人間が主語でない文章は読みにくい

Posted at 20/08/03

まとまったものを読めていないせいもあってなかなか更新できないのだけど、っていうか普通に他のことが忙しいということもあるなと思ったり。あと、梅雨が明けてどうも暑くなって、落ち着いてものを書く気がしなくなっているというのもあるな。世の中いろいろだ。

欲望の経済を終わらせる (インターナショナル新書)
井手 英策
集英社インターナショナル
2020-06-05



「「中国」の形成」を読み終わってから「欲望の経済を終わらせる」を読んでいたのだけどなかなか進まず、なぜ読めないのか考えていたら、歴史というものは普通個人名が出てきてこの人はこういう人だとかこういう考えなのだなと考えながら読む習慣がついているので、こういう経済本みたいなものだと「政府」とか「経済界」とか「大蔵省」とか人間でないものが主語になって書かれているのが読みにくいのだなと思った。こちらとしては、「経済界とは庶民のことを考えない悪の大企業」だとか「大蔵省は庶民から税金を搾り取ることばかり考えている」みたいな見方は持ちたくないのでそういうざっくりとした見方ではなく個人名であげて欲しいと思う部分が強い。

そう意識しながら読み始めたらもう少し深く読めるようになってきた気はする。ただある時期に新自由主義化を推進した人物が経営する企業が後で不況期に破綻したりしているとちょっとざまあみろみたいな気持ちが湧いてきてしまうのだが、ただ従業員は気の毒だし、まあ先見の明がなかったんだなと思うしかない。

それにしてもイギリスやアメリカに比べて日本は新自由主義的な改革に大失敗した例として後世に名を残すだろうなと思う。日本は基本的にケインズ政策が向いている国なんじゃないかという気はする。そろそろ再転換していいのではないか。

いろいろと

Posted at 20/07/31

私の周囲の物事の歯車は基本的にはいい方に向かっているとは思うのだが、やはりそうは行かないところも多々あって、その中で自分のつまらないミスみたいなものも出てきて、そういうことでつい落ち込んでしまったりもするのだが、基本的には上手く行き始めたところをきちんとみるようにして、なんとかしっかり動かしていきたいと思う。

まあ好事魔多しということでもあろうし、上手く行くとそういうちょっとした変事が起こったりするのは「税金」のようなものだという話もあるので、明鏡止水の心境でなるべく頑張りたいと思う。

「推しの子」最新話面白かった。ちょっと暗い展開で行くのかと思ったら案外そうでもなかったし。

「諏訪市史」第2巻近世編借りてきた。いろいろ気になっていたことでわかったことがあってよかった。

一つ一つ、自分の気持ちを明るくするものを拾っていきたいと思う。

新自由主義というイデオロギー/蛙を使った祭儀

Posted at 20/07/29

井出英策「欲望の経済を終わらせる」(インターナショナル新書)を読み始めた。

欲望の経済を終わらせる (インターナショナル新書)
井手 英策
集英社インターナショナル
2020-06-05



この本は新自由主義について、さらには自由そのものについて色々と考察されているようだが、まだ序章の途中なのだが「新自由主義はイデオロギーの一つだと考えた方がいい」という指摘があり、これは目から鱗が落ちた思いがした。新自由主義とは何なのか、ということを考えてはいたのだがイデオロギーという言葉が思いつかず、この言葉が実態に最もぴったりくるものだと思った。

そうなると新自由主義者たちは散々馬鹿にしてきたマルクス主義と同じくイデオロギーの徒であるということになるが、これは少し複雑なことに、自分で「私は新自由主義者である」と主張する人は見たことがない。「新自由主義」という言葉はどちらかというと罵倒語に近く、相手にレッテル張して攻撃する言葉になっている、という指摘もまたなるほどと思う。

主にリストラ推進・規制緩和推進・緊縮財政主張・デフレ推進と言ったあたりの人々が一般に「新自由主義者」とされているが、この括りは流石に大雑把すぎるので、もう少し勉強しておきたい所だと思う。

ただ、著者の井出英策氏がググってみると民主党の前原氏のブレーンだとか、岩波新書で「幸福の増税論」という本を書いているということもわかって、ちょっとそのまま受け取るのもまずいのだろうなとも思ったので、しっかり読んで自分の考えと氏の主張の違いのようなところもはっきりさせられるといいなと思った。

***

タンポポの綿毛
藤森 照信
朝日新聞社
2000-03T



最近諏訪の地域史・郷土史に興味があって史跡や神社等によく出かけているのだが、家に藤森照信「タンポポの綿毛」(朝日新聞社、2000)という本があり、なんとなくパラパラ読んでいたら子供時代(昭和30年代か)の高部地区の様子が色々と書かれていて、かなり面白そうだった。高部は江戸時代の高部村で明治以降は宮川村の一部になり、現在では茅野市になっているが、洩矢神の子孫であり諏訪大社の神長官を務めた守矢家の屋敷(一部は現在の神長官守矢史料館)があって、上社本宮のある神宮寺地区(諏訪市)、上社前宮のある小町屋地区(茅野市)に挟まれていて、歴史的にもかなり面白い土地だ。この神長官史料館は藤森先生の設計で建てられているのだが、先生の父君が以前ここで案内をされていて、お話を聞いたことがあった。父君は茅野市内の小学校の先生だったので偶然私の母の子供の頃のことを知っていて、そんな話題も出たりしたことを思い出した。

この本は何ということもない主に子供時代のことを書いたエッセイのようなものだが、藤森先生が子供の頃に目撃した蛙を使った祭儀などについても言及されていて、その辺りもかなり面白いと思った。

今日はメモ程度で。

「「中国」の形成」を読んだ:日本と中国の根本的な違いなど

Posted at 20/07/28

昨日は朝、散歩をしていてヌルッとした路面で急いで歩いたため、滑って転んでしまった。足首から脛のあたりをひねったようで、うまく歩けなかった。これも天罰というのかあるいは天の配剤というのか、ちょっとこの所で歩きすぎていたのでそれを少しセーブしろということだなと思い、出かけるより買い溜めてあった本を読むことにした。
Twitterのタイムライン上でいろいろ話題になっていた岡本隆司「シリーズ中国の歴史5 「中国」の形成 現代への展望」(岩波新書、2020)だが、この本はとても面白かった。この本を読めば中国の近世近代現代史が全てわかる、という本ではないが(もともと新書で420年間を総説するのは無理だ)、ある程度の前提知識を持って読めばかなり面白く、刺激的だと思う。中国と日本と世界について、「今の世界がなぜこうなっているのか」ということがかなり実感を持って理解できる感じがする。

清朝は明朝の支配の上に乗っかっただけ、というか中国本土だけでなくモンゴルやチベット、新疆においても在地の既成の社会関係の上に支配者として乗っかっただけだ、という指摘がなるほどと思い、いろいろと清朝独自の税法の改革などもあったが貨幣制度についても統一されていないだけでなく、社会の広い層には全然浸透できていなくて、地域社会・職域社会と政府をつなぐ郷紳の存在によって辛うじて支配を成し遂げていたというのはよくわかった。

そういう意味では古代の秦の時代の貨幣制度や度量衡の統一、一元的な支配のイメージで明や清を見たら全く間違っているということになる。我々東洋史、中国史に疎いものから見れば、一度達成できたものは維持し続けられていると思ってしまいがちだが、明や清の社会は古代に達成されたものとは全く違う社会だったのだとよくわかった。

日本の場合は幕府政権はお節介なくらいに他藩や庶民に干渉してくる政権だったわけで、同じ前近代と言っても中国は全然違う。「前近代なのだから、そんなに変わらないんだろう」というイメージがなかなか払拭できないでいたのだが、この本を読んで全く違う社会だったのだということがよくわかった。

日本は五人組や宗門改によってかなり隅々まで個人は掌握されていたわけで、死闘も原則的には禁止され、紛争解決は訴訟しかなかったから、町奉行・勘定奉行・代官・各藩庁などはそれなりにしっかりと庶民の実態を把握していたと考えられるが、中国では郷紳らを中心とした宗族や幇や会などの中間団体を通してしか庶民を把握できず、それらの中間団体が勝手にやって経済を回したりしていて、国家がやるのは徴税と刑罰だけ、みたいな感じだったのだと。だから近代国家を形成するときに国家が個人を把握できず、結局中韓団体の利益で動く、みたいになってしまっていつまでも近代化が進まなかったと。

そして国家の庶民の掌握が劇的に進んだのが日中戦争の過程で、国民党軍も紅軍も総力戦体制となり、個人が掌握できる近代国家的な体制になっていかざるを得なかった、というのが興味深い。そうなるといわゆる対日協力者はどうなるかということなのだが、もちろん汪兆銘ら日本に味方する勢力もあったが、それが広がらなかったのは、日本が彼らの権益をあまり尊重しなかったことが大きいのだと思う。日本は近代国家なのであるべき形を彼らに押し付けようとし、また日本の利益を優先するから、中間団体の歓心を得られなかったのではないか、と思った。この辺は今思ったことだが。

まあつまり、日中戦争の過程で中国では「近代化・国民国家化」が進んだという見解な訳で、そうなるとつまりはアメリカ独立戦争と同じく、「革命」でもあったのだということになるなと思った。

しかし中国の都市と農村、上層と下層という二元性は結局は解決しておらず、百花斉放から反右派闘争と大躍進、実権派弾圧から文化大革命という二元構造は変わらず、改革開放によってさらに上下の、都市と農村の格差は広がっている、という指摘も、現代の問題はそういう歴史的な深さを持った問題なのだということを改めて認識した。

あとは中国のナショナリズムの問題だが、清朝以降朝貢国であった琉球を日本に奪われ、朝鮮を独立させられ、台湾を奪われ、モンゴルに独立され、チベットにも事実上独立された中国では強い領土的なナショナリズムが起こり、清朝末期の「奪われる前の」領域こそが「支那」であり「中国」であるという意識から、清朝が「五族を協和させ支配した」ことを発展させて漢・満・回族・蒙古・西藏の五族を持って「中華民族」と捉え、それが一体化することでナショナリズムを実現するという路線を今でも推進していると。

70年代くらいの本だと日本でも「新たな中華民族の形成が進んでいる」というような中国に阿った記述がよくあったが、この本ではそれは幻想だと喝破していて、その辺りはようやく客観的に記述できる状況ができてきたのだなと感慨深いのだが、現代の世界史理論である「財政軍事国家論」や「大分岐論」から、「なぜヨーロッパの国際関係が世界を巻き込んだのか、という何度も論じ直されているテーマを解明するためにも、中国とヨーロッパの違いを見て行かなければならない、と言っていて、それはそうだと思った。

ただ、中国とヨーロッパの違いを「東西の違い」と捕らえるのは二つの方向から違和感があるなと思った。一つは、それは私たちが日本人だからで、日本は先に書いたように比較的近代国家体制に親和的な体制が江戸時代に成立していたから、中国とは大きく違うし、中国を東の代表みたいにいうのはおかしいと思ったということ。

もう一つは、中国人そのものが自分たちが「東」であると認識していないということだ。中国でいう西洋はヨーロッパだが、東洋は日本のことであり、中国は中国なのだ。これは白川静氏が中国も東洋とカテゴライズすべきではないかと提案したが難色を示されたということを読んだ覚えがあり、そういう意味でも中国を「東」の代表とするのはいかがなものかという気はした。

タイムラインでは清代初期の中央ユーラシア関係の記述が槍玉に挙げられていたが、モンゴル高原でハルハを東、オイラトを西と断言するのは雑といえば雑なのだろうが、そこの詳述がおそらくは目的ではなく、ただ内蒙・外蒙・新疆あたりの草原勢力の大体の感じをマークしておいてくれ、という風に受け取った。モンゴルの内的なダイナミズムみたいなものもそんなに触れられていたわけではないので、それらはまた機会があったら読んでみたいとは思った。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2020年08月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday