少女たちが主人公の少年マンガ:「さよなら私のクラマー」

Posted at 18/04/23

少女たちが主人公の少年マンガ:「さよなら私のクラマー」

「私はなぜこの作品を読んでいるのか」をテーマにした連載、第2回は新川直司さんの『さよなら私のクラマー』を取り上げようと思う。
『さよなら私のクラマー』は高校女子サッカーのマンガ。作者の新川さんの代表作は、アニメにもなった『四月は君の嘘』だろう。天才ピアニストの少年と突如現れた謎の少女の交流を描いた『君嘘』は、私も全巻読んでとても面白かった。この『さよなら私のクラマー』も同じ月刊少年マガジンで2016年から連載されているが、こちらの方がもっと面白い、と実は私は思っている。
『さよなら私のクラマー』ではとびぬけた才能を持った三人の少女、恩田希(おんだ・のぞみ)曽志崎緑(そしざき・みどり)、周防すみれ(すおう・すみれ)を中心に、蕨青南高校女子サッカー部(ワラビーズ)とライバル校の選手たちが個性豊かに描かれている。

この作品には前日譚があり、主人公の一人恩田希の中学時代のエピソードを扱った全2巻の『さよならフットボール』が2009年に書かれている。この作品では恩田は女子サッカー部のない中学で男子に交じって練習し、素晴らしいテクニックを持っているもののフィジカルで負ける男子にどう伍していくかがテーマになっていた。




『さよなら私のクラマー』では恩田とともに全国3位になった中学のボランチ曽志崎緑と快速のウイングでありながらチームに恵まれなかった周防すみれの3人が主人公で、3年生が抜けてしまった弱小ワラビーズを2年生のキャプテン田勢恵梨子(たせ・えりこ)たちとともに新しいチームを作り上げていく物語になっている。





「少女を主人公にした少年マンガ」

この作品の大きな特徴の一つは、「少女を主人公とした少年マンガ」ということだろう。今回、もう一つ取り上げようと思っていた作品は同じ「月刊少年マガジン」で連載されている曽田正人さん『Change!』なのだけど、これはお嬢様学校の女子高生がひょんなことからラップにはまり、MCバトルに挑んでいくという物語。つまりこの作品も「少年マンガ」なのに女子高生が主人公なのだ。
従来少年マンガは少年が主人公だったし成長して大人になったとしても男が主人公であるのが普通だ。しかし、今では必ずしもそうではない。たとえば少年誌のトップを走る「少年ジャンプ」でも、昨年「このマンガがすごい!オトコ編」で第1位になった『約束のネバーランド』の主人公は少女だ。ほかにも女優として両刃の剣の天才的な才能を持った少女を主人公にした『アクタージュ』がある。編集部全員が男性の少年ジャンプでさえ、少女が主人公のマンガが出てきているのだ。




これらの作品はそれぞれ少女を主人公にしていてもあるいはスポーツものでありあるいはバトルものであり、また異世界ファンタジーであったり演技・職業ものであったり、少女が主人公でもかなり王道の少年マンガとして成立している。彼女たちは少女であってもきわめて自然に少年マンガの主人公になっているのだ。

たとえば青年マンガでも古代中国・秦の始皇帝の統一を描いた『キングダム』では主人公の信とともに戦う副長の羌カイ、軍師の河了貂の二人は女子だし異民族の首長・楊端和や秦六将の一人・摎も女性として描かれている。(実在の武将が女性であったとして登場している)彼女らはよくみられるケースのように主人公のパートナーや恋愛相手として描かれるのではなく、戦友であったり男と伍して、あるいは男以上の強さを発揮する存在として描かれていることが一つの特徴だと思う。そこにはある種明確な戦友としての男女という形が描かれているように思う。
しかし少年誌の主人公の女の子たちは戦友というポジションでもなく、確かに女の子でありながらきわめて自然に少年マンガの主人公になっている。それがすんなりと成立しているのは、現代では男子と女子の距離というか性差のようなものが小さくなってきているということかもしれないと思う。男の子が読んでいても女子の主人公に、またストーリーに自然に入っていけるように思う。もちろん小説などでは今までも普通のことだったが、少年マンガでは新しいように思う。


「主人公のアツさと自然に生まれる批評性」
『さよなら私のクラマー』はともかく面白い。面白いから読んでるのは当たり前なのだけど。男子が主人公だとどうしてもただ「アツい」話になってしまいそうなところが、女子が主人公であるためにある種の批評性のようなものが生まれる部分がある気がする。多分男子の目から見て女子の主人公にはやはり完全には同化できないからかもしれない。自分が同化するか同性として主人公を見ているのとは違う思いがやはりそこにある。

マンガの主人公というのはかなり突飛な行動をするものだが、恩田たち三人は三様に面白い。そしてそれが女の子だということで男の主人公と違う距離感が出る。三人とも可愛いと言えば可愛いので、ある意味可愛ければそれで話になるという部分もあるし、ホットな展開の中にも批評性や客観性が持ち込まれていて男が主人公のストーリーにはない拡がりが生まれているように思う。多少めちゃくちゃなことをしても女の子だから許されるという部分もあるように思うし、幅広く感じられるところは巧みだと思う。


「キャラクターの描きわけ」

私はもともと「月刊少年マガジン」は『ボールルームへようこそ』の連載を追いかけて買っていたので、他の作品は断片的に読んでいるだけだった。読んでいるうちに「面白そう」という感覚が募ってきたわけだけど、断片的に読んでいると誰が誰だかわからないのだ。全部でどういうキャラが登場するかを知っていれば特定に迷わなくてもその話だけ読んでいると見分けがつきにくい。面白いという感じは伝わってくるのだけどどこが面白いのかは本当には分からない、と感じていた。

それで『君嘘』の作者さんの作品であることもあり、最初から読み直してみようと思ってkindleで読みはじめたのだが、最初から読むとキャラがどのように描き分けられているのかよくわかるのだ。田勢と曽志崎が二人とも細いヘアバンドをしていて最初分らなかったのが、眉毛の形や髪型が違うということが分かってくるとそんなに苦労せず見分けられるようになった。そして見分けられるようになるとどんどんストーリーに没入してきて、ようやく面白さが分かってくるようになった。マンガを読むにもそれなりのリテラシーが必要なわけだけど、この作品は描き方のお約束が少しわかりにくい部分があるなとは思った。


「女子サッカーの宿命」

ソフトボールと同じように女子サッカーはオリンピックのときには大きく取り上げられるが普段のリーグ戦などはほとんど取り上げられない。世界レベルにいる競技でありながら、いつまでたってもマイナーな地位を脱するのが困難だ。この競技自体が置かれたポジションもまたこの物語の一つのテーマになっていて、意識の高い選手たちは高校生でも女子サッカーをいかに盛り上げていくかを強く意識していて、恩田は浦和邦成の桐島チカに「強い選手は高いレベルのチームでプレイすべきだ」といわれてしまう。




しかし恩田はその意識の高さについていけないものを感じ、深津に「女の子は楽しんでサッカーやっちゃいけないの?」と問う。深津はハイレベルのところにいることの重要性は認めつつも裾野を広げることの重要性を指摘し、「お前はそのままでいい」という。これらはマイナースポーツ一般に広く共有されている困難なわけだけど、それがこういう形で描かれているのは初めて読んだ気がした。


「指導者たち」

もう一つ描かれているのが指導者たちだろう。同じサッカーマンガの『ジャイアントキリング』をはじめとして、最近は選手だけでなく指導者をクローズアップする作品が増えてきているけれども、『さよなら私のクラマー』にも何人か焦点になる指導者がいる。最初は元日本代表の花形だった能見奈緒子が目立つ存在なのだが、やがていつもやる気を見せず競馬新聞を持ちあるく目の下にクマのある深津吾朗の存在が大きなものになってくる。

恩田は能見よりもむしろ深津に気持ちを曝け出す。それは、一見やる気のない深津の心の中にサッカーに対する情熱があることを誰よりも感知していたからのように思われるが、そのあたりのところはこれからさらに描かれるのかもしれない。




能見もまた指導するうちに恩田たち3人の粗削りながら突出した才能に戦慄を感じ、「とんでもない才能を手に入れてしまった」と思う。そして恩師である対戦相手の鷲巣監督に「プライドや驕りなど捨てろ。自分で培ったものすべてを与えろ。彼女たちとたくさん話したくさん学べ。そうして俺たちは指導者となるんだ」と言われる。こういうところを読んでいると、このマンガは指導者もまた主人公なのかもしれないと思う。


「クラマーとはだれか」

というのは、『さよなら私のクラマー』のクラマーとは、日本サッカーの父と言われたドイツ人のデットマール・クラマーのことだからだ。彼はほぼ草創期の日本サッカーの代表チームを本当に初歩のところから指導したのだという。また毒舌家としても有名だったらしい。

まだ5巻だからその表題の意味が明らかにされていくのはこれからだと思うが、そんなわけでこの作品にはいくつも読みどころがある。試合で躍動する少女たちの姿が魅力的であるのは言うまでもないが、彼女らそれぞれの個性も工夫されて描かれていて、サッカー以外のシーンもまたいい。強くなっていくチームを見るのはまた楽しいが、さらに描かれていくだろう深津の指導や選手たちとの交流も、楽しみにしながら読んでいる。


庭園美術館に行ったことなど

Posted at 18/04/16

久々に普通にブログを書いてみようと思う。ブログというか日記。もともと私のブログ活動というのは日記を書いててその延長線上に始まったという原点に戻ってみるもがいい気がした。まとまったものを書くというより、その時々の思考の跡。一定に詰まったものもあれば断片的なものもある。必要ならあとでそこから拾い上げる。日報的なもの。

昨日は夕方になってから思い立って目黒or白金台の東京都庭園美術館へ行った。これはツイッターで鹿島茂さんがツイートしてて、鹿島さんの絵本コレクションをここで公開しているという記述を読んだから。フランスの絵本にちょっと心魅かれたのと、庭園美術館にしばらく行ってないなと思ったから。そして、ここのところ東京でも書店ばかりまわっていて、なぜかわからないけどそのほかのところに行くのに罪意識みたいなのがあって、それを打破したいと思ったこと。自分がやりたいと思ったことにだんだん自然に制限がかかってくる感じがあって、それを跳ね返そうと思ったこと。でもそれが案外大きかったのか、出かけたのは3時過ぎになっていて、美術館についたのは5時を回っており、6時までだったからそんなにゆっくりは見られなかったけど、とてもよかった。

フランスの19世紀~20世紀初頭の絵本とか銅版画の挿絵などが本当にいいと思った。あの有名な「ああ無情」の挿絵、小さなコゼットが大きな箒で掃いている様子も見られたし、『ナルニア』の挿絵のような子どもが四人並んだ構図のものもいくつか見られた。これは多分、こうしたフランスの絵本の挿絵の方がもとで、ナルニアの方がそれに倣ってるのだと思うのだが。

それから建物の中も、多分初めて入る部屋があった気がする。庭園美術館は行くたびにとても懐かしく、ホームグランドのような感じがする場所なのだけど、多分行ったのは前回の閉館の前、2011年よりは前だと思う。7年以上行かないホームグランドというのも変な感じだが、その間自分が何か別のものと戦ってた、ということなんだろうと思う。

時間がなかったからあまり見られなかったしカフェにもレストランにも庭にも行けなかったが、近いうちにまた行きたいと思う。展覧会自体も何度か見てもいい感じだし、カタログも買ってもいいかも。3200円という値段で少し躊躇したけど。

最近あまりよく寝られなくて、原因はいろいろ心配ごとが多いということはあるのだけど、でもそれでも寝られるとき、寝られる人は寝られるわけで、やはりどこか神経が高ぶり続けていたり休まらないところがあるのだろうなと思う。右半身の痺れというか痛みというのもでてきた。考えてみるとこれは1990年代の教員時代に出てきた症状に近い気がする。前回はこれから回復するのにかなりかかった気がするが、今回はもう少しうまくやれたらと思う。

東洋医学的な考え方に基づいた介護施設とかつくられないものかなと思ったり。でも介護保険が使えないと大変なことになるだろうな。

自分の感じている焦りというのはやはり自分のやりたいこと、やるべきこと、なすべきことがはっきりしないということなのだけど、少し前からマンガについて書きはじめたのをきっかけに、文章を書くということを復活させてくると、少しずつ見えてくるなと思っている。世の中に求められている(ような気がする)ことと自分の書きたいことの間にはギャップがあって、でも自分が書きたいことの方が結果的に読まれることも今まで経験している。また自分の中のモチベーションからやってないことは長続きしない。

何をどう書いていくか。ということを考えているうちに、他のこともいろいろ見えてきた部分がある。

自分のやっていることをそんなに根本的に急に変えることはできないし、新たなことを始めるにしても今でも十分フル回転なのでなかなかプラスすることはそう簡単ではない。だから少しずつ良い方向にやることを変えて行くしかないわけで、それは自分をイノベートしていくということなんだろうと思う。

つい数日前、たまたま手に取ったドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んでて、その文体が「ずっとやりたかったことをやりなさい」とよく似ていることに気づいて、少し読んでみようかなと思ってちょっといろいろ感銘を受けたりした。一度にでかいことをやろうとするより現状からイノベーションのヒントをつかんでそこでやるべきことを見つけ出していく方が実現可能性が高いなと思ったり。

今日も仕事に必要な本を買いに神保町に行くというタスクはあるが、時間があれば旧岩崎邸など自分が好きな場所に行くというのも自分の魂のために必要なことだなと思った。

意思決定の本質は不確実性にある

Posted at 18/04/13

文章を書くというのは一定の熱量が必要で、毎日書いていた頃はそれが有り余るほどあった感じなのだけど、いまはなかなかそこまで出てこないというのか、書きたい気持ちはあってもなかなか書けない感じはある。

なんというか、今の自分の状況が半ば修行のような感じになっているので以前のように日常を気軽に書くということもしにくいし、ああそうか、なかなか一つのことに集中するとか夢中になるということがしにくい感じになっているからそのことについて書くというのも書きにくいという感じがあるのだな。

今朝はなんとなくすごくモヤモヤしたものがあって本棚にあったドラッカー「イノベーションと企業家精神」を手にとって少し読んでみたのだけど、「意思決定の本質は不確実性にある」というある意味当たり前の言葉がすごく心を落ち着かせてくれた。ただ、腑に落ちた、という感じでもないところが不思議だ。「企業家精神とは気質でなく行動だ」という一節も。

企業家、アントレプレナーでなくても、人が生きる以上は毎日無数の意思決定をして行動しているわけで、そういう意味では生きるということはある種自分という組織体を運営する起業家でもあるということだなと思う。

人の生き方として前代から受け継がれたものを後代に伝えていく、という生き方が自分のものだと思っていた頃はそうは思わなかったのだけど、自分の部屋で30年前に買った本の棚を見ているうちに、この中のどれだけが後代に受け継がれていくべきものなのかと思ってみると、自分の役割はそんなものではなくて、というか役割とかそれ以前に、自分が生きていくということは常に古く無効になったものを外してどんどんアップデートしていくしか自分の生きる道は無いんじゃないかと思えてきた。

多分、西欧古典学とかインド哲学とかやっていれば、買い揃えた文献が古びるということはあまりないのだろうけど、自分が持っている本たちは例えば歴史のものであってもやはり30年も経てば学説が古くなってしまうようなものであって、「持ち続けるだけ」ではあまり意味がないと思われるものが多い。

それに自分が書こうとしている文章にしたところで、人類の知的遺産として残すというよりはいまを生きる人たちの心に届く文章を書く方が先決問題だと思っているところがあって、そのためには自分自身を常にアップデートしていかなければできないという風にも思う。

そんな風に考えていたところにこのドラッカーの言葉は、腑に落ちるというところまではいかないが、やはり心に響くところがあって、自分自身を新しくしていくという方向に行動しないといけないよなと感じたのだった。

私はなぜこの作品を読んでいるのか/「ランウェイで笑って」:華やかな大人の世界に挑む育人と千雪

Posted at 18/04/12

「私はなぜこの作品を読んでいるのか」

このところずっと構想を温めていたのだが、私が追いかけているマンガ作品は先日書いたように70ほどあって、これらの作品について「私はなぜこの作品を読んでいるのか」ということをブログ連載として書いていこうと思う。一回の制限字数は原稿用紙5枚、つまり2000字を一応の上限としておきたい。むかし芝居をやっていた時に戯曲の実際の舞台での進行時間の目安として「1分1枚」というのがあったが、それがこういう文章にも当てはまるとしたら5分で読めることになる。まあネット上で読む文章としてはそのくらいがちょうどいいように思うし。

取り上げる作品は先にリストアップしたもの、つまり現在連載が進行中の作品で、私が「単行本が出たら買う」と決めている作品だ。第1巻から最新巻まで読んでいて、物によっては連載誌も購読して単行本未収録分まですべて読んでいるものもかなりある。そうまでしてなぜこんなにたくさんのマンガを読むのか、というのは自分に取ってもわからないところがあり、だから自分がそれを知るためにこのブログを書くことにした、ということもある。

基本的にここに取り上げている作品はすべて「自分がお金を払って時間を使って読むに値すると考えた、自分にとっては価値のある、場合によってはかけがえのない作品」ということになる。批評的なことも書くので貶しているように見えるかもしれないが、基本的に嫌な作品は読まないし買わないのでそうした言葉は自分の中で作品の相対化、つまりより多様な角度からその作品を捉える試みであると考えてもらいたい。

「ランウェイで笑って」:華やかな大人の世界に挑む少年少女たち
まず第1回は今現在勢いがある、と私が感じている作品を取り上げたい。少年マガジンで連載されている猪ノ谷言葉さんの「ランウェイで笑って」だ。

「ランウェイで笑って」は昨年・2017年5月31日発売の少年マガジン26号から連載が始まり、もうすぐ連載1年。現在単行本は4巻まで出ているが、どんどん面白くなっている。

この物語は容姿も根性も含めすべてを持っているのに身長だけが足りないモデル志望の少女・藤戸千雪とセンスも裁縫の基礎技術もすべての才能の条件を持っているのに経済的な条件だけが足りないデザイナー志望の少年・都村育人を主人公に、二人が夢を実現して行くストーリー。作者ご本人もインタビューで言っているが、「四月は君の嘘」や「ボールルームへようこそ」と同じく男女が主人公であるものの恋愛を軸にせず二人がライバルや戦友の関係で上を目指して行くところに2010年代的な風味がある。

そうした傾向は、青年誌でも2006年に連載が始まった中国・秦の始皇帝の統一事業を題材にした「キングダム」にもあり、主人公・信の戦友的な立ち位置で二人の少女・河了貂と羌瘣が主要な働きをしている。もう少し前だと今アニメ放映中で連載開始は1998年の「ピアノの森」も、主人公カイと便所姫・誉子の励まし合いの例があり、やはり最近の一つの潮流になっていると思う。
「ランウェイで笑って」はファッションを題材にした作品だから業界の雰囲気なども表現されているが、作者は服飾を学んだわけではなく取材によってそのあたりを描いているということでその辺は凄いなと思った。

私がこの作品を読もうと思ったきっかけは、もともとファッションというものに以前から興味があり、それなりに読んでいたことがあって、ファッションを扱った少年マンガがあるということを知ったのがどこだったかは忘れたが、それを探してみた、ということだ。読んだら面白かった。最初は主人公二人のキャラに少しなじめないところもあったけど、連載が続くにつれて特に育人の方はそのビビりの性格も含めて入り込めるようになってきている。

高校生ながら一流のアパレルにスカウトされそうになるとか大金持ちのアパレルの社長のモデル志望の少女と貧乏で進学をあきらめようとしている少年が同じ高校で同級生であるとか少年誌特有の無理があると感じられる部分もあるのだが、それはおそらくは大人の目で、メインターゲットの中高生にはそんなに違和感は感じられないだろう。
そもそも人が何かの作品を読む理由には、どんなものがあるだろうか。私がマンガを読むときのことを考えてみると、まずは描かれている世界の設定とそれを表現する力だろうか。例えば『進撃の巨人』に描かれているいびつな世界、巨人の圧倒的な恐怖に晒された無力な人間たち、という設定は私をマンガに向かわせた大きな動因になった。また、それを含めた空気感というものもある。それはキャラクターたちが構成する場合もあるし、圧倒的な背景がその空気感を醸し出す場合もある。五十嵐大介さんなどはキャラクターよりも背景を描く方が楽しいと言っている。

また、少年マンガの場合は主人公の向上心とか全体の前向きな雰囲気というものが大きいように思う。いろいろな事件が起こったり主人公たちの前進を阻止するような障害があってもそれを乗り越えていく描写を読むことで、読む側にパワーが与えられるのは大きな魅力だ。

それに主人公やライバルのキャラクターの魅力も大きいだろう。マンガや小説では「キャラクターが勝手に動き出す」ことがあると作者さんが言ったりするけれども、「One Piece」の主人公モンキー・D・ルフィなど、作中で自由自在に動くキャラクターは読んでいてとても楽しいし、「進撃の巨人」のリヴァイのようにある種の美しさを象徴して高い人気を誇るキャラもある。

「ランウェイで笑って」ではまずファッションを取り上げその世界を描くという「世界観の魅力」があり、キャラクターを魅力的に見せる構えの良さがある。基本的に前向きではあるのだけど登場人物たちにちょっとぐずぐずしたところがあって、そのあたりは解釈に困るところがあるのだけど、そこはこれからのお楽しみの部分なのだろう。
キャラクターの中で私が好きなのは先に言ったようにまず主人公の育人なのだが、特に好きなのは3巻で登場し主要な登場人物の一人になった長谷川心だ。彼女は長身で雰囲気があり、トップデザイナーに使われるほど、モデルとしての才能のある女性なのだが、引っ込み思案の性格からモデルの仕事が苦手で、デザイナーに憧れて服飾の大学に入学した。彼女はその大学の生徒として育人の働くデザイン事務所に助っ人として送り込まれてきて育人と働くのだがその性格ゆえに失敗も多く、またモデル事務所からはデザイナーを諦めるように強要されている。

彼女が魅力的なのは仕事として苦手なモデルとしての圧倒的な才能と、自分が好きなデザインの仕事での未熟さのギャップに悩んでいること、それを育人にフォローされ励まされながらも頑張っていくところかなと思う。単行本未収録分でモデルとしての桁違いの実力に千雪が挫折を感じる場面もあり、この先さらに二人と関わっていくのが楽しみだ。

予想としてはデザイナーを目指す努力をやりきることでモデルとしての心構えも出来てきて、モデルになる方向へ行くのではないかという気もするが、もちろん先は分からない。

印象を一つ書くと、私はモデルが人前で着替えなければならない仕事だとは知らなかったのだけど育人がいつまでたってもモデルの着替えの時に目のやり場に困る純情な少年で、そういうのが最近の少年マンガではデフォルトではあるのだけど、この作品ではそこまで潔癖でなくてもいい気はした。しかしだからこそピンチの時は本当にそういうことに御構い無しにスカートの中に頭を突っ込んだりするところがセーフになるということもある、ということはあるのだけど。

ここまでいろいろ書いたけれども、やはりファッションは華やかな世界でそのことを考えるだけで心が浮き立つ部分がある。そしてその中で水を得た魚のように伸びていく育人の姿は見ていて気持ちがいいし、挫折を感じながら自力でそれを突破して行く千雪と育人にフォローされながらも努力して行く心の姿はどちらも魅力的だ。

そしてその周囲にいる天才たちや大人たちの姿も華やかで、結局はそういう華やかな大人の世界に挑む少年少女たち、という構図が限りなく魅力的なのだろうなと思った。

「ランウェイで笑って」には華やかな大人の世界に挑んでいく少年少女たちの姿が魅力的に描かれている。それが私がこの作品を読む理由だなと思う。新しいパターンではあるけれども、これもまた少年マンガの王道を行く作品とみなされて行くのだろうと思う。


こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:54
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2018年04月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday