多様性と分裂と統合

Posted at 21/10/28

多様性と分裂と統合についてちょっと書こうと思ったのは、谷口雄太「分裂と統合で読む日本中世史」(山川出版社、2021)を読もうと思ったからなのだが、書こうと思って考え始めると、この問題について自分が実はあまり深く考えてこなかったことに気がついた。
分裂と統合で読む 日本中世史
谷口 雄太
山川出版社
2021-09-02



 

私は基本的には自由を重視する考え方だし、ただその中で我々自身(個人・家族・血縁共同体・地縁共同体・自治体・民族・国家・人類)の文化とかその伝統みたいなものを引き継ぎ、また発展させて行けると良いと思うという意味で「保守」のスタンスだし、そうしたものを守るための最低限の防衛力は持つべきで、それを守るための外交手段の中には防衛力もまた含まれると考えるスタンスだ。そしてその社会を回す経済的機構はある程度は国家のような政策を行える存在が調整したほうがいいという考えで、まあ理想としては「大きすぎも小さすぎもしないいい感じの国家」くらいがいいのではないかと思う。

現在は小さい国家・自力救済に傾きすぎだと思うので、日本の経済力・生産力があるうちに国民の疲弊した部分を回復させるだけの政策は打った方がいいと思っている。

人は自由であれば多様ではあるので、その多様性をどのように統合するかは重要な問題で、少数者が排除ないし抑圧という形で統合される場合もあれば異なる点を軸に対立関係になる場合もあり、それが分裂と呼ばれる状態になるわけだろう。政治権力は上に述べたように基本的に必要であるとは思うが、多様なものをどう統合するかは常に問題が含まれている。

現在は国家が教育をほぼ一元的に管理しているが、これは近代国家の特徴であり、共同体は本来はその再生産機構である教育を自前で調達していた。教育を通しての統合というのは国民を労働力と戦力としての役割を担わせるために必要なことであった。そういう意味で学校教育は国家を志向するものであって、共同体は中間団体として学校教育からは外れている。だからそれとは別に共同体の行事や共同作業を通じて血縁共同体や村落共同体は育成されてきて、また現在では会社などの機能集団が擬似的な共同体としてその共同体の成員としての教育が担わされている。

学校教育が会社に役立つ人材を育てるために有効な教育を行うべきだという考え方は一部の企業の考え方を国民全体に押し付けることで本来国家がなすべきことではないのだが、経済不振の慢性化によって逆にそれに責任があるはずの企業体の発言力が高まっているという矛盾した事態になっている。

地方分権の推進は本来地方の多様性を生かすためのものだったはずだが、現状は守るべき多様性はそんなに守られず本来の国家の役割であったはずの地域間格差の是正についてはむしろそれを拡大させる方向に働いている。制度を作る中央官僚にとっては基本的に多様性はバグに感じられるわけで、その地域独自の論理などで動いていると懲罰的に補助金を減らすなどの権力的なやり方によってむしろ抑圧が強まるようなこともままある。

多様性というのは言葉で言うのは容易いが、多様とは多様と言うことなので(進次郎構文)、その多様さを把握するには原理的思考ではなく博物学的な観察と記録が最も重要になるはずなのだが、日本の官僚制度はそのような方向性をあまり持っていないように思う。

多様性というなら少なくとも数個の勢力に分かれるわけだが、それぞれの集団が小さければ対立というほどの大きな軋轢にはなりにくいけれども、その諸勢力が結集されると大きな対立が生まれることがある。だから対立というのはそのものが大きな統合のための過程とも言える面があるわけだけど、統合によって対立が激化することもあるので(イエメンなどはそうだ)そんな簡単なものでもない。

人々がなるべく自由に多様なままに生活水準の底上げができ災害にも強い体制を作り、無用な対立で生命の危機に晒されないような政治経済社会が望ましいと思うけれども、そのためには教育や生活水準の面である程度のスタンダードを設ける必要もあるわけで、それらの折り合いをつけることはなかなかうまくいっていないなあと思う。

どういう社会においても、今までの歴史の中で分裂と統合を繰り返し、諸勢力の盛衰もあるし、またその中でお互いに折り合いをつけながら(妥協しながら)進んできているところは大きい。それは国によってまちまちであって、例えばフランスは宗教(カトリック)と国家の間に「世俗主義」という形での妥協が成立しているわけで、その状況の中に多くのムスリムが入ってきたときに、フランスという存在はムスリムに対しても世俗主義を適用しようとするわけだ。そこが争いの本質なのだが、ムスリムが自らの主張を貫き世俗主義を変えようとすれば今までついていた折り合いが破壊されることになるから、一致してムスリムを排除することになるし、部分的にでもそれを受け入れたら再び国家とカトリック教会の間の争いが再燃することも十分にあり得るわけである。

歴史的文脈によって諸勢力間の分裂が妥協することによって統合が実現している場合、新しい勢力がそこに入っていくのは非常に困難になる。アメリカでも、黒人は差別されてきたから権利を認めようという形で白人と黒人の妥協が成立したときに、アジア系はどちらに入るかということになり、再び成立したはずの妥協が揺らいでしまうから、逆に黒人の側がアジア系を差別するということにもなる。歴史的過程において新参者は先行者特権を持っている集団に比べて不利になるのはどんな国においてもそうだろう。

谷口氏の著作がどういうスタンスで書かれているのかも含めて、読んでいきたいと思う。

感情を整理する/書類を整理する

Posted at 21/10/27

単に忙しいということと仕事をして充実することというのは全然違うのだが、そこにどういう違いがあるのかと考えてみると、少し思ったのは「感情のコントロール」ということはあるのかもしれないと思った。




というのは、以前読んだ桜井章一「感情を整える」をふと読み返していて、「感情の整理の仕方」として嫌な感情を抱えているときに違う感情を混ぜれば微妙に変わっていく、その素材の一つが「感謝」だ、というのが割と実感としてわかるなと思ったのだ。悪感情を持っていても、その人に感謝する材料を見つけると見つかるもので、感謝してみると、その悪感情もおさまってきて割と冷静にそのことについて考えられるようになる。不安とか、怒りとか、悲しみとか、どんな感情も大きすぎると自分が不安定になってしまうが、そこに感謝という心の動きを入れるとより自分が客観的になることができる、というのは一つの感情を整えるための一つ大事なやり方だなと思ったのだった。

朝のうちは曇って山の方には霧がかかっていたのだが、だんだん明るくなってきた。冬が近づくともっと天候が安定し、その分放射冷却で寒くなっていくけれども、この時期はまだ天気は周期的に変化して、その分湿った空気の日もある。まあ、気温が下がれば飽和水蒸気量が減るので湿度が高くても空気中の水分は少ないわけだけど。

今日は銀行に書類を出しに行ったりした後はなるべく書類と書籍を整理しよう。昔はよく仕事内容に「書類整理」とか書いてあったら「暇か?」と思ったりしたものだが、結局一番大変な仕事は「書類整理」だよなと思う。少しは片付けたい。

幸福というもの

Posted at 21/10/26

夜中にはかなり雨が強く降っていて、今朝はどうなるかと思っていたが、もう大体上がったようだ。西の空が明るくなってきている。いろいろやることがあって忙しいのだが、天気によってやることが変わる部分もあり、しばらく晴れてくれるとありがたいのだけど。

昨日は積み残しの仕事をなんとか片付けて少し遠出をしようと思ったのだが、結局疲れてしまって割合近いところに出かけただけで済ませた。どうも疲れが残っていてついだらだらしてしまうところがあり、休みの日にはそういうところを解消したいのだが、仕事が残ってしまうと十分に休めないのだよな。

Twitterのタイムラインを見ていてフーコーとかについて議論されていたのだけど、私はどうもフーコーの哲学は何がいいのか分からないというところがあり、ただフーコーに影響された思想家や学者、またアーティストなどが多いのも確かで、そういう人たちの書いたものや作品の中には面白いものもあるのだけど、自分自身がフーコーに近づきたいかというと割と遠慮しておきたい感じがあって、まあなんというか彼の説くものに魅力を感じないということなんだろうなと思う。

自分はなんだろう、思想というものには人類を幸せにするというのがテーマにあるものには惹かれるけれども、あまりそうは感じられないものにはあまり惹かれないのだなと思う。それでは幸せとは何かということになるけど、とりあえずは「食うに困らずそれなりの生活ができる」ということからではないかと思う。政治の目標もそういうものであった時代が長かったと思うのだが、冷戦が終わった頃から「頑張った人が報われるべき」という新自由主義につながる思想が強くなってきて、「誰もが食うに困らずそれなりの生活ができる」ということに対して視線が冷たくなってきているなと思う。

「頑張った人が報われる」というのは悪くはないけれども、それよりも先に「誰もが食うに困らずそれなりの生活ができる」ということがあった方が良いと思うわけで、まあそういうものを政治の目標にしてもらいたいとは思う。

思想というものはドグマ化し、それによって同じ思想を持つ人たちの集団はカルト化しやすいわけだけど、「幸福」とかが思想の核にあるとよりそうなりやすいという傾向はある。保守思想というのは現実的であるぶんある意味醒めているのでそうなりにくいという面はあるけど、そこに他者に対する敵愾心のようなものが入ってくるとそこもある種の核になって人を惹きつけやすいという面はある。「敵を作るという方法」はマルクス主義からネット右翼、フェミニズムや小泉改革まで有効な方法として機能してきたけれども、そうした方法は社会や世界の分裂の種になりやすいという面もあるのでほどほどにした方がいいとは思う。

まあしかし幸福というものはこれが幸福だと定義すると陳腐化するものではあるので、まあ永遠に未定義状態のものなんだろうなとも思う。

雨の月曜日

Posted at 21/10/25

昨日は前の夜にあまりよく眠れなくて一日中ぼうっとしてしまったので、昨夜は早く寝て4時ごろ起きた。やることがたくさんあったのでいろいろやっているうちにもうこんな時間になった。

ブログはなるべく朝のうちに書こうと思っているのだけど、土曜日にできなかった仕事が昨日は休みを入れることにしたので今日やることにしたら全然片付かず、こんな夜になってようやく書けるだけの余裕が出てきた。

とりあえず仕事が終わったのが5時くらいになっていて、休日の仕事としてはちょっとやりすぎなのだが、その後で買ってなかった雑誌を買いに行き、イオンに行って夕食の仕事をしてから岡谷まで行こうと思っていたのだけど、どうももう疲れてしまってそのまま帰ってきて朝買った分を含めてマンガを読み直していた。

Twitterのタイムラインを読んでいると色々なことが起こっているのだが、あまりそういうことを書く気にもならないし、「平成史」を読み終わってから次の本に取り掛かろうという気持ちにもならず。昔はあれだけ乱読雑読で何でもかんでも読んでいたのだが、最近は読みたいと思う本がなかなかない。そして一冊読むのに昔なら数時間で読んでいたのが、最近は何日もかかる。昔よりちゃんと読んでいるということはあるのだが、一方で読むための体力みたいなものが衰えているというのも確かだなあと思う。

夕方はほとんど雨は上がっていたのだが、この時間になってまた少し強く降っている感じだ。

経済学のことば (講談社現代新書)
根井 雅弘
講談社
2004-11-19

 

本棚を探して、とりあえず根井雅弘「経済学のことば」(講談社現代新書、2004)を読んでみることにした。少し古いが、歴史的なことなら評価の違いはあれわかるところはわかるだろうと。ググってみると著者は私と同年のようだった。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

author:kous37
sex:male


電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2021年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday