「ラ・ラ・ランド La La Land」感想続き。(2)志と愛の映画。

Posted at 17/03/13

Ost: La La Land
Original Soundtrack
Interscope Records
2016-12-16


「ラ・ラ・ランド」感想続き。

この映画、書きたいことがたくさんあるのとどういう角度で書けばいいかがいろいろあって、短い時間の中でそれを全部書くのは難しいだろうということもあって、どうも思い通りに書けないのだが、でもブログってそういうもんだと思いながら書いた方がいいという気もして、とにかく書いてみようと思う。

これ、さっきの感想にも書いたんだけど、映画好きのための映画、という側面が結構あると思う。ロサンゼルス名所案内みたいなところからとにかく愛のシーンでは踊る、というインド映画的な感じもあるし、まあミュージカルってそういうものだと言えばそうだけど、そこらへんのところが「Funny Face」を思い出さされて仕方なかった。

Funny Faceはヘプバーンが本当にシンデレラガールで、本人の努力とかが描かれてないところが50年代的なんだけど、その分コメディ感が強かった。今はもう同じものは作れないけど、ミアの努力が描かれてるところが現代ではあるし、やっぱりそこにリアリティがある。でもキスシーン以上の濡れ場は無いとか、最近のハリウッド映画の方向性に逆らってるところもあるわけで、そういうところがわりとすっきりしていてよかったと思う。

ハリウッド映画、やはり興行成績を稼がなくてはいけないし、その分大衆に迎合する的な側面はあるわけだから、そういうものはあまり見たい気がしなくてあまり見てなかったのだけど、昔見た映画で言えば「ナイン・ハーフ」とか侮れない映画もあって、でも今回の作品は思いっきり映画や音楽や演劇に対するオマージュで、そういうものもちゃんとハリウッドで撮ることが出来るんだと言うことが凄く斬新な感じがして、久しぶりにハリウッド映画の力を感じたし、またこういう映画を見てみたいなという期待も感じた。という点で、自分の中では結構大事な印象を持つことが出来た。

夢を追いかけてでも現実とも戦わなくてはいけなくて、つまりこの映画はハリウッドの映画人たちの自画像みたいな映画なので、そんなものをおろそかに撮ることは考えられないよな、とは思う。やはり主演のエマ・ストーンの存在感が全ての場面をつなぎあわせていたこともまた確かだなと思うけど。でもまあ、そういう自画像みたいな映画だから、トランプ政権成立と言う状況下において、そういう映画に「アカデミー賞」を授けることは出来ない、というような力学もまた働いた気がする。ああいうドタバタになった裏には、そういう授与側の葛藤みたいなものがあったんじゃないかと想像してしまうんだよね。

ハリウッドはララランドであって、でもララランドはハリウッドだけじゃない。諫山創さんも「自分のようなララランドの住人は」と書いてたけど、映画にしろ音楽にしろ演劇にしろあるいはマンガにしろ、そういうものを作り出す志を持って格闘し続けている人は、皆ララランドの住人だし、もっと大きな視点から言えば、理想に向かって現実と戦っている人たちはみんなララランドの住人だと言えるかもしれない。

そういうララランドの住人にとっては、この映画は心を揺さぶられないではいられないところがある。

お互いの夢を尊重しあい、お互いを尊敬しあってそれぞれの道を打開して行こうとする二人が、お互いがなかなか志を得られないことに焦り、自分の志を曲げてしまったり、あるいは無意識かもしれないが相手の志を曲げようとしてしまったりする。それは決してお互いを尊重しないからではなく、愛を守ろうとするからなのだけど、でもそこで確実に二人の間にずれが、あるいは溝が、そして亀裂が生まれ、二人は追い込まれて行く。

それはとても普遍的なことで、だからある意味誰にも通じることで、志を持ち、それを実現することの困難さを知っている人には、共感せざるを得ない作品だと思うし、逆にそうでない人に取っては何がテーマになっているのかもピンと来ない、そういう作品かもしれないと思った。

あの夢と現実の狭間で耐えられなくなって破局して行く、あの辺りを本当に人ごとじゃないと思う人はたくさんいるんじゃないかな。この映画では結局二人の仲は壊れたけど、お互いの夢は叶えた、というところがまた泣かせる。いや、泣くしかない。

印象に残る場面はたくさんあげられる、と言うか一つひとつの場面がこんなに印象に残っている映画も最近内気がするけど、一つあげるとすると、セブが「本格的なジャズの店を開く」という夢よりも「まずは売れる」ということを目指して友人とバンドを始め、それが大受けして売れっ子になるのだけど、そのライブに行ったミアが音楽を聴いて戸惑いを感じ、その音楽がセブのやりたいものでないことを知っているミアの顔がどんどん曇って行く、曲が進むに連れてどんどん周りは盛り上がって行くのにミアの顔がどんどんシリアスになって行く、あの場面は本当に見ていて背中に冷たいものが走った。

この映画は本当に純粋に「志」の映画で、そういうものがハリウッドで作れるんだということに感動。そう、「志と愛は両立し難し」、という普遍的なテーマ。

ミュージカル映画の定番シネマスコープで描く、志ゆえの愛の破局の物語。ダンスや歌の場面のはさみ方も、かなり新しさを感じた。

ラストに延々と「もし二人の愛が成就していたらという「起こらなかった未来」が延々と描写されているところは本当に泣けて来る。ミアにとっての最大のチャンスが、決定的に二人を遠ざけ、別の道を歩ませることになる。

本当のラストは、二つの映画を思い出させた。「第三の男」と「君の名は。」「第三の男」で最も印象的なシーンは、ラストシーンでアリダ・バリがジョゼフ・コットンに一瞥も与えずに去って行く場面だが、この映画ではラストで二人はお互いに視線をかわし、微笑んで別れる。この場面で救われもするし、また切なさも募るわけだけど、これは合えないまま終わってもおかしくなかった「君の名は。」の瀧と三葉がラストで現実に出会い、ここから愛が始まりそうな場面で終わることと重なった。

「ラ・ラ・ランド」も「君の名は。」も2016年の作品。すれ違いよりも、出会えることの方がリアルに感じられる時代、なのかもしれないと思った。

志と愛の映画。そんなふうに私は感じた。「La La Land」、良かったなあ!

「ララランド La La Land」を見た。とてもよかった。(1)

Posted at 17/03/13

Ost: La La Land
Original Soundtrack
Interscope Records
2016-12-09


 「ラ・ラ・ランド La La Land」(デミアン・チャゼル監督、主演ライアン・ゴスリング/エマ・ストーン)をみた。とてもよい映画だった。

 私は基本的に、ハリウッド映画は見ていない。別に主義があるわけではないのだが、そう面白いと思うものがなくて、最近で見たのは特殊効果的な興味で「ゼロ・グラビティ Gravity」を見たくらいしか思い出せない。ただ、別に排除しているわけではなくて、特に昔のオードリー・ヘプバーンの「パリの恋人 Funny Face」などはとても好きだ。

以前はヨーロッパ映画はよく見ていたが、最近はそれもあまり見なくなり、映画は全然見ない時期が続いて、ここ数年になってスタジオ・ジブリの映画を片端から見たり、「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版を見たりしてから、少しずつ映画に復帰して来た感じだ。主にアニメ系が中心だったが。

その中で、昨年は「シン・ゴジラ」にはじまり、「君の名は。」「この世界の片隅に」と3本も見たのでかなり突出していたのだが、その中で映画にも新しい風が吹いて来た思いがあって、あまり面白くないように見える一般の(つまりアニメでない)映画も、私が見て面白いと思える映画が作られつつあるのではないかという気がして来ていた。

そんな中で、今年のアカデミー賞のあの騒ぎがあった。初め、作品賞を「ラ・ラ・ランド」と発表したのに実は間違いで、「ムーンライト」であったというあの騒ぎだ。しばらくして日本で公開されると、かなりの賛否両論。ツイートや映画評の断片を見ていると、なんだか興味深い感想の違いが出て来ていて、これは見てもいいかなと思っていた。「進撃の巨人」の作者の諫山創さんがブログで書いていた感想も興味を引かれたし、最終的にはツイートで二人で見に行ってご本人が凄く衝撃を受けて落ち着かないくらいなのに、隣で見た人が唖然としてこんなにつまらない映画は久しぶりだと言った、というのを見て、これは見るしかないと思った。

いい映画は絶対賛否が分かれる。人はいい映画でなければ批判したり非難したりしない。当然の話だが、つまらない映画を批判しても誰も振り向いてくれない。だから、批判している人も一定いる、という映画の方が面白いことが多い。そして、だいたいそういう映画は私の琴線に触れることが多いのだけど、今回もそれはピタリと当たった。名作だった。

正直、細かいところはもっとよく出来るのに、と思った場面はあった。しかし、あとでではあるが監督のデミアン・チャゼルがまだ32歳だということを知って、その未完成さ、ちょっとした隙や甘さはむしろ可能性の大きさの指標なのかもしれないと思った。そして何よりも圧倒的なメッセージ性。映画・音楽・演劇、そういう広義の舞台芸術に対する圧倒的なオマージュに満ちた作品で、本当に私を揺さぶるものがあった。

この作品はおそらくシンプルに見ても面白い人は面白いと思うのだけど、批判する人がどちらかというと「バカっぽい映画」みたいな感じでいうのに反して、ものすごくハイコンテクストな作品であり、逆に言えば批判する人が実はあんまり映画を見ていないんじゃないかという気にさせられる。

上に書いたように、私はもともとあまりハリウッド映画は見ないので、この映画を堪能し損ねてる部分が凄くあるだろうというところが残念だ。とくに作中引用されているジェームズ・ディーン主演の「理由なき反抗」は見ておけばよかったと思った。しかしそんな私でもみながらとても意識した作品がある。多分、ある程度映画を見たことのある人なら、誰でも一つはそういう作品を思いつくのではないか。

私が意識したのは、一つは「蒲田行進曲」。映画についての映画だから、まあ当たり前かもしれない。もうひとつは薬師丸ひろ子主演の「Wの悲劇」。これも女優についての映画だから、わかりやすいかもしれない。でも一番意識したのは上にも書いたオードリー・ヘプバーンの「パリの恋人 Funny Face」だ。

まず、主演のエマ・ストーンがタイプとしてオードリーに似ている。普通の意味での凄い美人女優ではなく(作中でも「私より美人の子がいっぱいオーディションに来てる!」と言ってて、なんだか苦笑いした)、でも異様に強い目力を持っている。ハリウッド映画とは女優の目力を見る映画ではないか、と思うくらいで、ミアのあの目、視線に全てが現れるあの演技は出色だった。

それから、細かいことになるが、ロサンゼルスの観光映画的な部分もあって、でもまあそれはさておき、ハリウッドの中の撮影風景やセットの風景が映されてるあたりはフェリーニのチネチッタものを思い起こさせて、それだけで楽しくなる、うきうきするところがあった。単純だけどミアの出身がコロラドのボルダーであるという設定も、個人的にボルダーに思い出がある私はとても懐かしく感じた。

細かいストーリー、自分の深い部分の感想に関してはまた改めて書こうと思う。なんだか一気に書けない。

とにかく「ラ・ラ・ランド」、よかったです。

「歴史の終わりは来なそうだ」:トランプ氏の大統領就任

Posted at 17/01/23

トランプ氏がアメリカ大統領に就任して、リベラル派を中心に強い反発を見せている人が多く見られる。また、そうでない人々も、彼の粗暴な言動の側面に注目して、一様に戸惑っているように思える。歓迎している人は少なく、また冷静に分析が出来ている人はさらに少ないようだ。しかし逆に、今トランプ氏をある基準で評価、あるいは冷静に客観的に観察しようとしてその分析を公表している人たちの言葉には、かなり読むべきものがあるように思う。

トランプ氏に強い反発を表明している人々は、基本的にリベラルな人が多い。あるいは、スケープゴートにされているメキシコの人々もいるだろうが、それはまあ当然のことだろう。しかしリベラルな人たちの反発には、一面冷たい、批判的な空気もあるように見える。それは、日本において民主党政権への信用が地に落ちたこととも共通する部分もあるが、リベラルの持つ教条主義的な部分への反発が特に強いのではなないかと思う。

個人的なことを言えば、私はトランプ氏のような人物が出て来てアメリカという現代世界の権力構造の中心とも言えるアメリカ大統領の地位に就くなどと言う、世界の今までの公式的な歴史の流れみたいなことからすれば番狂わせのようなことが起こって、私は正直安心しているところがあるのだ。

それは、世界はフランシス・フクヤマが言うような「歴史の終わり」、「近代的」で「民主的」で何もかも決まりきった死んだような世界になることはなくて、何というか世界はもっと「自由」なんだなと感じたからだ。死ぬほど退屈で歴史への反発さえ許されない、そんな世界ではなく、もっとどうなるかわからない可能性に満ちた、この世界はまだ生きるに値するなと思ったわけだ。

確かにトランプのような本質と非本質、知性と野蛮、戦略と直観がないまぜになった人物が世界で最も強い権力を握ったことに、軽い戦慄を覚えないわけではない。先が見えないからだ。それを支持する人たちも、一体どこまで見通して彼を支持しているのか、そんなに長い射程で考えている人はそんなに多くないように思う。これからいったい何が起こるのか想像しにくい、世界はそういう段階に入ったと言うべきだろう。

そう言う意味で、世界は歪(いびつ)だ。しかしだからこそ美しく、新しく、力を持っていて、生命に満ちているとも言えるのではないか。

ヒトラーが西欧文明の中で徒花を咲かせて以来、インテリゲンチャを中心に、そうした予測不可能な人物に対する警戒感はとても高まったように思う。しかしトランプはそういう予測を拒絶するような人物で、その点ではアメリカ史においてアンドルー・ジャクソンやロナルド・レーガンの存在と似ている。

個人的にいえば、私はニーチェとかベルクソンみたいな世界観の方が、予定調和的な世界観より好ましい。この世界がフクヤマ的な予定調和の世界だとしたら、人間として生きる意味があまり感じられない。しかしその世界が均整に向かって行く、その対称性の破れみたいなことが現実世界に起きて、ちょっとわくわくしている感じがある。

私はフクヤマの「歴史の終わり」という考え方を聞いた時、「ラプラスの魔」に匹敵するようなすごくいやな気持ちになった。ちなみに「ラプラスの魔」とは啓蒙主義が窮まった19世紀始めの科学者・ピエール・シモン・ラプラスが言ったことで、自著によれば彼はこう言っている。

「もしもある瞬間における全ての物質の力学的状態と力を知ることができ、かつもしもそれらのデータを解析できるだけの能力の知性が存在するとすれば、この知性にとっては、不確実なことは何もなくなり、その目には未来も(過去同様に)全て見えているであろう。」(Wikipedia・「ラプラスの悪魔」の項より引用)

これはニュートン力学で全てがとらえられるという、不確定性原理以降の現代人に取っては否定可能な言説ではあるが、当時の科学では否定しがたい悪魔のような決定論であって、だからこそ「神」になぞらえることも可能なその「知性」を、人は「魔」と呼んだのだろうと思う。

フクヤマの「歴史の終わり」の概念は、こうした恐るべき決定論と同じような拘束性を持って語りかけて来たように思われる。世界の歴史の流れは、フクヤマのいう「歴史の終わり」に向かって、そしてその中心たる英米のメインストリーム、あからさまにいえば権力層にとって有利な形で、収束して行くしかないように見えていた。ないしは、思い込まされていた、ように思う。

だからこそブレグジットが起こったりトランプが表舞台に出て来たりして歴史はちっとも終わらなそうだという雰囲気になって来ると、その決定論に息のつまる思いをしていた人たちは、バカヤロウざま見ろ的な痛快さを感じることになったのだと思う。

とはいえトランプという人自体を支持する、と言う気持ちがあるわけではない。トランプの出現に怒りを爆発させたり、動揺したり、逆に追随したりしたいとは思わない。しかし、彼の言説や行動がメインストリームの盲点を突きまくりなところは可笑しくてしかたがない。その中には私が気づいていなかったところ、つまり私にとっても盲点だったところがいくつもあって、つまり、勉強になるなあと思う。

私にとって、トランプを評価すべき点は、まずは彼がオルタナティブであることだと思う。それは彼が世界の中心でアメリカ愛を叫んだところで変わることではない。王様は裸だと叫ぶ子どもと同じで、当分の間世界を引っ掻き回してくれるだろう。まあ4年くらいでアメリカ人も飽きると思うけど。

翻って日本を見れば、いつまでもアメリカについて行けばいい的な腐った魚みたいなことを言ってる保守の言説に無効性が突きつけてるのも可笑しいし、定規でスカートの丈を測る生活指導教師的なポリティカルコレクト的左翼の神経を逆撫でしてるところも可笑しい。トランプは超一流のトリックスターであることだけは間違いないだろう。

トランプが厳粛な顔して署名したりしてる後ろで息子が赤ちゃんにいないないバアしてる動画が本当にこの人の本質を表してて超可笑しい。

https://twitter.com/ABC/status/822620373338521601/video/1

一つだけいえば、彼の政策の中心は保護主義であって、それによる産業と雇用の維持こそが彼の主張の中心だ。市場開放規制緩和原理主義の終わりと言うべきで、それに関しては日本でも振り返るべき部分があるのではないかと思う。

物語を回復する

Posted at 17/01/05



じっくり落ち着いて物が書けていませんが、佐藤優「現代の地政学」を読んでいます。どの話も面白い。

その中で特に「モンテッソーリ教育」と「戦前の地理教育」については、自分のルーツに関わる話だという認識を持ち、興味を持って調べ始めました。

まだ文章が書けるほどではないですが、少しずつ色々なことを書いて行けたらと思います。

それが自分自身の物語を回復し、自分と周囲、自分と日本、自分と世界との関わりを再定義し再活性化させて行くことにつながるように感じています。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:51
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2017年03月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday