アメリカ大統領選を前にオッカム先生のアメリカ史インタビュー(全4回)を読んだ

Posted at 20/10/31

アメリカ大統領選も近いということで、アメリカ史が専門のオッカム先生こと帝京大学教授石川敬史さんのインタビューが東洋経済に掲載されていたものを読んだ。

第1回 アメリカ建国の英雄は民主制を否定していた? 「1つの国家」と言えない政治体制・社会だった
https://toyokeizai.net/articles/-/381258

第2回 「リンカン」以後、無名の大統領が続いた理由 トランプが目指すのは「黄金の1920年代」の幸福
https://toyokeizai.net/articles/-/381259

第3回 F・D・ローズヴェルトという極めて異質な大統領 「ニューディール・リベラリズム」とその終焉
https://toyokeizai.net/articles/-/381260

第4回 米大統領選、なぜ「高齢者候補」が好まれるのか 大統領は「キング」であり、選挙は「内戦」である
https://toyokeizai.net/articles/-/381261

これらはそれぞれ大変面白く、時間をかけて何度も読みたい感じだ。ヨーロッパ史に比べてアメリカ史は分かりにくい面があり、それは国の成り立ちが古代から君主制を軸に成立した日本と言う国とかけ離れているということにあるのだと思う。アメリカは世界最大の強国だし経済規模もまた世界最大、現状世界で最も影響力の大きい国であるのに、その国の性質や歴史があまり広くは理解されていない感があって、アメリカ史やアメリカ社会研究はこれからますます重要になって行くとも思う。

日本の高校の世界史などでも中国やヨーロッパの歴史は詳しくやるが、アメリカの歴史は西洋史のおまけのようにとびとびにしか出て来なくて、第一次世界大戦でいきなり世界の強国として現れる。ただ、国際連盟成立を主導したと思ったら参加しなかったり、その行動様式は謎のまま残されるし、アメリカの政治や社会の性質について考察する機会はなかなかなかった。

一通りこの4回のインタビューを読んでみた最初の感想は、高校の頃、少なくとも大学の1年の頃にこの文章が読めたらなあと強く思った、と言うことだ。アメリカと言う日本やヨーロッパとはかなり違う国の成り立ちをすぐに理解するのは難しいところがある。今ですらこの文章を読み返しながらもっと考えてみたいと思うのだが、高校生のころにこういうアメリカ像を持っていたらその後もっとアメリカについての理解を深めて行けたのにということは思う。

もちろん、この文章を読んだら全部わかるかと言えばそういうことはなくて、たとえば森本あんり『反知性主義』(新潮選書)などと照らし合わせながら考えないと分からないところもあるなあと思う。本当にわからないのはやはり独立前後の時期の「大覚醒」とかそういう宗教にまつわるところだし、そのあたりから導かれるのがアメリカの民衆の反エスタブリッシュ志向、反エリート志向なのだが、今回の文章ではそのあたりは主にジャクソンから話がはじまっていて、そことの整合性をどう理解するかというのが自分の中のちょっと課題になっている感じがある。

内容については、要素的には面白いなと思う内容がふんだんにあったのだけど、一番印象に残ることだけを上げると、民主党にしろ共和党にしろある種の「旗印」みたいなもので、その時代によってその旗の下に集まる層が変わっていることだ。ジャクソン時代には南部のプランター(奴隷を多数使用した大土地農場主)の政党であった民主党が、20世紀の始まりには都市の貧民の支持を受ける政党になり、1930年代にはFDRという特殊な大統領の元、ニューディール主義の政党になっていく。一方で南部のプランターの影響力を潰すために集まった「それ以外全部」の人たちが作った政党でリンカーンを選出した共和党が北部の資本家たちのための政党になり、ニューディールの時代には逼塞していたが、ニクソンの時代に南部の福音派や白人至上主義のグループが重要な支持層として加えられていくこととか、日本やヨーロッパでは考えにくい政党の融通無碍なあり方が興味深いと思った。

また大統領選の関連で言えば、大統領はある種の「王」であり、貴族(アメリカのエスタブリッシュ層)の支配を覆して政治を市民のもとに取り返すことが期待されていて、だから顔の見えるキャラクターが重要になるとか、また国民の統合の中心にならなければいけないからワンイシューで訴える人は大統領にはなれないとか、いろいろ興味深いこともあった。その辺はぜひ読んでいただければと思う。

戦前期にも戦後期にも、アメリカを本当に理解した人は日本にはあまりいなかったと思われ、それゆえの失敗がいろいろなところで起こっていたのだろうと思うが、今からでも遅くない、アメリカを理解していくことは大事なことだと改めて思った。

天気の良い木曜日

Posted at 20/10/29

今朝は起きたら6時で、最近少し遅めになっている。起きたらもう明るいというのは、普段のスケジュールだと少しきついのだが、今日は第五週なので資源物の回収もなく、ヤンジャンだけ買ってきてそのまま山の方に車を走らせ、立石公園で諏訪湖の写真を撮って帰ってきた。さすがに茅野や岡谷に行くよりは早く帰ったのだが、その分ヤンジャンとDモーニングをじっくり読んでしまい、結局普段と変わらない時間に。

朝食を食べてから、ブログを書こうと思っていたのだが、天気がいいので少し畑の草でも刈ろう、15分くらいで終わらそうと思って畑に行ってみたら結構ひどいことになっていて、一番困る感じのところだけ片付けて家に戻ったら1時間以上過ぎていた。まあそんなものだよなあ。汗もかいたので風呂に入り、頭も洗って乾かしたが、今までに比べるとあっという間に乾いた感じ。空気がだいぶ乾燥してきているということだなと。秋が深まってきている。

少し家の中の片付けをしつつ何か短いものを読んでブログを書こうと思ったが、どれもわりと本格で、ちゃんと読まないと書けそうもなく、内容のあるものを書く時間もないので今日は日常雑記にした。

読みかけの本をリストアップするとかなり長大になりそう。とりあえず書いておくと

藤井一至「土 地球最後のナゾ」(光文社新書)
ヒューム「市民の国について 上下」(岩波文庫)
鈴木宏昭「認知バイアス」(講談社ブルーバックス)
太田康夫「スーパーリッチ」(ちくま新書)
「わたしの知的生産の技術」(講談社、1978)
ファラデー「ロウソクの科学」(岩波文庫)
トクヴィル「アメリカのデモクラシー 上下」(岩波文庫)
片山一道「骨が語る日本人の歴史」(ちくま新書、2015)
根本祐二「豊かな地域はどこがちがうのか」(ちくま新書、2013)
野中郁次郎他「知識創造企業」(東洋経済新報社、1996)

新刊もあるし、一度読んだのもあるし、積読になっていたもののうち、改めて読んでみようと思うのもある。この辺りから感想を書くことになると思うけど、全然ちがうものについて書くかもしれない。

天気の良い木曜日。お昼になる。昼ご飯と、ちょっと気になるマンガを買ってこようと思う。

創作の扉を開く鍵

Posted at 20/10/28

まとまった文章を読んで感想を書くには少し時間がないので、アンソロジー的なものや寄稿集的なものの中で一つの文章を読んで感想を書く、というパターンになりそうなのだが、最近読んでいるものの一冊で父の本棚にあった「わたしの知的生産の技術」という寄稿集がなかなか面白く、その中の一編に小中陽太郎「私の耳は貝のから」というのがあったので、それについて書く。
小中氏は作家で最近では「九条の会」など左翼方面の活動でよく名前が出てくる人だが、評論的な物を多く書かれているようだ。調べてみたが、私が読んだ本はないので、私の活動についてはほとんど知らないと言っていいと思う。

この文章で面白いと思ったのは、氏の書斎には蔵書の統一のない本が溢れ、乱雑なビラ・パンフレットの類が溢れているそうで、氏のモットーは「活字よりガリ版が、ガリ版より手書きが大事」という物なのだそうだ。

わたしは割合活字信仰・書籍信仰が強い方だと思うのだが、でもこういうビラやパンフレット、手書きのメモやガリ版の文集などが捨てられないという感覚はよくわかる。昔の芝居をやってた頃のビラや脚本の下書きみたいな物、その時そのときで考えたことを書いたメモなどが捨てられなくて全部とはいえないけどかなりのものが取ってあり、それが本棚や押し入れを圧迫している。

わたしのこういう性向はどちらかといえば一次史料やマニュスクリを重視する歴史専攻者の性かと思っていたのだが、これを読みながらそういうよりはもっと民俗学的な深みまで降りていくような根源があるのかもしれないと思った。

大事なのはこのビラやパンフレットそのものだけでなく、そのビラの背景にある自分自身の思い出、例えば集会のビラならそれに出てどんな思想の刺激を受けたのか、駅弁のチラシならどんな味がし、そのときみた海の風景はどんなだったか、というようなことを保存し、またそれを発酵させて文章にすることだと。

しかし、例えば本当に女性に恋しているときは自分の心理分析などしないわけで、それが始まるのは恋が終わったか終わりかけているときだという指摘はまあその通りだなあと思ったし、だからこそ記憶はいつも悔恨と絶望の味がすると。そしてそれが蘇るのも、プルーストが「失われた時を求めて」で書いたように、マドレーヌを食べているときに突然蘇ったりする。

「こういう微妙で哀切な探知作用、それこそが創作の源泉の一つである」と氏はいう。

そしてこれを他人に伝えるには感性に呼び出された近くを知性によって処理しなければならないと。

つまり氏に取ってビラやパンフレットは創作の扉を開いてくれる貴重な鍵であるというわけだが、ジャン・コクトーの「耳」という詩を引用してただの貝殻が一つの豊かなイメージを生み出すことを挙げている。貝殻と耳が出会うとき、そこには海の響きのイメージが生まれる。それが創作への源泉であると。

コクトーの例は少し本題とずれている感があるが、恋の記憶とマドレーヌの例はこれこそが教養というものだなと思った。そこでちょっと嬉しくなってしまったのは、まあ作者の掌で踊らされた、というようなことなわけだけど、まあそれもまた文章を読む醍醐味だなとは思った。

歴史家にとっての史料は、もう干からびてしまった過去の記憶の残骸からそれが生き生きと生きていた時代を蘇らせる作業の唯一の素材であって、それはよりプリミティブな手書きのものがより多くのものを語っているわけだけど、その全てを読み取ることは容易なことではないし、まあ不可能だ。

しかし文章を書くときは、こうした手がかりがあればあるほど多くのものを書く過程で得られるわけで、わたしもどちらかというととっておくことに重点を置きすぎて、それを使うことまで思い至ってなかったなあと思い、今後はそういうのを生かしていきたいなと思ったのであった。

というか、今わたしがTwitterで書いているようなことは、そういう昔の記憶の残骸を思い出して、あれは今思うとこういうことだったんじゃないかな、ということを考えながら書いていることが多いのだけど。それもまあ、せっかくだからもっとまとまった文章として残していければいいなと思う。

Mon oreille est un coquillage Qui aime le bruit de la mer. 

                                 -Cannnes V Jean Cocteau

「私の耳は海のざわめきを愛するシェル(貝殻)」

勢力均衡について

Posted at 20/10/27

いろいろと考えをまとめながら日常のいろいろなことをこなすという感じになっているが、そういう時は思いも掛けないことを忘れてしまったりしているもので、今朝も用事で少し職場に行ったら先週中にやっておくべき仕事が残っていることに気づいてさて今日のスケジュールをどうしよう、という感じになってしまった。体調的なこともあるので無理はできないが、メインの仕事を始める前に片付けてしまいたいとは思う。

忙しいのと、精神的に余裕がないのが重なると、日常が荒れてくるのと仕事に思いも掛けないところに粗雑さが現れてしまうのが困ったことだなと思う。誰かにいろいろ手伝ってもらうには金にならないことが多すぎるし。
今何冊かの本を並行して読んでいて、太田康夫「スーパーリッチ」(ちくま新書)が読みかけなのでこれを読み切って感想を書こうと思っていたのだが、なかなか興味を惹かれることが多くてすぐに感想というところに行き着かず、さてどうしようと思って一昨日に買った岩波文庫のデイヴィッド・ヒューム「市民の国について」の冒頭の政治論、「勢力均衡について」を読んだのだが、これも当然だけどすぐに感想を書けるというほど容易いものでもない。

市民の国について (上) (岩波文庫)
ヒューム
岩波書店
1952-08-16



ただ、これは実際の当時のイギリスの政治論・国際関係論であって、オーストリア継承戦争をめぐる政治状況がある中で、出版されたのは1752年なのでそれまでの状況が念頭に置かれているわけだけど、当時の国際政治の一つのテーマとして「勢力均衡 Balance of Power」があり、これが絶対主義時代というかアンシャンレジームというかつまりは18世紀ヨーロッパにおいて一つの大きな関心であったということがよくわかる。

これはまだ「フランス革命」という全く革新的な、王朝世界であったヨーロッパを揺るがす出来事が起こる前なので、ある種冷静にイギリスにとっての損得が議論されている。最初に議論されているのは勢力均衡概念が古代にも存在したのかということで、当時の教養としては常に古典古代と比較するのがまず最初にやるべきことだったからそれはわかるのだが、圧倒的な存在であったローマ帝国のあった時代にはそれはあまり意味がなく、そのために人々は古代にはこの概念がなかったと思いがちだが、ギリシャのポリスには明確にその概念が存在したということを説き、決して新しい概念ではなく、「常識と明察」に基づくものだから当然あったのだと言って、つまりはこの概念の普遍性・重要性を主張している。

一方でそれに対峙する、つまりヒュームが批判しているのはイギリスが軍隊を派遣するときに「熱くなりすぎる」、もっと早く同じ条約を結べたのに戦闘を長引かせて国家の借財、財政赤字を増大させ、固定化させている(短期公債を長期公債にしてしまっている)ということで、「我々(イギリス人)は真の闘士です」と同胞を持ち上げながらその行き過ぎを批判している。

こういう政治論の書き方はなるほど面白いなと思うし、勢力均衡という考え方が平和のために(無駄な財政支出をしないために)重要だという主張になる。

彼はヨーロッパ大陸に世界帝国ができることを最も危険視していて、カール5世の野望、ルイ14世の野望についての危機意識を表明し、それに続くルイ15世やマリア・テレジアについて野望をくじかなければならない現代の存在として指摘している。

さてこの勢力均衡論は現代でも成り立つわけで、現代の主要なプレイヤーは当然アメリカと中国が最大だが、そのほかにも様々な勢力が盤上にあり、今の日本は基本的にはアメリカの同盟国としてアジアにその同調者を増やそうとしている。その背景には中国の急速な影響力拡大と、自国中心主義の高まりと、その姿勢の硬直化がある。

日本の国際社会における立ち位置は冷戦終結後も中国の台頭に伴ってよりシビアさを増しているわけで、そこにはヒュームの時代にはなかった「政治体制と価値観の違い」のある国とどう付き合うかという問題があるわけで、しかしこの古くて新しい問題を考える上で、この議論は参考になるなと思った。

こちらもよろしく

文化系ブログ
アート、小説、音楽、そして映画NEW

史読む月日
歴史のこと、歴史に関わる現代のことなどNEW

個人的な感想です(FC2版)

個人的な感想です(ameblo版)
漫画・アニメの感想などNEW

私のジブリ・ノート
ジブリ作品の感想・考察などNEW

生きている気がするように生きること
自己啓発、事業、ガジェットメモ、服装メモなどNEW

Feel in my bones
心のこと、身体のこと、その他のこと、そしてつぶやきNEW

スタジオみなみ
小説作品サイト

少女タイラント(仮)
小説の断片ブログ

本探し.net

本探しブログ

本を読む生活

読書案内ブログ

プロフィール

profile

author:Kosuke Hotta (kous37)
sex:male
age:56
single again
address:Tokyo,Japan

自己紹介

電子書籍のご案内
KOBOストアで買う

堀田俊夫著作集

月別アーカイブ

Powered by Movable Type

Template by MTテンプレートDB

Supported by Movable Type入門

Title background photography
by Luke Peterson

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 今日の点取り占い  点取り占いブログパーツ
kous37
携帯百景 - kous37
携帯百景

Powered by ついめ〜じ

電子書籍のお知らせ

リンク

blogram投票ボタン
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


以下はamazonインスタント
ストアを利用しています。
詩の本のお店
2007年に取り上げた本
面白そうだな、読みたいな
アンジェラ・アキ ストア
玉姫伝説
白洲正子コレクション
小林秀雄コレクション
村上春樹の森
プーシキンを読もう!

モーニングページ、アーチストデートなどはこの本で。
野口整体について、入門的な内容を網羅しています。


ブログパーツ
全順位
ブログパーツ

全順位
あわせて読みたい

フィードメーター - Feel in my bones
total
since 13/04/2009
today
yesterday