向かって流れる』『TIEMPO』『バジーノイズ』『君は放課後インソムニア』『東京卍リベンジャーズ』『妻、小学生になる。』などがある。一度終了した『空電ノイズの姫君』もイブニングに移籍し、『空電の姫君』としてまもなく第1巻が出るらしく、これも楽しみだ。

この入れ代わりの時期にどういう意味があるのかはよくわからないのだが、これからもたましいをえぐったり、生きる喜びや生きられるんだという慰め、わくわくを与えてくれるようなすばらしい、つまり「心を病んだものには救いとなり、心健やかなものには問題提起となる」ようなマンガがたくさん生み出されていってほしいと思う。

終了した、あるいは終了しそうな作品























ユーベルブラット(23)(完) (ヤングガンガンコミックス)
塩野 干支郎次
スクウェア・エニックス
2019-06-25






ちひろさん 9 (A.L.C.DX)
安田弘之
秋田書店
2018-12-14












今面白い作品



























中央道開通/マイヤ・プリセツカヤ/『在野研究ビギナーズ』他

Posted at 19/10/20

今日は朝6時前に車で郷里を出て東京の自宅には9時前についたのだが、寝たのは12時過ぎで3時半ころに一度目が覚め、そのあとうつらうつらしただけで5時には起きたので、なんだか寝不足なんだかどうなんだかよくわからない感じだ。とりあえず午後うたた寝はしたのだが、眠いのか眠くないのかもよくわからない。

この時間でこられたのも中央道が昨日開通してくれたからで、それでも上り車線でもがけが崩れた跡があるのが4カ所あり、最初の2カ所はブルーシートだったけどあとの2カ所は巨大な土嚢が積んであって、応急工事だというけど本当に応急だなと思った。早く本格的に修理が完了するといいなと思う。

中央道はほとんど渋滞がなく、高井戸から首都高に入っても大体よかったのだが、神田橋の手前あたりで渋滞し始めた。表示を見ると要人来日とのことで、22日の即位礼のために諸外国の要人が今集結しつつあることなんだなと思った。それなら成田や羽田から都心の間が混むだろうなと思い、表示を見ると東関東自動車道がずっと渋滞しているのでこれは木場出口まで行くのは時間がかかるかもしれないと思い、江戸橋のランプで降りて永代通りから葛西橋通りに入って帰ってきた。こちらはほぼ渋滞がなかったので多分正解だったかなとは思う。駐車場も一番入りたいところががらがらだったのでよかった。

日曜美術館で岡田三郎助を見たのだが、いろいろ美しいしポスター芸術の分野でも先駆者だったいうこともわかって興味深かった。女性の自立にも関心を持ち、多くの女流画家を育てた。いわさきちひろもその一人だったというのは興味深い。
昼前にアリオ北砂に買い物に行ったのだが、行って買い物をして帰ってほぼ1時間で、車で行ったときに比べて全然早かったのでちょっと可笑しかった。昼食を食べてマイヤ・プリセツカヤのDVDを見ていたが、フランス語のインタビューで英語の字幕が出、画面に映る新聞はロシア語で、でも彼女の劇的な人生やほんとうに生き生きとした踊り、そして「白鳥の湖」のオディールを指導しているときの優雅な動きなどを見て、この人の踊りを生で見ることができなかったのは残念だったなと思う。
夕方散歩を兼ねて地下鉄で神保町に出かけ、最初にヴィレッジヴァンガードに行って本を物色したのだが、持ってなかった冬目景『空電ノイズの姫君』の2巻を買った。イブニングに移籍した続編の『空電の姫君』の1巻が23日発売になるのも楽しみだ。

Seven Girls’ H(e)avens
キタニタツヤ
Emo,Alternative&Cool.
2019-09-25



ヴィレヴァンでかかっていたキタニタツヤ『Seven Girl's H(e)avens』というミニアルバムがいいと思って買ったら特典で「夢遊病者は彼岸にて」というCDがついてきた。今一曲目のStoned Childという曲を聴いてたが、ベースラインがいい感じ。曲の作りとしては澤野弘之さんに近い感じはあるかな。この人東大文学部卒らしく、後輩だったので笑った。
三省堂で本を物色して、荒木優太編『在野研究ビギナーズ』(明石書店、2019)という本を買った。在野研究というのはこれから増えてくると思われる(研究者のポストが絶対的に足りないから)ので、こういう結節点になるような本が出されるのはいいことだと思う。自分自身として研究者でありたいかというとどうかなという点はあるのだが、こういう人たちの活動は楽しみだし励みになることは確かなので、見て行ければと思った。

カフェテラス古瀬戸でカレーを食べて少し本を読んで、半蔵門線で三越前に出て地下街でパンを買い、タロー書房で本を物色して銀座線・東西線経由で帰宅。

二度寝

Posted at 19/10/19

今日は中央道がお昼頃開通するということで、だいぶ東京ー諏訪間の交通も改善されることになる。後はあずさの復旧が待たれるが、自動車でも途中でした道に降りないで東京まで行けるというのはだいぶ気が楽だ。

今日も朝は少し忙しいので落ち着いて文章を書けないのだが、昨夜は12時過ぎに寝て4時に一度起き、トイレに行ってから二度寝したら7時が過ぎていた。最近、一度目が覚めるともう眠れないことが多かったのだが、久しぶりに二度寝できて少し体調がマシになった感じがする。その代わり時間がキツくなったわけだけど。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday